手紙のやりとりを一番多くしていたのは、たぶん、大学を卒業してすぐのころだったと思います。

終電で帰ってきて、ぐったりしながら開けた無機質なポストが、春色の封筒でぽっと彩られている。

そんな夜は、会社であったいやな事と、大学時代の気楽でのびやかな毎日がないまぜになって想い出されて、こころにいろんな感情がじわっと広がっていったものでした。

たとえるならば、水彩絵の具をふくませた筆を、最初に画用紙に落とすとき。その印象に似ています。


IMG_20160218_122251


お手紙をいただくのも差し上げるのも大好き。
孤独なきもちを抱えている時など、遠く離れたふるさとの友だちからもらう手紙がとても支えになったものでした。

せっかく送るのなら、わたしもそういう手紙を書きたい。
そんなふうに思うのです。

きのうのとっておき家事は、「しばらく会っていない方に手紙を書いてみる」でした。

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。
今年の1月1日から始めたのですが、3ヵ月を過ぎるころには「家事はもう苦手じゃない」と思えるようになりました。


今年は、「お手紙を書く」ではなく、「書き方の研究」をテーマにしてみました。


文章とおなじように考えてみる


思い返してみると、「対・ひと」で書く文章が苦手です。

メールにしろ、手紙にしろ、コメントにしろ、ほかの人からいただく言葉はとても印象に残るのに、自分の書くものは伝えたいことをうまく表現出来ていなかったり、どこか一人よがりな感じがします。

いろいろ考えてみたのですが、それは、「べつもの」として壁を作っているからなのかもしれません。
そこで、ふだん文章を書く時とおなじように考えてみることにしました。

たとえば、この記事を書くために初めにしたのは、文字を打ちながら文章の全体像を考えることでした。

▼実際につくったメモがこれです。

構成

こんなふうに、ある程度「地図」が出来ているから、迷わずに最後まで書きすすめることができます。
面倒くさがってこの作業をしない時は、どこか文章が雑多な感じになりがちです。


まずは定形を決めてみる


お手紙もきっと同じ。まずは、定形を決めてみることにしました。

なにかをいただいた時に書くお礼状などは、しっかりと書くことができます。
それもやはり、「こんなふうに書かなければ」と、ある程度型に沿って書いているからなのだと思いました。


きのうのとっておき家事では、友人に手紙を書くときの、わたしなりの「定形」を考えてみることにしました。

なんの授業だったか忘れましたが、小学生のころに習った「お手紙の書き方」。
今もそういうものを参考にしている方は多いのではないでしょうか。



わたしもそうなのですが、まずは、「季節の挨拶や相手の調子を尋ねる言葉」ではじめます。ここはそのまま。
友だち向けなので、堅苦しい挨拶にはしません。

もし、いただいたお手紙の場合は、この次に相手が書いていたことへの感想や聞かれたことへの答えを書きます。

そして、その後に自分のことを書いてみます。
このときに注意したいのは、自分のことをあまりにも長々と書かないこと。一つの話題をじっくり書くか、短い近況を三つ書くか。

このどちらかにしようと思います。

最後にちょっとした結びの言葉だったり、相手へ向けての言葉だったりをさらりとまとめます。



▼まとめてみると、こんな「定形(テンプレート)」になりました。

定形


これはあくまでもベース。
手紙を送る相手や内容に合わせて、その都度変えてみたいと思っています。


Happy Newsを集めてみる



これは去年の年賀状作りのときから始めたことです。
毎年悩んでいた、年賀状に添えるひと言。これが苦手なのは、書くことが思いつかなかったからだったようです。

月ごとの「Happy News」を集めてみたら、一人ひとりに違うコメントをさらさらと書く事ができました。

年賀状準備③ 月ごとの3大ハッピーニュース
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/48082503.html


11月末やお手紙を書くときにぱっと思い浮かぶものでもないので、ふだんからどうやって記録するかを考えています。

日記をつけていないので、作戦ノートに専用のコーナーを作ってみるか、twitterを使ってタグで管理していくかのどちらかが合っていそう。

まずは、Twitter用のタグを考えてみました。
シンプルに「#ハッピーニュース 」。自分の振り返り用では「#(名前)HN 」がいいかなあと思っています。


さらりと下書きをする


最後に、実際に書きはじめる前に、さらりと下書きをしてみることにしました。

文字を下書きしてペンで清書する。そういうものではなく、上でつくった「定形」に沿ってひと言ずつアイディアを出していくイメージです。

▼イメージはこんな感じです。

例


これは、以前いただいた手紙を思い出して考えてみた例です。
実際にはまとまりのないお返事をしてしまったので後悔しています。

職場での人間関係に悩んでいた友人から「どうしたらいいか…」との内容でした。そのため、「定形」にある自分のことの欄を省き、「感想・回答」の部分のみにしました。

こんなふうに下書きをしても、途中で筆が方向を変えてしまうこともあるかもしれません。

それでも、なにも考えずに書くよりは、ずっと優しい手紙が書けるのではないか。そんなふうに思っています。


明後日のとっておき家事・予告



2月21日のとっておき家事は、

傘のお手入れをする
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/ 23160325.html

です。

傘を長く使ったことがなかったので(置き忘れ)、去年はじめてやってみたもの。

が、困ったことに今年は傘さえありません。
夫が「置き忘れ→買う→家にあるものを持っていく→置き忘れ」をくり返しているからです。まずは夫に持っていかれない、かわいい傘選びからはじめてみようと思います。


▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと

この記事が気に入ってくださいましたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。