数年前に、中山庸子さんの著書で読んだ《ひとりフィニッシングスクール》を試してみました。

image


▼詳しくはこちらへ。

美人の条件を考えてみる
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/23889525.html


そのときは、小学校の時間割みたいに、1日あたり3コマずつテーマを決めてやってみました。
詰め込みすぎて続かなかったのですが、そのときに選んだテーマのひとつ、《味噌汁を美味しくつくる》は実になりました。


味噌汁を美味しくつくる



image


味噌のちがい、具のこと、出汁の取り方、吸口などをレジュメとしてまとめて、日々の食事で試してみました。

自分でテーマや目標を決めて、調べ、まとめながら覚えていく。手間がかかるのですが、能動的に学ぶことで身につきやすいのかもしれません。

3月4日のとっておき家事は、《身につけたいことのシラバス作り》でした。

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。
今年の1月1日から始めたのですが、3ヵ月を過ぎるころには「家事はもう苦手じゃない」と思えるようになりました。




セルフ塾のすすめ


ひとりフィニッシングスクールを学術風に仕上げてみました。

テーマも何でもOKにしたかったので、フィニッシングスクールではなく《セルフ塾》に。

実際のやり方をご紹介します。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥
STEP1:テーマ決め 「~学」「~論」をつけると雰囲気が出る
STEP2:マインドマップなどでアイディアを出してみる
STEP3:学習期間・頻度を決める
STEP4:「ねらい」を決める
STEP5:学習スケジュールを決める
STEP6:スケジュール表を作る
STEP7:週間(習慣)計画で実際にやってみる
STEP8:卒業論文をつくる
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥


STEP1:テーマ決め。「~学」「~論」をつけると雰囲気が出る



まずはテーマを選びます。

覚えたいことに「~学」や「~論」とつけてみると、それだけでレッスン風になる気がします。

たとえば、こんな感じ。

  • 和食学
  • 洗濯学
  • 美文字学
  • 手相学
  • 野菜学
  • カラーコーディネート論
  • 美肌学
  • 栄養学

もっと細かくしてみるとさらに取り掛かりやすいかもしれません。

たとえば、「洗濯学」を細分化して、
「洗剤論」「アイロン学」「干し方研究」など。


STEP2:マインドマップでアイディアを出してみる



次に、マインドマップなどを使って、テーマを細分化してみます。
わたしはWordにベタ打ちしてみました。


野菜学


STEP3:学習期間・頻度を決める


自分の空き時間と合わせて、学習期間・頻度を決めます。
たとえば、平日は自由に時間のとれるわたしの場合、1日あたり20分✕5日間と設定します。


STEP4:「ねらい」を決める


子どものころ、教科書や参考書に「ねらい」という項目がありませんでしたか?
あまり意識して読んだことがなかったのですが、自分で学習計画を立てる場合、この「ねらい」を決めておくのがとても有効だと思いました。

わたしの場合ですが、ゴールをきちんと設定してあげないと、脱線したり、諦めたりしやすい傾向にありました。

人の記憶に残りやすい数である《3》をベースに考えてみます。

★ねらいの例:
  1. 野菜の大まかな分類を理解する
  2. 緑黄色野菜3種類の知識を身につける
  3. テーマに選んだ野菜のルーツ・雑学を覚える

STEP5:学習スケジュールを決める


ここまでの作業が済んだところで、学習スケジュールを決めます。

週間(習慣)計画と合わせて行なうとスムーズだと思います。

はじめてみませんか? 週間(習慣)計画
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/shukankeikaku.html


▼いろいろな方が試してくださっている週間(習慣)計画(#1w1p )








STEP6:スケジュール表を作る



学習スケジュールが決まったら、スケジュール表(シラバス)を作ってみます。


野菜学シラバス


ここまでの内容をすべて盛り込むと、10~20分くらいで簡単にまとめることができます。

わたしの組み立て方としては、1日20分✕5日間なので、1週間あたりのテーマを、
  • 学習 1日20分✕3日分
  • 課題 1日20分✕2日で完成させる
として考えてみました。


STEP7:週間(習慣)計画で実際にやってみる


計画ができたら、あとは実行するのみ。

スケジュール作りの段階で、なるべく無理のないようにつくった方が良いと思います。


STEP8:卒業論文をつくる


最後の仕上げです。設定した期間が終わったら「卒業論文」を作ってみます。

わたしの学習スケジュールでは「2,500字以上のレポート」がテーマになっていますが、これも何でもOKだと思います。

  • 実際にやったことを写真に撮り、ひと目で分かるようにコラージュアプリで加工してみる
  • 料理がテーマなら、学んだことを生かした料理を3つ作ってみる

ポイントは人の目を意識することかもしれません。
自分のために行なうセルフ塾ですが、人に読んでもらう(見てもらう)ことを意識して形にしてみると、より良いものができる気がします。


また、ブログやtwitterなどで発表してみると、自分だけでなく、ほかの方にとってもメリットがあります。労力をかけずにまとまった分かりやすい情報が得られるからです。
こんなふうに、セルフ塾であり、他の方にとっての「プチ塾」になると思うので、いろいろな方が試してくださるとわたしも嬉しいです。


週間(習慣)計画のテーマに困っている方、特定の分野を勉強してみたい方は、一緒にやってみませんか?^^

◆「セルフ塾」Twitterでの参加方法
1.テーマを宣言
2.シラバス画像(手書き・パソコンどちらでも)をアップ
3.週間(習慣)計画でこなしていく
4.設定した期間が過ぎたらtwitterやブログ記事等で結果を発表

ハッシュタグは「#セルフ塾



明日からいよいよ臨月です!
そのため、わたし自身が最後まで参加できない可能性も出てきましたが…企画としてご用意してみたのでよろしければどうぞ^^


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと

この記事が気に入ってくださいましたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年


*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」にて  《片づけが好きになるヒント》連載中
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。