去年から、季節ごとに《テーマ》を決めるようになりました。
とっておき家事を通していろいろなテーマを決めることで、暮らしに一本の芯が通るように。そして、それがあると「今なにをしたいか?」がわかりやすくなってくるのです。

きのうのとっておき家事は、《春のテーマを3つ決める》でした。

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。
去年の1月1日から始めたのですが、3ヵ月を過ぎるころには「家事はもう苦手じゃない」と思えるようになりました。



baro

去年のテーマ


去年のテーマはこの3つでした。

1.春のおしゃれを楽しむ
2.いつもピカピカの窓で
3.「旬」を感じるお料理づくり



ちょうど骨格診断や同行ショッピングを受けた時期だったこともあり、おしゃれをするのがどんどん楽しくなっていきました。
春らしい色を意識して選ぶようにしたり、きのうとは少しだけちがうコーディネートに挑戦してみる。そんなふうに過ごした日々を、一年経った今でも色鮮やかに思い出せます。


窓みがきは忘れがちな家事のひとつでした。
でも、このフレーズ「いつもピカピカの窓で」が頭の片隅にあったお陰で、毎朝カーテンを開けるときに、「そろそろ汚れてきたなあ。磨こう」と思えるように。


そして、「旬」を感じるお料理づくり。
今までの生活と一番変わったのがこの部分かもしれません。今よりさらに料理が苦手だったので、買ったことのない食材に挑戦するのはとても勇気のいることでした。
でも、うるいにふきのとう。これまで買ったことのない食材を意識して食卓に並べることができました。


今年の3つのテーマ



さて、今年の3つのテーマについて。

まずは今年の年間テーマをご紹介します。
それは「育(はぐくむ)」です。

bdaba83f


「漢字」で表す2015年・2016年
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/49896842.html



1.「家族」を育む
2.「子ども」を育む
3.「夢」を育む

の3つの意味をもたせています。

今年の春のテーマも、その一部を意識しながら選んでみました。

1.一日に一度は、新鮮な春の空気を吸い込む。
2.出かけたときは意識して花を探してみる。
3.春を感じる絵本を一冊探してみる。



赤ちゃんと一緒の、新しい暮らしがはじまります。
最初のうちはなかなか外に出られないかもしれません。

だからこそ、一日に一度は、ごみ出しやコンビニへ行くだけでもいいので外に出て、新鮮な春の空気を胸いっぱいに吸い込みたい。出かけたときには、意識して春色を探してみたい。

それから、子どもにちょっとだけでも春を伝えられるように、春を感じる絵本を一冊買ってあげたい。

このテーマで、新しい春のくらしをはじめようと思います。


みんなの「春のテーマ」



みなさんにも「春のテーマ」をお聞きしてみました。





明後日のとっておき家事・予告


3月24日の家事は、

家事服の衣更え
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/25472515.html

です。

主婦にとっての制服「家事服」。
冬用をしまって、これからの季節にぴったりのものに変えます。なければ新しく探してみるのもいいかも。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと

この記事が気に入ってくださいましたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年


*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」にて
   《片づけが好きになるヒント》連載中
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。