ゼリーが大好きです。何度も挑戦しているのですが、うまく固まらないことのほうが多く、悩んでいました。

今年は貴重な「自家製梅シロップ」を使って作るので、きちんと基本を押さえて、絶対に失敗しないぞ!と取り組んでみました。

いざ調べてみると、恥ずかしながら知らないことばかり。せっかくなので「ゼラチンが固まらない!をなくすための問題集」を作ってみました。

きのう、7月14日(ゼリーの日)のとっておき家事は《夏らしいゼリーを作る》でした。

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


梅ゼリーを作ってみました。

____________________________________________Somali__cat (1)
ume


使ったのはこちら。冷凍梅で作った自家製梅シロップ。

sirop

ume

面倒くさがりなので、来年からは考えずに動けるよう「覚書」も作りました。

▼梅酒・梅シロップを「考えない・調べない・迷わない」で作れる『覚書』についてはこちらへ。

年に数回しかしないことは「覚書」を作っておく



さて、冒頭にも書きましたが… これからゼリー作りで失敗しないために、ゼラチンの基本の使い方を調べて、自分の言葉でまとめ直してみました。

問題形式にしてみたので、よろしければ挑戦してみてくださいね。

▼答えはブログの一番下にあります。まずは解答を見ずに、このまま解いてみると記憶に残りやすいかもしれません。

■ゼラチンを使うときのポイント
1.パッケージに記載された(a.  )をしっかり守る
2.完全に(b.   )。
3.(c.  )液体を用意し、粒を(d.          )入れる
4.(e.  )させない。直前にゼラチンを投入する。
5.「たんぱく質分解酵素(※1へ)」が入った食品を(f. )で入れている
6.「(g.            )(※2へ)」を入れている
7.「(h.  )の強い食品(※3へ)」を入れている
8.「(i.    )を多く含む食品(※3へ)」を入れている


※参考にしたページ:
よくあるご質問|お問い合わせ|マルハニチロ株式会社

今まで、どうしてゼリーが固まらなかったのか。ここにあることを守れていなかったからだと分かりました。

解答は一番下へ。みなさんは何問解けましたか?

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

明後日のとっておき家事・予告

7月17日の家事は、

漫画飯を作る
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/35757969.html

です。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
一番人気の「4分割メモ」はこちら
https://esse-online.jp/4665


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと

答え合わせをしよう!
a.分量
b.溶かす
c.先に
d.パラパラ落とすように
e.沸騰
f.生
g.アルコール度数
h.酸味
i.ペクチン


(※1)たんぱく質分解酵素を含む食品の例

  • 南方系のフルーツ(キウイ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル、メロンなど)
  • 生姜
↑ゼリーに使いたいときは、
  1. 加熱する
  2. 缶詰などのフルーツを利用する

(※2)アルコール度数の高いものを使いたいとき

ゼラチンの量を多めにする
アルコール度数を薄める

(※3)酸味のあるものやペクチンを含んだものを使いたいとき

ゼラチンの量を多めにする