料理は好きだけど上手ではありません。そして、好きなはずなのに苦痛に感じることが多々ありました。

1017

調理よりも、買いものだったり、こんだて決めだったり、食材の管理だったり。その前の段階が苦手です。

この二年、とっておき家事を通して、すこしずつそういった「調理」以外の部分も見直しをしてきました。10月16日(世界食糧の日)のとっておき家事は《料理研究発表会》でした。

その過程でできたものを「料理研究発表会」としてまとめてみることにしました。


こんだて作り編

こんだて作りは、今考えても一番苦手だったものかもしれません。

作りたいレシピはたくさんあるのに、それを使いやすく、栄養バランスも考えながら、まとめていくのがむずかしいのです。

そんな「こんだて作り」にまつわる、この2年のtipsを整理してみました。

(1)作りたいレシピは「レシピくじ」にする

まず、作ってみたいレシピの管理方法です。
壜に「作りたいレシピ名」と「どこにそれが書いてあるか(URL、Evernoteのノート名、レシピ本タイトルとページなど)」をメモして、くじのようにしてみます。

DSC02144


「レシピを探す」ひと手間が苦手だったので気に入っています。

▼関連記事
「レシピくじ」で、レパートリーを楽しく増やしてみる


(2)栄養バランスを表す記号の使い分け

こんだてを考えるとき「主食」「主菜」「副菜」を分ける記号をメモしています。これは妊婦向け雑誌で読んだものを少しアレンジしています。
主食=■、主菜=●、副菜=▲

これをメニュー名の頭につけると、ざっくりですがバランスがひと目で分かります。

(3)メニューを「ゆる固定」してみる

一度じっくり腰を据えて「固定メニュー」を考えてみました。
毎週月曜日の夜は親子丼...というように、考えないためのこんだて作りです。

でも、これに縛られるのではなく、「月曜日のごはんどうしよう... 」と悩んだときにぱっと決めるためのものです。

もし他に食べたいものがあったり、離乳食との兼ね合いで「これを使い切らなきゃ!」というものがある場合はそちらを優先します。
あくまでも「ヒント集」として使います。

▼毎日ごはんのヒント集についてはこちらへ。

*関連記事*
ごはんしたくをひと手間カットする枠「毎日ごはんのヒント集」



(4)レシピ管理のルート

レシピは複数のルートで使いやすくまとめています。

①これから作ってみたいレシピ → レシピくじ
②リピレシピ → Evernote内のノートブック
③日々のローテーション → おうちごはんのヒント集 → レシピカード
④「うちの味」ができたら ・・・ 娘のためのレシピノート作り

*関連記事*
思い立ったらすぐ作れるように。ひと目でわかる「レシピカード」


(5)レシピは「ひと目でわかる」が肝

レシピを読むのもすごーく苦手です。大事な工程を見落としてしまったりすることが多々あるのです...。

そこで、書くときにはちょっとした工夫をしています。

①材料を「食材」と「調味料」に分けて書く
②入れる順番>量の多い順番>さしすせそ で書く
③小さじや大さじは、わかりやすく&書きやすくするために記号で表現
小さじ=○ 大さじ=● (1/2などのものはちょっと工夫)
④鍋については、火加減と蓋の有無を分かりやすく記入


こんな感じで、ちょっとずつ見やすくなるような工夫をしています。


買いもの編

次に、買いもの編です。
買いものに行くのが面倒で食材が無いこともあれば、買いすぎてダメにしてしまうことも多々ありました。

(1)買いものメモの工夫

買いものメモの書き方を工夫して、お店で探す手間を減らします。

▼4分割メモ(ESSE online様への寄稿記事に飛びます)

https://esse-online.jp/4665


わたしは「野菜・果物」「肉・魚」「その他食品」「日用品」にしていますが、このカテゴリは自分の買いものスタイルに合わせて変えていくのがいいと思います。
わたしの場合は1回に買う量がとても少ないのです。1~3日分。

4

すると、メモの通りに探して行けば迷いません。

(2)ネットスーパーの「お気に入り」を編集

よく買う消耗品を分かりやすくまとめたリストがあります。

でも、出先でぱっと注文したいときだと、それを開くのもひと手間だったりするので、ネットスーパーについては「お気に入り」から選ぶだけですべての消耗品が注文できるようにしてあります。

(3)時間帯を決める

買いものに行く時間帯を決めておきます。

買いもの以前に、出不精で外に出るのがきらいです...。
働いていたころは、電車を降りたらすぐにスーパー! という流れがありましたが、仕事を辞めてからは「いつどこに行くか」が自由な状態です。

今はできるだけ午前中、それも朝一番で行くようにしています。
この区切りを決めるだけでも、一日の予定が立てやすくなり「ああ、行くのを忘れてしまった...」が防げます。

(4)買いものルールを決めておく

ネットで買うものについては、買いものルールを決めてあります。

9月からOisixを2年ぶりに再開しました。
以前は「あれもこれも」と詰め込んで失敗していたので、「離乳食用食材1~3種」「珍し野菜1種」「新しく試したいもの1種」というように、1週間分の買うものをざっくりルール決めしてみたのです。

これで「これとこれだけ」と決めやすくなりました。

(5)買いも時間の枠を作る

買いものをするときは制限時間を決めておきます。

*関連記事*
時間の枠を決めると「ついで買い」が減る


ただ、「100均を見て新しいグッズをチェックしたい」「買いものを通して自宅のプチストレスを見直したい」というような、食材以外かつ目的があるときは別。

好きなだけのんびりと買いものをします。


調理編

(1)ルール決めで迷わずに動く

調理にも簡単なルールを決めてみました。

たとえば、最初に「調味料」「食材」を出しておくこと。当たり前のことなのですが、キッチンが狭くて置けないため、やっていなかったのです。

母が来たときに、食事のテーブルも使って出していたのを思い出し、真似してみることにしました。

作る順番も軽く決めました。こちらも当たり前のことかもしれません。
最初にお湯を沸かして汁物の準備。次に食材を全部刻んでバットに分けて、それからそれぞれの調理に取りかかること。

(2)分からないから作れない

基本的な料理の知識が足りていないのかもしれません。

切り方、火加減、水加減。そういうものを一気に覚えるのはハードルが高く感じますが、毎月15日(食育の日)に1~3個ずつ知識をつけようと決めています。


b_ornament_112_0L

知識として知っているものでも、試していないことって意外と多いんですよね。
そういったものを「これはできる」「できない」と見極めながら、少しずつ、無理しない範囲で取り入れてみたところ、ずいぶん調理ストレスがなくなってきました。

いつかは自信を持って「料理は好きです。そして得意です」と言えるようになりたいものです。

b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
一番人気の「4分割メモ」はこちら
https://esse-online.jp/4665


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと