学生時代にアパレルで働いていたこともある夫と、"おしゃれ人間”恐怖症のわたし。

夫の買いものについていくと自分だけが浮いているような気がしてさらに恐怖症が悪化し、夫からのたびたびのダメ出しで「もう服なんてどうでもいい」と思った時期もありました。

わたしに対しては率直に意見を言う人なので、ネイルをしたり、髪型を変えるとちょっとした変化で気づいて褒めてくれるのはうれしいのですが...

とにかく、夫とおつきあいを始めた10代のころから、「おしゃれ格差」に悩み、いろいろ試して少しずつ自分らしいものが見えてきたように思います。

きのう、11月21日のとっておき家事テーマは《冬のおしゃれ計画を立てる》でした。

コーデを考えるのが楽しくなってきた!

このごろ、コーディネートを考えるのが楽しくなってきました。



ひとつは、山本あきこさん著『毎朝、服に迷わない』を読んで、自分に足りないもの、今すぐ取り入れられることがわかったから。本で紹介されているアイテムをいくつか投入しただけで、それまでコーディネートを組むことさえできなかったクローゼットの中身が変わりました。

もうひとつは、苦手なことでいつもしているのですが「研究」と言い換えたこと。「もっとおしゃれにならなきゃ...」「(出産で)カジュアルな服を着なくちゃ...」ではなく、「好きなテイストを残しつつ、カジュアルでおしゃれなコーデの研究をしよう!」と考えてみたのです。

計画の立て方:わたしの場合

長年の試行錯誤の結果、買いものに失敗しにくい計画の立て方が分かってきました。
おかげでクローゼットがいつもすっきりしています!

毎回すべてをやっているわけではありません(毎回ここまでやるとさすがにしんどい...)。
その時必要なものに合わせてピックアップしてやっているものですが、ご紹介したいと思います。

手持ち服を活かすための「画像検索」

まずは、手持ち服を活かすための画像検索です。
ほしいものが決まっているときにします。

先日、ガウチョパンツを買い足しました。


寒くなってきたので、アウターを買う必要があるのですが、どんなふうにしたらいいかさっぱり分かりません。

これまで、こういう感じのコートしか持っていなかったからです。

image

持っているガウチョには合わない(はず...?)。

こんなふうにはっきりほしいものが決まっている時は雑誌や本よりもネットのほうが個人的には便利。紙だと、たくさんあるコーディネートの中から「ガウチョ」に特化して見ていかなければいけないからです。

こんなふうに「ガウチョ 冬」というように、アイテム名を入れて検索するようにしました。
目的のものにすぐたどりつけるので便利です。

Screenshot_2016-11-22-22-39-42

Screenshot_2016-11-22-22-42-24

たくさん見ていくと、少しだけ傾向が見えてきます。

好きを知るための「雑誌スクラップ」

そもそも、今年どんなものを買い足そう? と分からないときは、雑誌のスクラップをします。

好きな雑誌を買ってきて、気になるものを切り抜いて、1枚の紙に貼り付けていくだけ。すると「こんな色が気になってるみたい」「スカートばかり」など好みの傾向が見えてきます。

合わせて、「苦手なコーデ」もまとめます。そちらも傾向が見えてくるので、お店に行ったときに手にとらず、ぱっとスルーできます。

基本を学ぶ「本」

今回は、本を読んで基本やすぐに使えることを学んでみました。冒頭でご紹介した山本あきこさんの本は本当によかったです。すぐに取り入れられることばかりで参考になりました。

毎朝、服に迷わない
山本 あきこ
ダイヤモンド社
2016-04-15


さらに、これまで、「自分に合う服」を知るために骨格診断・パーソナルカラー診断を受けてきました。

骨格診断の結果はウェーブタイプ、パーソナルカラー診断の結果はオータムタイプです。
ウェーブタイプは好きなものばかりですが、産後カジュアル路線にせざるを得なくなり、悩みました。

今は、トップスはがしがし洗えるもの、ボトムスはベビーカーで出かけるときなら好きなスカート、児童館など動き回るときはガウチョパンツと、自分なりのルールも決まりました。

パーソナルカラー診断では「これだけはいやだ!」と思っていた色が自分のタイプでした。
診断してくださった石塚瞳さんに教えていただき、服は好きな色を選び、髪色とメイクをオータムカラーに寄せることで中和しているので、今はとても満足しています。

こういう「理論」的なものを学ぶと、おしゃれ音痴でも多少選びやすくなることを身をもって知りました。

▷骨格診断に関する記事はこちら...似合う服を知る「骨格診断」
▷骨格診断を受ける前に参考にした本はこちら...あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断 [単行本]
▷パーソナルカラー診断に関する記事はこちら...ファッションのこと
     

絞り込むために「ブランドサイトを見る」

ここ数年の自分なりの研究により、好きなブランド・似合うブランドが分かってきました。なので、ほしいものがだいたい固まったら、まずはそのブランドのサイトを見て、候補を出します。

Screenshot_2016-11-22-22-45-13


店員さんの着こなしも参考にして、手持ち服と合わせられそうなものを優先します。

Screenshot_2016-11-22-22-45-50


わたしが買う定番ブランドは、リランドチュール、アプワイザー・リッシェ、ミリオンカラッツ、ミッシュマッシュ、レッセ・パッセ、ココディール。
プチプラならGU、Honey'sです。

気になるものがあったらスクリーンショットをとっておき、あとでカテゴリごとにまとめて画像加工します。使っているアプリは「写真グリッド」です(わたしはAndroidを使用)。

▼これは私服ですが、このようなイメージで比較するための画像を作ります。

CwFOO2qUkAA4xn8


比較画像があると、特に好きなのはどれか、なんとなくで入れてしまったものはないかがはっきりしてくるのです。

オンリーワンを見つけるために「通販サイトを見る」

だいたいはブランドサイトで見つかります。でも見つからないときは、幅を広げるために通販サイトを見ます。

わたしが見ているのはZOZOTOWN。ふだん買わないお店も含めてさらに探します。

センスがないからこそ計画で補う

昔から「おしゃれになりたい」と切望してきました。
でも、頭が固いからなのか、ふつうの人なら感覚でわかるおしゃれの理論が、きちんと手順を踏まなければよく分かりませんでした。

基本的な知識や自分にあったものの情報を覚え、ほしいものを厳選し、きちんと試着して買うようになったら、センスが向上したかは分かりませんが、「自分で楽しいと思える」ようになりました。

「きょうは何を着よう?」

そう考える数秒の時間にとてもわくわくします。

IMG_20161114_172653


▼「ママコーデ研究」と題し、サブブログにまとめてみました。

Candy Box ー『美人百花』好きなわたしのママコーデ研究ノートI
http://candybox.hateblo.jp/entry/mamacorde1




▼わたしのノートが書籍に掲載されました!

▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
一番人気の「4分割メモ」はこちら
https://esse-online.jp/4665


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと