仕事を辞めてから、郵便局に行くのがめんどうになりました。歩いてたった数分のところにあるのですが、いつも行くスーパーと反対方向だからです。働いていたころは、会社からの帰り道で行けばよかったので「郵便局のためだけに」出るのがおっくうに感じられます。

そして、もうひとつ、めんどうな理由。それは、「いつも忘れ物をする」ことです。

今日、1月15日(年賀状お年玉当選番号発表日)のとっておき家事では《年賀状お年玉当選番号を確認する》をテーマにしました。

image

年賀状は、受け取ったときに「下1桁」の番号順に分けておきます。
こうすると、当選番号をチェックしたときに、当たる確率のある4つの番号以外をさっと外してしまうことができます。

私は、こんなルールで管理しています。

①年賀状を受け取る
②お年玉番号の下1桁で並び替えて保存
③当選番号確認
④もう一度、1枚1枚読む
④当たりは「バッグのなか」へ、残りは指定の保管場所へ

今日のとっておき家事ノート

image

「郵便局でお年玉はがきを交換する」。このときについでにできることについて考えていたら、いつも郵便局から帰ったあとに「しまった、これもやってくればよかった...」と悩んだり、ついてから「通帳を持ってきてないから貯金ができないなあ(記帳もやってしまいたいから)」と後悔したりするのです。

また、ゆうメールやゆうパックは、ふだん送らないので、たまに必要なときがあると、めんどうであとまわしにしてしまいがちです。

そういったプチストレスをなくすために、わたしが「郵便局でする(可能性のある)こと」をリスト化してみました。

めんどうに感じられる「ゆうメール」や「ゆうパック」。どうしてなのかな? と考えてみると、やっぱり理由は下ごしらえができていないからです。送る前に、どうやって送るのか調べたり、料金を調べたり。

なので、ノートの「チェックボックス □」をつけたものに関しては、今後「家事ノート」にマニュアルをつくっていくつもりです。

▼ノート1冊に集約する情報たち
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう



365日のとっておき家事 Story 『ヒロインの親友』

1月15日 共感覚



▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




私が今借りている和室にあるものはとても少ない。

ふとんが一式、ふだんはあげている。折りたたみテーブルとランプ。新しく買った携帯とその充電器。スキンケアセット、これは試供品を利用している。コスメは最低限のものだけ。服はすべて合わせて12着。意外とこんなに少なくても平気だ。

帰ってきてシャワーを浴び、ごはんを食べて、後かたづけを済ませたら、午前1時ごろまではぼーっとふとんに寝ころんでいる。
携帯電話には、航くんと詩帆さん、花夜子、優くん、家族の連絡先しか入っていない。だから、ほとんど鳴ることもない。

天井を見ながら思う。あ、あの木目、なんだか顔みたい。

子どものころって、日常のいろんなところに「不思議」だとか「怖い」だとかを探していたような気がする。
学校の七不思議もそうだけれど、そういう、根拠のないようなものに憧れと恐怖の両方があった。

実家のトイレの壁にも、人の顔のように見えるシミがあって、いつもあわただしく飛び出していたっけ。夜っていうだけですごく怖かった。夜道は幽霊がいるような気がしたし。

人一倍怖がりだったはずなのに、いつからお化けが怖くなくなったんだろう。

「エリカ、入ってもいい?」

航くんが、ふすまをノックする。

私はぱっと起き上がって、カーディガンを羽織る。

「なんにもないからさ、ひまなんじゃないかと思って」

航くんが持ってきたのは、たくさんの本に漫画、それから花札だった。

「あ、花札」

「よかったらやらない? 昔はよくねえちゃんとやってたんだけどさ、最近相手してくんないの」

「こうしてるとなんだか、合宿みたいね」

「あー、ちょっとわかるかも」

航くんがほほ笑む。

あ、でもそうか。私がした合宿なんて、もう10年近くも前のことなんだ。彼にとってはまだ最近のこと。

目の前にいる男の子は、私が6年生のとき、まだ幼稚園だったんだ。そう考えるとすごく不思議。

「エリカの部屋って、なんていうか、すごくすっきりしてるんだな」

航くんは、(彼の貸してくれた可動式の)ハンガーラックに目をやる。

「服のかけ方とかさ、なんかショップみたいだ。服の種類じゃなくて、色で分けてるんだな。右から左に行くにつれてグラデーションになってる。どれを着るのか考えやすそう」

「私、昔から色がごちゃついているのが一番だめなの。たとえばさ、参考書とかでも、カラフルで図解がたっぷりあるものは苦手。真っ黒で文字ばかりで、そこに自由に書き込めるような、そういうのが好きだったんだ」

時計を見ると、そろそろ0時を回りそうだった。

「でね、あるとき、入ると必ず具合が悪くなるレンタルビデオ店があることに気づいたの。そこはDVDのジャンル分けがめちゃくちゃなの。一応ジャンル別になっているはずなのに、そこにあるべきものが別なジャンルの棚にあったりして、店のなかを10分以上うろうろしても見つからない。
でも一番気持ち悪かったのは色なの。ジャンルごとに並べると、DVDでも背表紙っていうのかな、あの、ちょうど手に取る部分があるでしょう。あれがいろんな色で気持ち悪くって。そういうのが重なっていって、もしかして私にとって『色の見え方』って大事なんじゃないか? って気づいたの」

すると、「もしかして、共感覚があったりする?」と航くんが言った。

「共感覚?」

「うん。文字に色やにおいがついているように見えるんだってさ。英語の教科書に載ってた」

「文字に色が見えるってことはないけど、でも、なんとなく『なんでこの文字はこの色なんだろう』って思うことはあるよ」

「たとえば?」

「数字。いろんな色で描かれることがあるでしょう。

たとえば『』だったら、私のなかでは赤色なんだけれど、違う色で『』が書かれていたらすごく気持ち悪い。ちなみに『』は緑、『』は薄い水色。

でもちょっとむずかしくて、『13』だったら水色っていうように、2つ以上合わさると色が違って感じられることがある。見えるっていうより『感じる』が近いの。
当てはまる色が思いつかないものもある。そういうのは、「黒」でもないけれど、そこに変換して考えている節があると思う。

だから、共感覚かどうかはわからないけれど、色の並べ方を意識しないと散らかっちゃうことがあるなあ」

「俺は、色もそうだけどアイテムごとになってないとだめだな。うまく把握できないっていうか。人それぞれ違いがあるんだな」

話しながら、そうか、これはもしかしたら「共感覚」というものなのかもしれないのか、とすとんと落ちる感じがした。

しばらく会っていないけれど、私は「」の名前がすごく好きだ。色の組み合わせが好きで、わくわくする。
そうだ、次の週末、会えないか聞いてみよう。

私の目はもう来週末に向いていた。
先の予定ができるとわくわくするのだった。


b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ



▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと