今日、1月30日のとっておき家事は《動線研究(5)》でした。

*関連記事*
収納を崩さなければいけなくなったときに。
収納を崩さなければいけなくなったときに・その2
収納を崩さなければいけなくなったときに・その3
収納を崩さなければいけなくなったときに・その4


ライフスタイル変化によってリバウンドしつつあるので、収納を0から考えることに。まずは部屋のなかでしている「行動」を分析し、現状分析をしてきました。

今日のテーマは、今ある収納をどんなふうに変えるか、案を出してみるところまでです。

01


今日のとっておき家事ノート


image


先日と同じように図を書いて、中身をまとめました。

▼これまではこんな状態でした。
image


左上の棚には、下着や靴下など、「ハンガーに掛けられない衣類」をまとめていました。
ところが、下着なら洗面所(脱衣所)、靴下類はクローゼットにあったほうが便利だなあと思うように。

これも、キッズスペースを作って、窓側の収納に行きづらくなったのが原因だと思います。

猫子_キッズスペース_2017012401


今中にあるものを移動させると、からっぽになるので、廊下の収納に入れていたもので、こちらに持ってきたほうが便利になるものはないか? などを書き出しました。

また、新しく作ったのが「夫のやりかけボックス」。
テーブルの上にiPad、3DS、vitaなどが散乱し、床にコードが散らかっているのがものすごくストレスなので作りました。

ちなみに、最初はWordでわーっと頭の中を打ち出すところから。手書きでもいいかもしれませんが、ノートに書くのは「清書」としてやりました。

少しずつ収納が出来てきて、いい感じです!


365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

1月30日 味噌汁の具


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




花夜子は、あまり味噌汁を食べた記憶がない。スウが食べたいというので作ってみることにしたものの、どんなふうにしたらおいしくなるのかよくわからなかった。

おかあさんが死んでから、とうさんがごはんを作ってくれたりもしたけれど、大体はお惣菜だった。
だから、家庭らしい味というものが、花夜子にはよくわからないのだ。

「では、今日はお味噌汁を作ってみましょうか。
花夜子さんも、少しずつお料理の習慣がついてきたようですね」

「まだまだお惣菜が多いけれど、とりあえずごはんはきちんと炊くようになったし、おいしくは出来ないけれど、なるべく汁物を用意するようにしているの」

「出汁を取るのって意外とかんたんなんです。でも、それでも面倒になってくるかもしれないので、まずはいつも通り、市販のものから始めましょうね。

花夜子さんの家では、どんな具がありましたか?」

花夜子は思いをめぐらせてみる。
とうさんが一度作ってくれた、しょっぱい味噌汁は、確か、豆腐とわかめが入っていたと思う。

「…わたくしは、油揚げとなにかを入れることが多かったように思います。たとえば油揚げとわかめだったり、油揚げと豆腐だったり。ほかには、きのこ、玉ねぎ、小松菜など」

「2つの具材を入れるのがいいの?」

「それは家庭によって違うのではないでしょうか。
わたくしの友人は、彼女は料理が苦手なのですが、たくさんの品数を用意するのがいやなので、お味噌汁にたくさんの野菜を入れると言っていましたよ。
でも、数を決めておくっていうのはいいかもしれませんね」

「じゃあ、まずは3種類から始めようかな。そのうちの1つを油揚げにしたら決めやすそう」

お湯を沸かし、顆粒だしを溶いて、料理酒を入れる。油揚げ、豆腐を入れて煮る。味噌をといたら、煮立たせないように弱火にして少し温める。最後に乾燥わかめを入れる。

今日の夕飯は、白米と味噌汁に、お惣菜を3種類。角煮、いんげんの胡麻和え、それからトマトサラダ。彩りをきれいにしたら、なんだかわくわくする。

もうすぐ19時。スウが帰ってくる時間だ。
花夜子はテーブルを拭いて、箸や皿を並べてから部屋を出て、玄関の灯りをつけた。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ



▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと