電話口で名前の漢字を伝えるのがずっとストレスでした。なかなか伝わらないからです。

本名の漢字は、名字も名前もすべてよく間違われます。旧姓のときもです。卒業アルバムや卒業証書も間違っていましたし、どの漢字も間違われずに合っていると感動してしまうくらいです。

問題はその都度修正をお願いする労力と、細かくて申し訳ない感じとがストレスになること。だから、せめて娘は名前だけでも間違われないようにと、ひらがなでつけました。

今日、2月13日(苗字制定記念日)のとっておき家事は《名字のわかりやすい伝え方を考える》でした。今回はペンネームと(ノートには書いていませんが本名の)漢字での伝え方を調べてみました。

a


今日のとっておき家事ノート

image


特に悩んだのが「條」です。「~の」と熟語を伝えることもできなければ、パーツごとに分けた場合も説明しづらい。

いろいろ検索していたら、Yahoo!知恵袋でわかりやすい伝え方を見つけました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020279760

また、その他の項目についてもこの機会に調べてみました。

電話口で漢字を伝える時の言葉辞典

こちらで調べてみると、わかりやすいものがたくさん。たとえば「花」もシンプルな漢字ですが、伝え方が難しい。これまでは「くさかんむりに化ける」と伝えていましたが「花屋の花」がすっきりとシンプルでわかりやすいです。

家族の名前や、住所、建物名などもこの機会に調べておくといいかもしれませんね。



365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修業』

2月13日 紫鶴子さんのチョコレート会議



▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




スウにバレンタインのチョコレートをあげるようになってから、今年で24年目だ。最初は10円のチョコを5つ。高校生のころからは、自分が食べたいチョコレートを買って、一緒に食べるようになった。

「紫鶴子さんは、バレンタインって好き?」

「ええ、チョコレートが食べられますからね! どうしてですか?」

「うちの父は、お菓子会社の策略だからっていうの。だから、年配の人はみんなそうなのかと」

「まあ。
わたくしは広告だろうが戦略だろうが、楽しければいいのです。おいしいものを笑って食べられる機会があれば」

紫鶴子さんが言った。

「そうだ、せっかくですから、手作りしてみませんか? 優さんへのチョコレートは買ったものしかあげたことがないのでしょう」

花夜子がうなずくと、「どれがいいでしょう、トリュフが定番ですが、ガトーショコラもおいしいですし、チョコレートクッキーもいいですね」と紫鶴子さんは嬉々として一人会議をはじめた。

「紫鶴子さん、幽霊ってチョコレートを食べられるの?」

そう尋ねると紫鶴子さんの手がはっと止まり、しばらくじっと黙り込んで、「それでも考えるくらいはいいでしょう!」とぷりぷりして言った。

花夜子は可笑しくなって思わず笑う。紫鶴子さんは、生前もきっとかわいいおばあちゃんだったんだろうな、と。年を重ねていくことは嫌だと思っていたけれど、紫鶴子さんみたいになれたら、素敵で、そしてきっと楽しいだろう。

紫鶴子さんの会議に参加して、最終的にガトーショコラを作ることに決まった。


b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ



▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと