ブログを始めてからの数年、書くことに夢中で、本を読む時間がすっかり減っていました。

今日、2月28日は日本記念日協会によると『エッセイ記念日』。そこで、本を読むきっかけにしようと《エッセイから暮らしのヒントを得る》をテーマにしました。

image


*目次*
今日のとっておき家事ノート
Kindle Unlimitedで読める本
とっておき家事story『幽霊の花嫁修行』



今日のとっておき家事ノート

image

2冊の本で、とくに印象に残ったことを1つずつ選んでメモしました。

今日は久しぶりに月を見ました。夕方と夜のはざまという感じ、向こう側はまだ金色っぽい光が少し残っているのですが、空の上のほうから少しずつ暗くなってきている。そこに爪のように細い月が浮かんでいます。

そのとき、胸の奥のほうがきゅっとしました。月はもちろんのこと、夕方の雰囲気でさえ久しぶりな感じがしたからです。

子どものころ、階段に面した西向きの窓がお気に入りでした。家の向こうに雑木林あがり、その木々の合間に溶けていくように夕日が沈む。まっ赤なルビーのような色になる。それを見るのが好きで、ピアノの練習をしようと2階を目指していたときも、勉強道具を取りに行って下へ降りるときも、ふと足をとめて、その光景に見入っていたのです。

今思うと、動かず、じーっと空を見ている。とても贅沢な時間だったのだと思います。

Kindle unlimitedで読める本


(以下の情報はすべて、2017年2月28日時点の情報です)

年末にKindle Unlimitedに申し込みました。月額980円で読み放題。おもに漫画を暇つぶしで読んでいましたが、実用書やエッセイ等も充実しています。

▼まずは読んだもので暮らし・家事系のものをご紹介します。Kindle Unlimitedを契約していれば無料で読めます。

人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版
2012-07-01


細川モモの美人食堂
細川 モモ
主婦の友社
2015-10-06


色の教科書
学研プラス
2015-05-19








▼ここからは、読んでいませんがタイトルから気になっているものたち。

聞き出す力
吉田豪
日本文芸社
2015-03-20


加藤諦三講演集 逆境に強い人―折れない心のつくり方
加藤 諦三
クリーク・アンド・リバー社
2014-02-19






香りの扉、草の椅子
萩尾エリ子
地球丸
2015-03-25


おいしいおしゃべり
阿川佐和子
東京書籍
2015-02-27


傷のあるリンゴ
外山滋比古
東京書籍
2014-03-28




おとな時間
根本きこ
地球丸
2014-08-01





気になるものをピックアップしているところなので、溜まったらまたご紹介します。



365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

2月28日 誕生日のない一年


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




会社帰りにスウがケーキを買ってきてくれた。

「今年も前倒しだけど」

いつもと同じ。フルーツタルト。色とりどりの果物がつやつや光って宝石みたい。果物の間に細いろうそくが刺さっていて、スウはそこに一つずつ火をつけていった。

「もう子どもじゃないんだから、いいのに」と花夜子は言う。でもスウは、お祝いをしてくれることを楽しんでいるようだった。

花夜子の誕生日は4年に1度しかない。去年がうるう年だったから、次は3年後。

そのころには、お腹のなかにいるこの子も3歳近くなっているということか。花夜子には子どものいる生活が想像できなかった。生まれてすぐに「おかあさんらしく」なれるものなんだろうか。

不安だとか怖さだとか、そういうものはあまりない。産むことに関しては。みんながしていることなのだ、花夜子にもできるだろう。
でも、育てていけるかと言われると、少し怖くなる。今のままの花夜子ではいけない。だから、変わらなければ。

花夜子は28歳になった。いや、これからなるのだろうか。子どものころ読んだ小説に、28歳の女性を指して「オールドミス」なんていう表現があったから、言い方は悪いけれどオバサンだと思っていた年齢だ。

でも、28歳どころか、30歳でも35歳でも40歳でも。花夜子が子どものころにイメージしていたのとは年の重ね方が違うと思った。みんな、そんなに変わらない。
内面が成熟しているとか、そういう変化はあるかもしれないけれど、今の人たちってみんな若々しく見えるのだ。

「今日は無理だったけれど、土曜日に店を予約してあるから」

スウはほくほくした表情でそう言う。
今日は洗いものまで代わってくれた。

テレビを見ながら、花夜子はなんとなく落ち着かない気持ちだった。もしかして、家事をすることが、いつの間にか、花夜子の日常になっているのかもしれない。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと