数年前、汚部屋脱出のために大量のものを手放しました。
そのとき、分別方法もきちんと調べて手放したものの、どれが不燃でどれが可燃だったのか、今では思い出せません。

こういった「今後も使うかもしれない情報」はきちんと記録するのが大切だと改めて実感しています。
そして、引っ越しが決まっている方は今すぐにでも調べたほうがいい(実体験から)。

今日、3月2日のとっておき家事では《生活研究:ハンガーの捨て方を調べる》をテーマにしました。

ハンガー

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。
今年の1月1日から始めたのですが、3ヵ月を過ぎるころには「家事はもう苦手じゃない」と思えるようになりました。


*目次*
今日のとっておき家事ノート
ごみの捨て方リストの作り方
とっておき家事story 「幽霊の花嫁修行」

今日のとっておき家事ノート

image


ハンガーの捨て方。調べるのは1分もかかりませんでした。でも、これがわかっていないと「捨てるのが面倒だなあ」とずっとあとまわしにしてしまう。

だから、

①とっておき家事のテーマにして、気が向いたときに調べておく
②家事ノートに蓄積していつでも情報を引き出せるようにする



こんな仕組みで回していきます。

調べた「捨て方」は、家事ノートのなかの『ごみの捨て方リスト(「時間が貯まる 魔法の家事ノート」99p)』にまとめていきます。

▼本日発売です...!





「捨て方リスト」の作り方


image


この「捨て方リスト」作りをとくにおすすめしたいのは、今まさに引っ越しを控えている方だけではありません。
今後「引っ越し」をする予定のある方です。

私の住んでいるところでは、粗大ごみの申し込みから集荷までに2週間ほどかかります。
だから、引っ越し間際になって慌てても遅いのです... 数万円支払って業者さんにお願いするか、新居に持ち込むか。それしかありませんでした。

今の住まいに引っ越すときは、当日朝に荷作りが終わったくらいの状態だったので、間に合わずにすべて持ち込み、その後処分するのが億劫になって更に散らかっていきました。

調べるだけなら1分です。
1日1つ調べてもちょっとした時間ですみます。

いつか引っ越す日までに、こうした「ちょっと捨て方に迷うもの」をしっかり明らかにしておくのが当面の目標の一つ。

さて、ここからは書籍に盛り込めなかった、リストの具体的な作り方(私なりの)です!
自由にアレンジして使ってください。

ごみの「捨て方」リストの作り方:
①まずは捨てたいものをピックアップしておく
②お住まいの自治体のHPでまとめて調べる。余裕があるなら1日1つなど「とっておき家事」の中に組み込んでしまうとかんたん。
③ごみの捨て方リストには、a.粗大ごみ申し込みの手順、b.捨てたいものとその処分方法、c.業者や行政の電話番号を記入しておきます。
④自治体HPから、分別一覧表のようなもののPDFをダウンロードし、ゲージパンチ(※1)で挟んで綴じても。
⑤引っ越したら、分別方法が変わる場合もあります。そのために、分別方法部分をマスキングテープにしておけば、引っ越した後の書く手間が減ります。




▼ゲージパンチ。ルーズリーフを作れるパンチです。




365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

3月2日 出会い


▼0話目から読む/1日1話 更新中
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




成田未桜に出会ったのは高校2年の秋口だった。
背が高くて花夜子と並ぶとカップルのようだった。黒いつやつやした髪を肩口で切りそろえているのに、きりっとしているけれど糸のように細くした眉毛やしっかり化粧をした強さを感じる目元、下着が見えてしまうのではと心配になるくらいの短いスカートとが、どこかちぐはぐで、でも、それが未桜の素敵なところだとも思った。

未桜は隣のクラスで、体育のときだけ一緒になった。花夜子は基本的に病気をしたことがないけれど、高校生のときだけ、どうしてかよく倒れていたので、体育は見学することのほうが多く、その時に話したのがきっかけだった。

厳密にいうと、会話はそんなになかった。ただ、未桜といるときは沈黙が心地いいような感じがした。
無理して合わせたりしなくてもいい、許されているような、そんな感覚。

高校3年間で、未桜と話したのは体育の時間、何度か。一緒に遊びに出かけたことはなかったし、たとえばお互いの家族のことだとか、恋人のことだとか、そういった踏み込んだ話はしなかったけれど、花夜子はどうしてか、未桜に親しみを感じていた。

「成田さんとはあまり話さないほうがいいよ」と、ある日エリカちゃんが言った。

「どうして?」

「あんまりいい噂がないよ。放課後、いつも男の人といるんだって」



青みがかったグレーの天井に、花夜子は一瞬、ここがどこで、自分がだれなのか、忘れそうな危うさを覚えた。そして、ああ、あれは夢だったのか、と。

高校を卒業してもう10年になり、未桜とは一度も連絡を取っていない。

夢の後味はなんだか不快だった。
そうだ、あのときだけは、ーーこれまで他に一度もないのだけれどーーエリカちゃんに対して、むっとした気持ちが湧き上がったのだった。

正直なところ、未桜が仮に、とても軽い女だったとしても、花夜子には関係なかった。それは未桜個人の問題だ。未桜と花夜子、2人の問題ではないのだ。

相手がたとえどんなに最低な人だったとしてもたぶん、誰でも「自分に対しての相手の様子」を軸にその人を判断するんじゃないかと思う。

たとえば花夜子は、不倫とか浮気とか、そういうものがとてもきらいだ。不潔だとさえ思う。でも、万が一エリカちゃんがそれをしていて、花夜子に話したとしても、それで嫌いになることはない。
それまでのエリカちゃんを知っているからだ。

そういう感覚を伝えるのはむずかしいことだと花夜子は思う。

朝起きたとき、部屋の中の色を見ると、大体天気がわかる。ちょっと青みがかったグレー。それは雨の色。ただ、早朝だったら別だ。夜明け前のほんの少しの時間にもそういう色になることがある。
まだ寝息を立てているスウを起こさないように、そっと布団を抜け出し、しんと冷たい床を踏み、カーテンのすき間からそっと外をのぞいてみる。ああ、当たりだ。地面が黒い。

マタニティ用の寝間着を脱いで、ワンピースに着替える。エプロンをしようと思ったけれど、きれいな形にとまらなくなってきた。
朝食はなににしよう。レーズンパンがあったはずだ。サラダと、(一段飛ばしをしないように)お湯を注ぐだけのスープ。これでいこう。

なんだか気になって、花夜子はもう一度、窓の外をのぞいた。そしてぎょっとする。ずぶ濡れになった未桜が、そこには立っていた。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと