みなさんの好きな手料理はどんなテイストのものですか?

私はカフェで過ごす時間がとっても好きで、ひとり暮らしの中から「カフェっぽいごはん」を目指していました。また、きらきらした小さなおかずが、少しずつ、たくさんある「オードブル方式」も素敵。
料理レベルが低くて、達成はできないものの、そういう方向を目指していたんです。

でも夫はちがいます。周りの話を聞いていると、割とそういう旦那さんが多そうだったのですが「ザ・定番」「がっつり」なごはんが好きなのです。

だから私たちの食卓では、どちらかが折れるか、ちょうどいい「まん中」を見つけるか。その2択です。
毎日がっつりごはんは辛いけれど、定番の料理は好き。だから、生活研究として「和食の定番料理」を見直してみることにしました。

というわけで今日、3月6日のとっておき家事では《生活研究:和食の定番》をテーマにしました。

すき

わたしはこういうのが好き。たっぷりの野菜とか。

今日のとっておき家事ノート

※部屋の電気が切れていて、近隣どこに行っても売っておらず写真が撮れないので今日はノート画像お休み。後日UPします。

まずは、和食の定番ってなんだろう? と考えて、書き出してみました。


▼ノートに書いたのと同じもの。

gazou

おいしく作れるのか(そもそも作るのか)? と、 その料理を夫が好んで食べるのか? の2点から表にしてみたのです。そしてわかったのは、いつも通り「好みが合わない...」。

レシピなしでもおいしく作れる茶碗蒸し。夫は大きらいなのです。

ほったらかし茶碗蒸し

混ぜてほったらかすだけ。「ほったらかしプリン」を応用した特製茶碗蒸し。

肉じゃが

わたしの料理って、盛りつけもそうだけど、あんまりおいしそうじゃない...。
見栄えも大きな課題です。

夫が好きな料理は、私が苦手だったり、食べないものだったり。なかなかむずかしいものですね。

でも、こうやって料理の種類を書き出してみたら、「次はこれをおいしく作ろう」と意欲がわいてきました。


365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

3月6日 歯車



▼0話目から読む / ほんのり家事入りストーリー 1日1話更新中
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




花夜子のまわりでは、よく人が死ぬ。

最初は母で、祖父母(に関しては年齢を考えると不思議ではないけれど)、学生時代に父。そして一時期仲良くしていた未桜まで。

両親がいなくなったとき、花夜子は、もしかして自分はなにか呪われている、あるいは、だれかに呪いをかけるような存在なのではないか。そんな気がした。

それとも、花夜子も、亡くなっていった人たちも、みんなすべて、なにかよくわからない、見えない力によって動かされている歯車の一つにしかすぎないのだろうか。


始業時間になると紫鶴子さんがやってきた。それがどうも変で、きのうの記憶が抜けている。来ていないことを知らないのだ。

花夜子は幽霊のルールに、また一つ気がついた。幽霊、少なくとも花夜子と面識のある幽霊は、同時に存在することができないのだ。

その夜、花夜子は、習いたての肉じゃがを作った。花夜子の家ではたしか牛肉で作っていたと思うのだけれど、紫鶴子さんのレシピでは豚肉だった。
乱切りにした材料を、先に炒めて、それから煮ていく。具材は肉とじゃがいものほかに、人参、玉ねぎ、白滝。そして飾りに茹でた絹さや。

「今日はこのレシピの通りに作ってくださいね。レシピを覚えるときは最初が肝心です。まずは一段とばししたりせず、きちんと、その手順に沿って作ります。
そうしたら見えてくるものがあるんですよ」

たしかに、と花夜子は思った。紫鶴子さんのレシピ通りに作った肉じゃがは、花夜子にとっては少しだけ甘すぎるような気がした。もう少しあっさりしたほうが好きだ。

見えてくるものっていうのは、自分の感覚なのだと花夜子は気がついた。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと