私はよく色々なことの「やり方」を変えるので、夫からは「どうせまた続かないんじゃない?」とよく諭されます。

確かに夫の言うことにも一理あります。続かないことも出てくるからです。実際に、かつては「続けられない自分」をせめてばかりいました。

ただ、それは決してむだではなくって、次につながればOKなのだと自分の中では決めています。一度決めたことだからと、ずっと同じやり方を貫こうとしても、「続ける」ことで圧迫されてしまってはいけないのだなあと思うからです。

今日、4月1日のとっておき家事は《家計の課題を把握する》でした。


今日のとっておき家事ノート

image


物事がうまくいかないときは、基本に立ち返っています。「どうしてできないのか?」がわからないと、それからどうするべきかが見えないからです。

今回ふと思ったのは、「ああ、背伸びをしていたんだ」ということ。
たぶん、物事には順番があって、①できる → ②続ける → ③極める、と、一つ上の階段にのぼるたびに適した目標が変わってくるのだと思っています。

これは過去にも散々失敗したことなのに、まだ、目標が「できる(ようになる)」の段階なのに、「極める」を目指してしまっていました。

たとえば、家計をしっかりと分析して節約につなげていくこと。もちろん同時にできればそれに越したことはないのですが、私には背伸びだったようです。まずは基本に立ち返って。4月から家計管理の「できる」を目指していきたいと思います。


*そのために捨てるべきもの*
◎「あれもこれもチェックしよう!(例:食費を10項目に分けるなど)」という意識
◎今すぐに節約と家計把握と続けやすい仕組みづくりを両立させること(これは次のステップ)



よくも悪くも、私はとっても「よくばり」な性格だと思います。やりたいことがたくさんあると、それに合わせて生活がよくなっていくので、悪いことだけではないとも。

でも、やりたいことを詰め込みすぎるから、うまく回らなくなったり、芯がなくなったりしてしまう。だから、定期的にこうして意識することを大切にしています。

まだまだ未熟なところがたくさんありますが、それに甘んじることなく、少しずつでも成長していければいいなあと思っています。

365日のとっておき家事 Story 『ヒロインの親友』

4月1日 こし餡


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




祖父の葬儀が終わっても、私はなんとなく、東京へ戻ることができずにいた。あの夢が本当だったのなら、だけれど、たしかに胸のなかにあったものはだいぶ薄れてきていて、でも同時に、祖父を失った悲しさと、久しく会いに行かなかった後悔とが、私の身体を重たくしていた。

冬ごろから忙しない日々が続いてすっかり忘れていたけれど、姉はいつの間にか家に戻っていた。義兄さんと子どもと3人で過ごしている様子は、どこにでもいる、幸せそうな家族のそれだった。

あの家出は、姉の小さな反抗だったのかと今は思う。もしかしたら、強気でエキセントリックだと思っていた姉にも、言いたいことを言えないなんてことが実はあって、濁った気持ちをどうしていいかわからずに私のところに逃げてきた、なんて。そう考えたらほほえましく思えた。

ぼうっと姉たちの様子を見ていたら、母が「うぐいす餅を作るから手伝ってね」と言う。母に言われたとおり、こし餡を丸めた。

「お姉ちゃんってね、意外と繊細なのよ。食も細かったし、食べものの好き嫌いも激しい。嫌なことがあるとすぐお腹が痛くなるし、今からだと考えられないかもしれないけれど、この子は大丈夫だろうか、生きづらいんじゃないだろうかって、よく悩んでた」

「お姉ちゃんが繊細?」

「うそみたいだけど、本当の話よ」

母がいたずらっぽく笑う。

「うぐいす餅はね、お姉ちゃんの好きなお菓子なの。お姉ちゃんってあんこはこし餡しか食べられないでしょう? 離乳食の裏ごしをていねいにしすぎたんじゃないかって今でも思ってるのよ。だからエリカのときは、しすぎないようにしたの」

母の手がくるくると、白玉粉で作った生地を伸ばし、私の丸めたあんこを詰めて包んでいく。何度も何度も作ったことのある、熟練した手つきだ。母もずいぶん「おばあちゃん」という感じになってきた。横顔の、口元にうかぶ皺を見て思う。

時間が流れていくのは怖い。祖父を失ったように、大人になるっていうことは、いろんなものを失っていくことなのだ。そう考えると、胃のあたりがしくしくと痛んだ。

b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと