私の長所であり、大きな短所でもある【よくばり】な性格。
あれもこれもやってみたい!

好奇心旺盛なのはいいことだと自負していますが、一方で、だからこそ芯がぶれてしまう。「続ける」のが苦手なのはここからきているんじゃないかと思います。

家計管理もそうです。先日の記事でも書きましたが、うまく記録できていないのに、背伸びをして節約や家計分析にまで手を出したため、続けることはもちろん、把握することすら困難になっていました。

新年度なのでよかった点だけを残してリスタート。「把握」に一点集中していきます。

そう、よくばりな性格が災いして、「把握できれば問題ない」と思っていたのに「続ける」「楽しく」「節約」などたくさんのキーワードがくっついてきてしまっていました。

今日、4月3日のとっておき家事は《家計管理について考える》でした。



今日のとっておき家事ノート

image


今日のノートはたぶん、自分にしかわからない書き方になっています。どうやって管理するのか。何が課題だったのか。そういったものをざっくりと書き出しました。

就活中に、広告会社の方が講師を務めるワークショップに参加したことがあります。そのときに教えてもらったのが「まずはアイディアを出してみる」ということ。

実現不可能なことでも、馬鹿らしいことだって、なんでもいい。とにかく書き出してみる。そして話し合いの場ではお互いにそれを否定しないこと。

それが大切なのだそうです。

わずか2日間でしたが、このときの経験は今にすごく生きています。

こういった暮らしの小さなことを少しずつ改善していく作業。

元から考えずに動ける人からみたら、すごく馬鹿らしいことに思えるかもしれません。私も考えずにさっとできればどれほどいいか...と、自分の情けなさがいやになることがあります。

でも、それも私の個性なので仕方がないと受け止めたら、ちょっとだけ気がらくになりました。
やってみてよかったことは残し、ダメだったことを改善していく。その積み重ねで、苦手なことでも数年かけてステップアップできました。

だから、これからも自分の姿勢として大切にしていこうと思います。



365日のとっておき家事 Story 『ヒロインの親友』

4月3日 今、ここにいる


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




今年に入ってからは本当にめまぐるしかった。そしてその中で、過去について回想することが増えた。嫌だったこと、大切にしていたこと。そういうものが意図せずふとよみがえってくる。

「ねえ、そろそろ帰ったほうがいいんじゃないの?」という母の声でふっとわれに返った。

私もそう思っている。
ずっと出て行きたかったふるさとに、どうしてこうも長く滞在してしまうのか。これから結婚するのだというのに。

「もしかして、マリッジブルー?」と、姉がにやにや笑いながらいう。

「帰ったほうがいいのはあなたもでしょう」と、呆れたようにいう母。

私は思わずくすっと笑ってしまう。そうだ、いつもこうだった。女三人寄ればかしましいというけれど、本当にそうだ。

「あたしはいいとして、エリカはちょっとくらい長くいたっていいんじゃない? いろいろあったんだしさ」

母も私も、少し驚いて姉のほうを見る。姉は「なによ」と口をとがらせた。

「そうね、いろいろあったのはわかる。でもね、エリカだって結婚するの。だからこそ、帰ったほうがいいのよ。

あの時助けてくださった方と結婚することになったのが、気の迷いじゃないことは母さんもわかってる。でも、こういうのって勢いも大切だと思うの。先延ばしにすることで『もしかして自分の決断が間違ってたのかもしれない』って、逆に勘違いしてしまうことだってあるかもしれない。

だからね、早く帰りなさい。お姉ちゃんもね」

明日の朝に帰るかわりに、今日は母に料理を習うことにした。
せっかく結婚するのだから、実家の味をきちんと再現して、それを自分の家庭の味へと少しずつ染めていきたい。
そういう思いがあったのだ。

回想ばかりに足をとられていたような気がするけれど、私が今いるのは「ここ」だ。仕事を辞めたばかりで、宙ぶらりんで、いろんなことに少し警戒していて、そして、航くんと一緒に過ごす時間が愛おしく思える私。

その道すじを間違えてはいけない。余計なものに足を取られないで、前に進まなければいけないのだ。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと