昔、黄金伝説で見たときだったでしょうか。以前から興味のあった「米粉」の日(日本記念日協会制定)ということで、今日、4月4日のとっておき家事では《米粉のレパートリーを増やす》をテーマにしました。

週に1テーマ決めて取り組んでみる【週間(習慣)計画】。今週のテーマは「料理強化週間」。いつもと違う食材に挑戦したり、新しいメニューにチャレンジしてみるつもりなので、今回はその一環。

今日のとっておき家事ノート

はじめに挑戦したのは「米粉」の蒸しパン。
離乳食で無糖のホットケーキミックス(以下、HKM)を使った蒸しパンにはまり、自分のおやつ用(ココア入り)も含めて分量研究を重ねていました。

無糖HKMが近所では売っていなかったので、今回は米粉で試してみた次第です。ふだんと同じように作ってみたところ...蒸しパンになりませんでした。

食べてみたらおもちのような、お団子のような感じ。
そのままではあげられないので娘のはお粥に変更。

後ほど自分用のココア入り蒸しパンとしても試してみたけれど、ぜんぜんふくらまない。
その後、米粉を使った蒸しパンのレシピを調べてみると、どのレシピにもベーキングパウダーが入っていました。

なので蒸しパンは断念。
もちもちしておいしいにはおいしかったので、もう一度分量を調整して、串団子にしてみることに。というのも、毎月3・4・5日は「みたらしだんごの日」(日本記念日協会制定)でもあるのです。

離乳食用にとやっていた最初の分量(米粉大さじ1と、水大さじ1)を混ぜて、ラップをふんわりかけて、500Wで50秒ほどチン。熱いうちに丸めてちぎって、さらに丸めて。お団子が出来上がりました。

一人分のおやつに良さそう。

image

みたらしは作り方を調べるのが面倒だったので、家にあった黒みつをかけていただきました。もちもちでおいしい! 混ぜてレンジ50秒。今後のおやつレパートリーで大活躍しそうです。



365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

4月4日 理由


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




「ずいぶん顔色が悪いね」と花夜子がいうと、青い顔をした未桜が「病院抜け出してきたからね」と答えた。

花夜子たちは、近くの喫茶店の、一番奥の席でコーヒーを飲んでいた。髪がまだ半乾きで少し気持ち悪かったけれど、あまりにも驚いたし、事情を聞きたくって、飛び出してきてしまった。

「目を覚ましたら病院でさ。その時、全部思い出したんだよ」

未桜は化粧っ気がなく、本当に病院から抜け出してきたんだろうな、という出で立ちだった。

「冬に事故にあって、それから意識不明だったんだって。身体が弱ってるから今こんな感じで、本当は抜け出したらいけないんだろうけれど…。でも、どうしてもあんたに会って確かめたくて、でも電話番号もわからないし、と、記憶を頼りに思わずきちゃったんだ」

そう言って未桜は花夜子の手を握った。ちゃんと温度があって、よく耳をすませば、とくんとくんと脈打っているのが確かに伝わってきた。

「ねえ花夜子、あんたと過ごしたのって嘘じゃないんだよね? 夢でもない。あんたも覚えてるってことで間違いない?」

未桜が聞く。花夜子は力強くうなずいた。
うれしかった。もう一度会えたこと、あの服屋さんで楽しそうにいきいきしていた未桜が、ちゃんと生きていたこと。

それからしばらく話して、スウに電話してきてもらい、未桜をタクシーで東京にいる親戚のところへ送り届けた。着くころにはもうぐったりしていて、未桜はそのまま病院へ連れて行かれた。

家に帰ってから、時間が経ったからよく味の染み込んだおでんをスウと二人で食べた。花夜子はなんと話したらいいかわからず、彼もまた聞こうとはしなかった。
少し気まずい。本当のこと、幽霊のことを話しても、スウはきっと信じてくれると思う。でもどうしてだろう。なぜだか口にすることができないのだった。

気まずい沈黙が流れるまま、花夜子は洗いものを始めた。スウもすっと立ち上がって、花夜子が洗ったそばから水けを拭き、食器棚へしまっていく。

そしてふと思った。もしかして、紫鶴子さんも生きているのではないだろうか、と。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと