ホテルみたいな洋食。旅館のような和食。
そんな朝食に憧れがあります。

出産する前は、まわりに引かれるくらいの少食でした。お腹がぺこぺこでも小分けにしないと食べられない。
今ならたっぷり食べられるのにもったいない! と後悔しているのがホテルの朝食バイキング。どれを選ぼうか考える時間も楽しいし、食べているときも幸せ。あとめったにないことだから特別な感じがあって。
日々の朝食にもそんな要素を入れられたらいいなあと思っています。

今日、4月11日(日本記念日協会認定の「しっかりいい朝食の日」)のとっておき家事は《ホテル朝食計画を立てる》でした。



今日のとっておき家事ノート

image


ホテルの朝食を検索してみました。今回は洋食がよかったので英語で。

(1)「hotel breakfast」

hotelmenu2

たくさん出てくる海外の朝食ビュッフェ画像。ここからヒントをもらいます。

(2)「hotel breakfast menu」

hotelmenu1

こちらはメニューの画像。

(3)日本の朝食バイキングメニューにヒントを得る

ホテルの朝食バイキングメニューを公開しているところもあります。

たとえばホテル近鉄ユニバーサルシティの朝食メニュー。
https://www.miyakohotels.ne.jp/hotel-kintetsu/restaurant/list/epoch/morning.html/

そのなかのメニューリストを真似て、自分の朝食メニューリストを作ってみたら楽しく、迷わずにすみそう。

hamegg

ある日の朝ごはん。ハムエッグといんげんのソテーと焼きトマト。クロワッサン。

image

別な日。ロールパンの2種類のサンドイッチと、しいたけとソーセージのスープ、あさりのバター醤油。

朝食は彩り豊かに作りたいです(^^)



365日のとっておき家事 Story 『ヒロインの親友』

4月11日 朝ごはん


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




私の家では「朝ごはんが命! 」という感じで、しっかりたくさん、お弁当の残りもあるけれど食卓を埋めるようにおかずが並び、その中から食べたいものをそれぞれ選んで食べていた。どんなに時間がなくても朝食を抜くのは許されず、いつも遅刻ギリギリだった姉はかきこんでいくことがほとんどだった。

そういうふうに育ったせいだろうか、朝ごはんを抜くとどうにも調子が出ないのだ。
朝はいつも航くんより先に起きて、出汁を取るところからはじめる。同時並行で土鍋で白ごはんをふっくらと炊き上げ、卵焼きと鮭を焼き、ほうれんそうのおひたしを添える。みそ汁はその日の気分と残り物で臨機応変に。今日はじゃがいもと油揚げ、それからわかめだ。ひとり暮らしのときも、早起きは苦痛にならないほうなので朝からこうして料理をする時間が好きだった。

だからもう考えずに手が動くというような感じなのだ。
和食と洋食を交互にするのが私なりのルールで、そのかわり、和食のメインおかずは大体固定されている。今日は焼き鮭だったけれど、旬の魚を使って焼き鮭にするといったような。卵焼きは中身を少しずつ変えていつも用意する。

新居はキッチンにも窓があるタイプで、そこから光が入ってくるのがとても心地よく、一日のなかで朝の調理時間が私の一番お気に入りの時間。そして航くんを送り出し、後片づけがすんで座ると、なぜだか動けなくなっていた。今までそんなことはなかったので少し困惑していた。以前ならわかるけれど、ストレスなんて今はないのに。

ふいに不安や空虚な気持ちが襲ってきて、ぼうっとテレビに見入ったまま時間だけが過ぎていく。

その話を花夜子にすると「ストレスってあとから来るんだって。そのときは乗り越えるために気を張っているし、身体も頑張るんだけれど、ちょっと気が緩んだらじわじわと出てきちゃうらしいよ」と言っていた。

そうか、そういう状態なのかもしれない、と妙に納得した。
洗濯ものが入れっぱなしになっている。立ち上がったときには朝のニュース番組から3つ分くらい先のものが始まっていた。頬をパンパンと叩く。しっかりしなければ。与えられた環境を大切に。出来ることを探して。

b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ
b_ornament_112_0L

▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというもの。
この本では紙のノートをすすめていますが、ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでもご自分にあったやり方でどうぞ。
また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込むよう心がけました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。
重版出来! 3刷です。


▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと