先週は家族みんなが風邪を引いていて、看病をしていたので「これは私もなるかなあ」と思っていたらやはり。週半ばごろから徐々に体調を崩しはじめました。

今日、4月24日のとっておき家事では《不調時の振り返り》をテーマにしました。


今日のとっておき家事ノート

image


不調時だからこそ、こんなことが困った。これはやってよかった。そういうことを書き出してみました。次につなげます。

以前寝込んだときのこと。

そのときは高熱を出していたので仕方がありませんが、家事をさぼったことで、病み上がりのまだしんどい時に、やることがどっと増えて(たとえば洗濯回数がふだんより3回増えるとか、洗いものが溜まっているとか)、「今日は無理だ」と先延ばしにした結果、久しぶりに部屋を散らかしてしまったのです。

そう、思い返せば、「すぐに片づく部屋」になったものの散らかってしまうときというのは、たいてい、体調を崩したり、落ち込んだりして、家事を溜めてしまった「後」なのです。

自分の持ち時間以上にやるべきことが増えるから、回らなくなってしまう。

じゃあ、溜めなければいいのでは? と、今回は動けるときにどんどんこなしていくようにしました。多少しんどくっても、明日、そしてもっと先の自分がラクになるはずです。

逆にこれまでは「別に急ぐことじゃないんだし、元気になってからすればいいんだ」と、自分を甘やかしているつもりで、結果的に首をしめてしまっていたのでした。

ただし、ここでする家事は私が分類しているところの「日ごとの家事」に限定します。どんな状態でも怠れない家族の世話以外では、洗濯と掃除、リセット片づけ。この3つをこなすことだけは絶対に守るようにしたのです。

週に1度、月に1度という家事は手をつけず、お休みにしました。料理は手を抜きました。

その結果、毎日のすることは最小限で済みました。多少しんどくても、ほんの少しの家事ならできます。洗いものを翌日に持ち越さない。ごみ箱が満杯にならないように溜まったらその都度出しに行く(※24時間対応のごみ置き場)。洗濯は小分けにしてこまめに。いつも通りにする。

さらに、動けるときに離乳食のストック作りや、自分のごはんも多めに作って冷凍するなどの備えをしておいたので、「今日はなかなかしんどいぞ」というときにもほぼ普段通りの生活を送ることができました。

念のため、ベビーフードなども買っておきましたが、使ったのは1回分だけで、あとはストックを使ってふだん通りの手作りごはんを用意できました。


これまでは「家事をできるようになる」「続けられるようになる」ことを一番大切で、基本的なことに設定していたので「多少溜まっても(散らかっても)その後すぐに片づけられればいい」という考え方でいました。

今はその先のステップ。家事を溜めない。散らからないようにする。
ここへ進んでいます。

不調時に関しては、まだまだ課題もたくさんあります。
今回は不要でしたが動けないときのベビーシッターさん探しなど。こういった点は元気なときに改善策を考えたり、備えが必要なものは用意しておいたりします。


365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

4月24日 磨く


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




花夜子の大きな課題は料理だったし、掃除というのは、そこまで基礎的なものを知らなくてもできないことはないので、あまり深く考えたことはなかった。そんな花夜子が「掃除のやり方を教えてほしい」と紫鶴子さんに頼みこんだのは、エリカちゃんの家にお邪魔したときに、どこもかしこも、輝いて見えたからだ。

花夜子の家も、別段、汚れているというわけではない。でも、エリカちゃんの新居より築年数がかなり浅いはずなのに、どこかくすんでいるのだ。「私なりのやり方ですが」と付け加えながら、紫鶴子さんによる集中講義が始まった。

基礎なんてないと思っていたけれど、花夜子にとっては、実は知らないことばかりだった。雑巾の絞り方だったり、拭くときの順番。掃除道具を使う順番。そういうものがわかると仕上がりは違った。

「花夜子って本当に常識がないんだなあ」とこぼすと、紫鶴子さんはふっと優しげな表情になって、「これについては仕方のないことだと思いますよ」と言った。

「掃除のやり方っていうのは、母親のを見て身につく部分もあると思うのです。もちろん無意識だったら、いくら母親がきちんとしていても記憶に残らない、なんてこともあるかもしれませんがね」

手を動かしながら、花夜子は思う。掃除って大きらいだと思っていたけれど、こうしてやってみると意外と楽しい。なんていうのがしっくりくるのだろう。手にすべての意識が集中するから、ほかのことを忘れて、目の前のことだけになれる感じ。雑念が取り払われるような感じがするのだ。

意外と落ち込んだときほど、こうして磨いてみるのがいいのかもしれない。花夜子はメモにそう書き加えてみた。



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ
b_ornament_112_0L

▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというもの。
この本では紙のノートをすすめていますが、ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでもご自分にあったやり方でどうぞ。
また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込むよう心がけました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。
重版出来! 3刷です。


▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと