高校生のころ、朝、コンビニでリプトンの紙パックの紅茶を買っていき、ビニール袋を机の横にぶら下げておく。私のクラスでは、半数以上の人がそういう習慣を持っていました。休み時間になると、みんなそこから紙パックを出して、飲みながら話す。

だから、今でもコンビニでたまにリプトンの紙パック紅茶を買いたくなるし、飲んでいると、その時期の思い出がふわっとよみがえってくるような感覚があります。

今日、5月10日(日本記念日協会認定の「リプトンの日」)のとっておき家事では《おいしい紅茶の淹れ方を調べる》をテーマにしました。

otya

日本茶を飲むことのほうが多いけれど、紅茶も好きなので、ティーバッグでもいいからたまに飲みたいと思っています。

今日のとっておき家事ノート

image


娘が生まれてからはひたすらティーバッグ。ゆっくり茶葉からいれる時間と、使った茶器を洗う時間がなかなか持てないのです。

どうせティーバッグで飲むなら、おいしい淹れ方が知りたいと、今日は改めて調べてみることにしました。

▼これからの時期に作りたい「ティーソーダ」。かんたんでおいしいわが家の定番おもてなしドリンク。

おもてなしにぴったりの“ほったらかしドリンク”



jpg large


今回は、とっておき家事ノートを書く前に「くらしレシピノート」に読書ログをつけました。本で読んだ内容はこちらにまとめてあり、今3冊目が終わりそうなところです。

情報を死蔵させない、知識美人を目指したい。わたしのノートの使い方




▼今回参考にした書籍はこちら。
しあわせ紅茶時間
斉藤由美
日本文芸社
2016-01-08



こちらもKindle Unlimited対象なので選んだ1冊。
紅茶の基本書としてすごく楽しいなあと思いました。わかりやすく、装丁がかわいく、レシピに豆知識に...と情報がぎゅっと詰まった素敵な本でした。

このごろ、家族が寝たあと(かつ仕事関連が終わっていたら)に読書時間を作っています。ねむくなったら終わり。
子育てをしながらだと腰を落ち着けて本を読むのはなかなか難しいけれど、夜ならまとまった時間が取れるし、また、電子書籍にしたことで場所を取らないのも助かっています。紙の本もこれからも買い続けるけれど、内容によっては電子書籍、とうまく使い分けていきたいです。



365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修行』

5月10日 朝食と紅茶


▼0話目から読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




スウとの新婚旅行は国内だった。京都に4泊5日滞在したのだ。ほんとうは海外に行かないかと言ってくれたけれど、花夜子は日本から出たことがなくて、なんとなく不安だったのだ。

そういえば、スウと一緒に旅行をしたのは、あれが最初で最後だったなあと思う。長期休みはスウの実家に帰り、うちのお墓参りに行くだけで、旅行らしい旅行をしたことがないのだ。

でも、あのたった1度の旅行は、今でも花夜子のなかに色鮮やかに残っている。一緒に過ごした時間ももちろんだけれど、こまごましたところまで。たとえば、朝の空気の冷たさ、お店の人とのなにげない会話。引いたおみくじに書いてあったこと、雨のにおい。

中でもホテルの朝食のことが忘れられない。父と二人暮らしだったからか、そういえば家族旅行らしきものも記憶にはなくて、はじめてホテルの朝食バイキングに行ったときはとても感動した。色とりどりのおかずの中から食べたいものを選んで、盛りつけていく。

花夜子は美的センスがないからじょうずにのせられないけれど、ふと、向こうの席の若い女の子のお皿を見ると、芸術作品のように美しく盛られていて、それにも感激した。

あとは、飲みものがたくさんあって、選べるのが楽しい。花夜子は滞在中、決まったルールで選んでいた。1杯目は牛乳、2杯目はオレンジジュース。そして3杯目は紅茶だ。朝食に紅茶を添えるというのがなんだかおしゃれで素敵だと思ったのだ。

ふと思い立って、この間エリカちゃんがくれた、妊婦でも飲めるという紅茶を朝食に添えてみた。ここ最近の定番となっている、ハムエッグとサラダとパンというシンプルな朝ごはんなのだけれど、とたんにホテルの顔になった。

「今日はなんだかしゃれてるな」とスウが言う。花夜子はわくわくして「ホテルの朝ごはんみたいでしょう」と答える。
ああ、家事っていうのは、こうやって自分でクリエイティブに考えられるものなんだ。そう考えると楽しいな、と思った。

b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ
b_ornament_112_0L

▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというもの。
この本では紙のノートをすすめていますが、ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでもご自分にあったやり方でどうぞ。
また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込むよう心がけました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。
重版出来! 3刷です。


▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと