豚汁のときは、他にどんなおかずを作りますか。先日、私なりの「豚汁定食メニュー」を考えたのですが、それを微調整したお話。

そして後半では、新しく考えた献立決めをかんたんにするアイディア【今週の献立ミッション】についてご紹介します。



先日、こんな記事を書きました。

あなたの「豚汁を作るときの献立」は?



この記事では、ほかのおかずに迷いがちな「豚汁」のときの献立を考えたのがゴールです。

考えたのは、

【豚汁+白ごはん+厚焼き玉子+緑の野菜おかず】です。

このときは「厚焼き玉子」と「緑の野菜おかず」と書いていたのですが、もう少し自由度を上げてみることにしました。

ほんとうに微調整なのですが、

【厚焼き玉子 → たまごのおかず】という修正。


どうしてこんな微調整をしたかというと... たまたま残り物で何を作ろうか考えていて、

・豚汁
・白ごはん
・信田卵
・煮浸し

にしたら、とてもかんたんで、おいしかったからです。


image


「信田卵」というのは、先週の課題料理本だった『はじめての台所』に掲載されていた料理。

油抜きした油揚げを半分に切り、中にたまごを詰めて楊枝でとじ、出汁でことこと15分(とろりとした半熟がいい場合はもう少し短めでも)煮るだけ。
これがかんたんで、とてもおいしいのです!

私は白だしと塩だけで調味し、余った煮汁に「冷凍ミックス:(食べやすく切った小松菜&しいたけ)」を凍ったまま投入。ことこと煮て、煮浸し風にして添えました。

厚焼き玉子もよかったけれど、これはこれですごくいい。定食に入れたい! と思ったことから、今回の微調整です。




↑ 表紙の色が違うけれどたぶんこれ(自宅にあるのは黒い表紙)

image

>>今週の課題料理本とは?
ごはんしたくメソッド【冒険献立レシピ】」参照



長年悩んできた「献立作り」の悩みから解放されて、今は、「今週はどんなものを作ろうかな?」とわくわくしています。

新たなアイディア【今週の献立ミッション】


このツイートは、内容を汎用化させて(レシピくじは私に合わせたものなので)毎週月曜朝に自動配信するように設定しました。
もしご興味のある方は、フォローしていただければ、該当時間にタイムラインに表示されるはずです。



365日のとっておき家事 Story 『幽霊の花嫁修業』

8月11日 電話


▼0話目を読む/1日1話目安で更新しています
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




「花夜子さん、早く起きて」

紫鶴子さんの声ではっと現実に引き戻される。換気扇の向こうからかすかに風の音が響いてくる。外を見ると木が大きくしなるように左右に揺れていた。雲は真っ黒で今にも降り出しそうだ。

頭がぼうっとしている。花夜子はなんで眠っていたのだっけ。

「優花は?」

「大丈夫です、眠っていますよ。そんなに時間は経っていません」

「さっきから何度も電話が鳴っていました。いやな予感がします」と紫鶴子さんが言う。
「あなたが眠ったのと関係あるのでは?」

着信履歴は知らない携帯の番号からだった。
普段だったらかけ直さないけれど、着信の間隔の狭さと数を見たら、なにかが起こったことは一目瞭然だった。

恐る恐る発信ボタンを押す。

「花夜子さん?」

男の人の声。花夜子の身がぐっとかたくなる。

「俺です、エリカの夫の生駒です。エリカ、そっちに行ってませんか。帰ってないんです」

そのとき、花夜子は夢の内容を思い出した。まるで自分がエリカちゃんになったかのような、リアルな。

夢のことを言ってもたぶん信じてもらえない。何を伝えたら。
そうだ、一緒にいたのは花夜子と小学校と高校が同じだった貴美恵ちゃんだ。

「あの、エリカちゃん、ここのところ貴美恵ちゃんっていう子とよく会っていたと思います。連絡してみたらどうですか?」

「貴美恵... あ、この葛西貴美恵っていう子かな」

ページをめくる音がした。
ああ、まめな性格のエリカちゃんのことだから、万が一に備えたメモがあるのかもしれない、と花夜子はぼんやりと思った。

「そうです、葛西貴美恵ちゃん。
あの、場合によっては警察に連絡してみたほうがいいかもしれません。貴美恵ちゃんが、その・・・千字教団っていうところの信者だって小耳に挟みました」

ほんとうは夢のなかで見たことだけれど。花夜子は嘘をついた。

「わかりました、急にすみません。ありがとうございます」

一瞬、間があいた。それから慌てて彼は電話を切った。

ふと時計を見ると、まだ18時前だった。
現実に大事が起こっているから、結果的にはよかったけれど、この時間に帰っていなくてもそんなに心配する必要はないんじゃないかな、と、花夜子はすこし不思議に思った。


b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというもの。
この本では紙のノートをすすめていますが、ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでもご自分にあったやり方でどうぞ。
また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込むよう心がけました。

image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。
重版出来! 5刷です。

b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~