夫のクローゼット、何度整理しなおしてもリバウンドしてしまいます。

一番の問題は量が多すぎて、ぎゅうぎゅうに詰まっていることによる「戻しにくさ」。とはいえ、増えていく一方で、これ以上減らすつもりはないみたい...。

となると、なるべく量は維持しつつ、収納方法を工夫するしかありません。そこで、クローゼットを2段にし、デッドスペースとなっている下段にはスラックスハンガーでパンツ類をかけていくことにしました。

これから行う作業なので効果は未知数ですが、定期的に私が整理しなくてもいいようになれば...と思っています。



今日、11月22日のとっておき家事では《スラックスハンガー探し》をテーマにしました。

今日のとっておき家事ノート

image


今、パンツ類はパンツ専用のハンガーにかけています。
▼こうしたクリップ付きのタイプ。




このやり方だと、パンツの長さ分スペースが必要になります。
今まで2段にしなかった理由の1つがこれです。

そこで、ピンチ付きのズボンハンガーを使わず、パンツを2つに折りたたんで使えるスラックスハンガーを探してみることに。



これで必要な長さは半分になりました。

次に、2段にするためのアイテム探し。
つっぱり棒にしようかな、と思っていましたが、クローゼットのサイズを考えると、丈の長い服がきれいに収納できないので悩みました。

▼最終的に見つけたものとは違いますが、こういうイメージ。




”収納改革”は、きちんと計算してやってみても、うまくいかないこともあります(とくに自分以外のものの場合)。
それはネットに出ている商品情報だけではわからなかったデメリットがあったり(買ってみたらサイズが表記と違った!なんてことも)、家族の性格(後述)に合わなかったり、理由はさまざま。

今回は道具を買い足すのでこれまでなかなか踏み出せなかったものですが、定期的に整理しなおす大変さに比べたら...と思い切って購入してみました。


なお、クローゼット内の並べ方にも取り出しやすさがあります。夫婦で並べ方の好みが違うので、夫と私では分けています。
私は色別に並べるのが大切。夫は種類別に並べるのが見やすいようです。

▼私のクローゼットは毎週日曜日の「七色の家事」で整理と掃除をしています。
並び順を整え、ていねいにしまい、床置きしているものを出して掃除。

closet

夫のクローゼットもそうしたいのですが、今は定期的に「大整理」している状況...。
もう少し改善したいです。



365日のとっておき家事 Story 『ヒロインの親友』

11月22日 1時間早く起きてみる



▼0話目を読む/1日1話目安で更新しています
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/20162017.html




目を覚ましたとき、部屋の空気がぴんと張ったように冷たいと感じるようになった。色づく木々を見ているとまだ秋だという気がしていたけれど、昨日、クローゼットの中を冬服に変えた。

前にせり出してきたお腹のために、何をしていても息苦しさを感じていたのだけれど、眠るときはとくにひどい。枕を2つ重ねて、上半身を起こし気味にしてやっと眠れるけれど、夜中に何度も起きる。その反動で朝食をたべたあと眠気に襲われ、またふとんに戻るということをくり返していた。

子どもが生まれる前にしておきたいことや、しておくべきことがたくさんあるのに、何ひとつ満足にできない日々が続き、私は少しいらいらしていた。

ある朝、夜明け前に目が覚めた。ふとんから出たくなかったけれど、お手洗いをがまんできなくて、カーディガンを羽織り、なんとか脱出した。冷たい水で手を洗っていたら、気分がしゃんとしてきて、ついでに顔を洗い、髪をきゅっと結んだ。時計を見ると、いつもの起床時間より1時間早かった。

まずはお湯を沸かすところからスタートした。やかんの吹き出し口から、しゅんしゅんと温かい蒸気が出てくる。沸かしたお湯にティーバッグを放り込む間に、出産関連の手続きを調べてノートにチェックリストを作った。自分でやっておくこと、航くんに頼むもの。思いのほか集中して、少し濃くなってしまったハーブティーを口に含みながら、相楽シスカの ーー佐々木優のーー 小説を改めて読んだ。それから10分だけ体操をしてみた。

いつもより睡眠時間は短いはずなのに、その日は食後に襲ってくる眠気もなく、昼食のあとすこしの昼寝だけでだいじょうぶだった。そして何より、充実感があった。自分のやりたいことをやれたという満足した気持ち。やることに追われていて、しかもそれが終わらない。それがこんなにも気を塞ぐ原因になっていたとは思わなかった。

子育てがはじまると、そういう「やりたいことができない」という思いはますます強まるのではないだろうか。そういうときは、いつもより30分だけでもいい、早く起きてみることにしよう。そうして自分の時間を確保して、気持ちをリセットして。

母親だって人間なのだ。そうして自分で心の調律を重ねたほうが、きっと、いつも笑顔で子どもと接することができるに違いない。

b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

▼新刊12/8発売です。Amazonの予約がはじまっています。



▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというもの。
この本では紙のノートをすすめていますが、ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでもご自分にあったやり方でどうぞ。
また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込むよう心がけました。

image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。
重版出来! 5刷です。

b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~