今日、1月12日のとっておき家事では《レシピの管理フローを考える》をテーマにしました。

献立を決めるときに参考にするのは料理本だけではありません。ブログやWebサイト、twitterといったさまざまな場所に「作ってみたい!」と思うレシピがあります。

こうしたレシピの管理フローは著書でご紹介していますが、今回は「インターネットで見つけたレシピ」の管理を少し見直し、より具体的なやり方を思いついたのでご紹介します。


■この記事では「Evernote」というツールを使用しています。気になるサイトを簡単に保存でき、とても便利です。
■レシピをあとから探しやすくするための「ノートブック」と「タグ」の活用術についてまとめました。
■レシピ本を中心とした全体的な管理フローは「レシピくじ」については、著書『365日のとっておき家事』をご覧ください。
■レシピ動画はLINEで流れてくることが多いので、LINEのグループ機能を活用してまとめています。

※余談ですが、このブログの記事は1400以上あるため、過去のものが探しづらいというお声もいただきおます。気になった記事があればぜひカテゴリ別にEvernoteにまとめてみてください♪


*目次*
 今日のとて家事ノート
 みんなのとて家事3選



今日のとっておき家事ノート
18-01-09-19-19-54-738_deco

ネットで見つけたレシピは、まずEvernoteに取り込みます。最初は「Inbox」という場所に保存されます。これはメールでいうと「受信トレイ」のようなもの。ここから該当する場所に振り分けていき、なるべく「Inbox」は空にするよう心がけています。

▼私のおもな「ノートブック」の分け方
0112


レシピを取り込んだら、時間のあるときに整理します。
このように行います。

①ノートブック【レシピ[未]】に移動する
②タグをつける
※余力があれば「レシピくじ(著書参考)」を作っておく
③料理を作る
④おいしければ【レシピ[定]】に移動する
※その他のケースは著書参考



実際の中身はこちら。

011201

レシピ名は取り込んだままの状態だと長いので
すっきりと短くします。
タグは最初に記号(:や@)をつけると
入力するときに自動で候補が出てきます。
これは今とくに好きなyuuさんのブログ

タグの記号の意味はこんな感じ。

: …食材名
 例→:たまご :キャベツ
@ …レシピの作者や著者、カテゴリーなど
 例→@yuu (yuuさんのブログより)、@洋食、@漫画飯



で分けています。

レシピ以外にはこんなものも。

011202
家で生のとうもろこしを食べたことがありませんでした。
2年前にきちんと茹で方を調べたら
簡単で拍子抜けした記憶があります。
難しそうと思うことの多くは
「わからないから」なのでしょうね。

なお、twitterで見つけたレシピは、ツイートをスクショして、Evernoteに貼りつけます。

18-01-11-13-08-37-711_deco


IMG_-zh6mab
リュウジさんのレシピも
簡単でおいしくてすぐにやってみたくなります。

とっておき家事で調べた下ごしらえについては、このように写真をまとめて加工し、ひと目でわかるノートを作っておきます。こうすると調理のときにすぐ調べられて便利です。

このときはタグをつけていませんでしたが、つけるなら「@下ごしらえ」などでしょうか。


レシピ管理も流れを決め、試行錯誤をくり返すことで、年々献立決めに悩む時間が少なくなってきました。

みんなのとて家事3選








365日のとっておき家事 Story『√365』


▼0話目/目次
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html


次回の更新は1月8日予定です。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~