ラクにするためには「いつも同じものを買う・食べる」が鉄則だと考えています。
でもそれだけだと、ちょっと退屈なときもある。
だから、基本は「ラク」、時々「楽」を目指して、たまにいつもと違うものを探して楽しんでいます。

今日、4月2日のとっておき家事では《いつもと違うおやつを買ってみる》をテーマにしました。




子どもの頃の定番おやつに「こしあんのおだんご」がありました。串団子の上にこしあんがのっているもの。スーパーでも手軽に手に入ります。

ところが、今通っているスーパーのおだんごは、別なメーカーのもので、どうにも好きじゃない味なのです。そんなわけで「あんこ不足」に陥っているのでしょうか。このごろ、いつにも増して「あんこ」が食べたい気分です。

家でおしるこをつくったりもしましたし、数少ない手作りお菓子のレパートリーはあんこを使ったものが多いです。いちご大福やごま団子など。でも、くたくたになって帰ってきてから作るのはしんどい。

というわけで、今日のとっておき家事はとっても簡単な「買うだけ」「食べるだけ」テーマ。
いつもと違う「あんこのおやつを買う」にしてみました。


*目次*
 今日のとて家事ノート
 みんなのとて家事3選
 『√365』四月の雪



今日のとっておき家事ノート
DSC03360

2つ入手し、右側のパンを食べました。
白あんにほうじ茶パウダーを練り込んだ「ほうじ茶あん」。これもこれで、とてもおいしいのだけれど、シンプルなこしあんも食べたいな…というのが感想。

でも、デニッシュも大好きなので、たぶんこれからも買うと思います。

明日のおやつは「あんドーナツ」の予定。

おすすめの「こしあん」おやつがあったら、ぜひ教えてください。

みんなのとて家事3選

おつかれさまです! 洗濯機って、「洗濯」という別な家事が先にくるので、掃除はつい後回しにしてしまいますよね。

帰宅後の流れがスムーズで素敵です(*^^*)♡
朝~晩まで出かけるときは、炊飯器を予約してから出かけるようにしていますが、たまにし忘れると、一気に億劫になってしまいます。お米を炊くのって、簡単なことだけれど、先取りしておくと時間の使い方が変わりますよね!


イースターの伝統料理! 素晴らしいです…♡ とってもおいしそう。



『√365』-四月の雪

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん


▼0話目/目次
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html



人の波に惹かれて進むと、いつもと違う路地を曲がったところに、開けた公園があるのを見つけた。土手のふもとにあるその公園は、桜が満開だった。
近所のほかの公園と比べると、遊具の数は同じくらいだけれど、とても広い。
敷地内のあちこちで、ママ友同士らしい人たちがシートやお弁当を広げて、花見を楽しんでいた。

少し、気後れした。
この街に越してきて1年。支援センターにも日々通っているのに「その場限りではないママ友」が一人もできていなかった。

鞄の中には、今日も出番のなかったお弁当が入っている。
薄味で仕上げた肉巻きおにぎり、ゆでたブロッコリーとスナップえんどう、小さな卵焼き、ミニトマト、そしてうさぎりんご。

「駿ちゃん、お砂場で遊ぶ?」

息子はこくりとうなずき、私の手から砂場道具を受け取ると走り出した。
砂場の横にはベンチがあり、それを屋根のように覆う樹高の低い桜の木が植わっている。

おむつや着替え、おやつの入った重たいリュックを下ろし、私はやれやれとベンチに腰を下ろした。
駿は、小さな青色のバケツに、黄色のスコップで砂を移し替える作業を黙々と続けていた。

「あの~、ちょっとすみません」

ふと顔を上げると、いつの間にそばに来たのか、年配の女性が二人立っていた。

「お子さん、おいくつですか~? かわいいですね~」

「……」

「あ、急に話しかけてごめんね。知らない人から声かけられたらびっくりするよねえ。私たち、こういうもので、お子さんの教育についてなんだけど……」

差し出された名刺を受け取らず、「すみません、そういうのはお断りしています」と答えた。
相手はやや面食らったように「あ、前にも声かけたかな? ごめんね~」と言い、去っていった。


「まま」と、駿が抱きついてくる。少し怖い顔をしていたのかもしれない。

あの人にも、こうしてはっきりと言えたらいいのに。胸の中でくすぶっているもやもやした気持ちが再燃した。

「優しそう」だと言われることが多い。
でも、そういうふうに見えるのだとして、それで良かったと思えたことなんて一度もないのだ。

「優しそう」というのは、裏を返すと「利用しやすそう」「怒らなそう」「断らなさそう」などといった印象にも繋がる。
だから、こうした勧誘を受けるときも、相手はまっさきに私の所へやってくる。でも「優しそう」なのは見た目だけの話で、私は相手の話を聞く気はない。

さらに、「断らなさそうだ」と判断して近づいて来た人のなかには、予想と違う受け答えに逆上する人までいる。

まったくもって損なのだ。

このごろ、支援センターへ行くとき、アイラインを濃くするようになった。
それは、“ミミちゃんママ” と話すときのための、私なりの小さな鎧。

駿はもうすぐ2歳半になるけれど、言葉をあまり話さない。

気になるのは言葉が出ないことくらいで、物事の理解も早く、伝えたことはひと通り何でもできる。
だから私自身は、そこまで切実に悩んでいたわけでなく「個人差があるよね」くらいにしか思っていなかった。
周りにも特に不安だとか、困っているとか話したことがない。

今日、ついさっきのことだった。
彼女はきらきらした目をして言った。

「駿ちゃんって、全然しゃべらないじゃない? 専門家にみてもらったほうがいいと思うのよ。あと、どう? 家で声かけとかしてる?
ママが大人しくてしゃべらないから、言葉を話さないんじゃないかなっていう気もするのよね。ミミが2歳半の頃と比べると、ちょっと、ねえ?」

善意なのかもしれない。
でも、その言葉は、私の胸の奥を容赦なく刺した。責められているような気分になった。
まるで私のせいで駿がしゃべらないみたいじゃないか。

勧誘の女性たちに対してしたように、ばっさりと言えたらどんなにいいだろう。
私はそれからどうやってここまで来たのか、それさえ覚えていない。支援センターを出て、ふらふらと人の波に流されたら、この公園にたどり着いていた。

そのときだった。
風が吹いて、満開の桜が雪のようにぱらぱらと散りだした。

「まま、ゆき、ひらひら!」

駿が目を輝かせて、落ちてくる花びらの中でくるくると踊るように回った。
ふっと肩の力が抜けた気がした。ベンチから立ち上がり、駿の横で膝を降り、ぎゅっと抱きしめた。そして、一緒に空を見上げた。



b_ornament_112_0L

【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。


365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~