電車などで子どもに静かにしていてもらう。かんたんい見えて、私にとってはとても大変に感じられます。
(とくに地下鉄は絶望的……)

絵本を数冊持参してもすぐに読み終わってしまう。
飽きてしまう。

だから、1冊あれば、たくさんのことができる「クワイエットブック(Quiet Book)」を作っています。QUIETBOOK自体は、海外の「布絵本」のことのようです。


ノートで作ろうと思ったきっかけは、小学校のころの休み時間を思い出したこと。クラスの友だちと一緒に、自由帳を使って遊べるページを作っていたのです。

女子とは理想の部屋イラスト(基本はシャンデリアだった)や、着てみたい洋服のイラストを描いてファッションショーごっこ、それから、顔をパーツごとにいろいろ書き出して、それぞれに番号を振り、相手に選んでもらった番号からキャラクターを作る…なんていうのも。

女子だけじゃなく、男子と遊ぶのにも楽しい方法でした。たいてい迷路や、マリオのダンジョンイラストを作っていたように思います。それから、芯倒し(?)とか陣地とりだとか。


そのときのような、わくわくするノートを娘に作ってあげたい!
そこで今日、4月17日のとっておき家事では《クワイエットブック作り~パン屋さんページ~》をテーマにしました。

DSC03635
この見開き1ページだけで
3通りの遊び方ができます。


雑誌の切り抜きを使えば、不器用でも、絵が苦手でも、かんたんに遊べるページ作りができます。
逆にいうと、子どもの雑誌をすぐに捨ててしまうのはもったいない。「これは使えそう!」と思うものを切り抜いてから手放すようにしています。



*目次*
 今日のとて家事ノート
 みんなのとて家事3選



1.用意するものは2つだけ

用意するものは、

①折り紙
②マグネットシール(Daisoで購入)


だけ。

道具は、はさみとテープのりがあれば十分。
これだけあれば、今すぐ始められます。

2.基本の「仕掛け」の作り方


私の「QUIETBOOK」は、ほとんど1通りの仕掛けだけで作ることができます。

▼まずは基本の「キャラマグネット」の作り方。

IMG_20180417_145025_080

いろいろ試してみましたが、このやり方が一番ラクに感じられました。

素材を用意したら、マグネットシールをつけて、裏面を貼りつけて(ここは気にならなければ省略可能)、切り抜くだけ。


そして、ノート本体にも、このようにマグネットシールを仕込んでおきます。
こうすれば、貼りつけて遊ぶことができます。

DSC03629

キャラマグネットに、持ち物をもたせたいときは、持たせたい場所(下画像の★マーク部分)に、裏向きにマグネットシールを貼りつけます。

IMG_20180417_144513_905

なお、このパン屋さんページは、『めばえ 2018年 02 月号』の、ハローキティのパン屋さんシール遊びのページから、使えそうな素材を切り抜いて作ってあります。

IMG_20180417_145307_612


3.パン屋さんページでできること

このパン屋さんページでできることは3つです。

①お店に好きなパンを選んで並べて遊ぶ
②キャラマグネットを使ってお店屋さんごっこ
③お店の模様替え


めばえ 2018年 02 月号』の切り抜きを使えば、ほぼ同じようなものが作れると思います。
また、こうした幼児向けの知育雑誌は、QUIETBOOK作りのヒントになる仕組みがいっぱい詰まっています。アイデアはたくさんあるのだけれど、作るペースが追いつかず、もどかしいこのごろです。


4.その他のページをご紹介

DSC03589

DSC03585_noexif

DSC03590

DSC03586


最初の頃に作ったものたちは『遊べるページ』になりきれていませんが、後からでもすこしずつ付け足していけたらと思っています。

「クワイエットブック」その他のページについてさらにご覧になりたい方は、こちらの記事へどうぞ。
子どものために作る「QUIET BOOK」



Instagram(ノート専用アカウントのほう)にも載せていきます。


insta


みんなのとて家事3選










365日のとっておき家事 Story『√365』


▼0話目/目次
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html


次回の更新は1月8日予定です。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。


365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~