この記事では、ロート製薬の社員食堂『旬穀旬菜カフェ』に行き、はじめて薬膳料理を食べてみたお話について書いています。


今日、4月24日のとっておき家事では《薬膳料理を食べに行く》をテーマにしました。

DSC03703


去年から薬膳を勉強しています。

本を参考に作ることもあるけれど、いきなり食薬(薬膳の素材のこと)を購入するのもドキドキするので、なるべく家庭にいつもある材料で、手軽に挑戦できるものだけを試してきました。
実際にお店で食べてみたことはありません。


先日、仕事先の近くにロート製薬さんの社員食堂があることを知りました。しかも、提供されるお料理は「家庭薬膳」!

(自分が作ったのでない)薬膳料理をたべてみたい。
ランチメニューの写真を見てみて、課程でも挑戦できそうだ、
と、すぐに行くことを決めました。


最寄り駅はJR「浜松町」駅または都営浅草線・都営大江戸線「大門」駅。
駅からそんなに歩くわけではありませんが、場所は少しわかりにくい。曲がるところに看板がありました。

私はオープン時間の11時半を目指して向かいました。
席に座り、注文をすませ、ふと見ると満席。開店からまだ10分も経っていませんでした。次第に人が増え、12時を過ぎたところでどっと人が増えました。




*目次*
 今日のとて家事ノート
 みんなのとて家事3選



今日のとっておき家事ノート
DSC03702

今日のとっておき家事テーマは、出てきたメニューをしっかり把握して、家庭での料理に生かすこと。お料理が運ばれてきて「ああ、こういうのが作ってみたかった!」と感動しました。


娘が生まれてから、日々の食事は戦争のようで(!)、家でも、外でも、とにかく急いで、かきこむように食べることしかできずにいました。

だから、

「どんな調味料を使っているのかな? 」とか、
「変わった風味! 」とか、
「松の実ってこうやって使うのもありなんだ」とか…。

食材一つひとつを味わい、考えながら食べる時間は本当に久しぶりで、とても楽しかったです。

テーブル脇に添えられていたのが、こちらのメニュー表。お料理それぞれの解説が書かれていました。こういう紙ものを読むのって大好き!

DSC03708

味わうときの参考にもなりました。

さて、どれもおいしくて、ぺろりと平らげてしまったのですが(注文する前は、ブロッコリーって苦手なんだよなあ…とか、ウコン食べられるかなあ…とか、少し心配もありましたが)、中でもすごくおいしかったのがこちら。

DSC03707

キャベツのナンプラーサラダです。

ひと口食べた感想は「パクチー!」でした。次に「爽やか!」がぶわっときました。

そしてピーナッツとナンプラーのエスニックな風味。
爽やかな味ので、レモン汁とナンプラー、油、砂糖が入っているのかな? キャベツはゆでてある。パクチーはざく切り… などと、考えながらいただきました。

さて、家庭でも実践してみようと思ったところ、本が出ていました!



さっそく購入してみたら、このとっても美味しかった「キャベツのナンプラーサラダ」も掲載されていました。うれしい。

食べながら推理した材料・作り方の答え合わせと、実食を、今後のとっておき家事で行ってみるつもりです。


とっておき家事実行のヒント:
忙しい日は、外食をそのままとっておき家事に!




みんなのとて家事3選


そうなんです!外出時でも迷わずメニューを決められたら、買い忘れや、買い漏れがなくなるなあと思って。サイズ感がちょうどよさそうですね(*^^*)


定期的に見直したり、模様替えをしたりすると、気分もすっきりしますし、楽しいですよね。COROさんのイラストは本当に素晴らしいので大好きです!

昔、バイト先のおばさまに生の筍をいただいたとき、処理の大変さに驚いた記憶があります。お疲れさまです。今の時期、筍がたべたくなりますね^^






365日のとっておき家事 Story『√365』


▼0話目/目次
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html


次回の更新は月曜日予定です。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。


365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~