定番料理をおいしく作るためのセルフ実験を「家庭料理Lab」と題して、研究を重ねています。いま取り組んでいるのは「たまごやき」。
この記事では研究過程でわかった「卵焼きの3種の神器」と、日が空いて手順を忘れ始めてもおいしく作るための工夫「置き画リスト」についてご紹介します。

DSC05329


*目次*
 卵焼きの3種の神器
    ぬれ布巾
    ミニ計量カップ
    フライ返し
 要点がわかっても忘れていたら意味がない
 置き画リストにしよう
    置き画リストをつくると時間が貯まる
    これが卵焼きのための置き画リスト!
 みんなのとて家事3選



卵焼きの3種の神器

卵焼き作りを重ねるうえで「これは使いたい!」というアイテムが出てきました。これを「卵焼きの3種の神器」とします。

前提として。
卵焼き作りはざっくり言うと4ステップです。

①混ぜる…卵と調味料を混ぜる
②熱する…フライパンを熱く熱します
③入れる…卵を入れて焼きます
④巻く…卵を巻きます

でも実際には、それぞれの手順に細かなコツがあります。そして、それを守っていないとうまくいかないのだとわかりました。
そうしたコツを少しでもかんたんにするために使えるものを(忘れないために)「3種の神器」としてセット化したのでご紹介します。

ぬれ布巾

ぬれ布巾を使うタイミングは②「フライパンを熱する」ときです。
フライパンをしっかり高温にしたあと、一度、ぬれ布巾のうえで冷まします。これによって焦げにくくなるそうです。


ミニ計量カップ

「ミニ計量カップ」を使うタイミングは、③「卵液を入れる」ときです。

卵液は3分の1ずつ入れます。でも、ボウルから直接入れると入れすぎてしまったり、逆に足りなかったり……。

そこで「ミニ計量カップ」の出番です。

abe601cc-s
画像右側のがミニ計量カップ。
キャンドゥで購入したもの。

まずは卵液の量を計ってみました。

たまご2個+調味料で作った卵液は約150mlでした。
(※たまごの大きさや調味料の量によって変わるとは思います)

では、その3分の1は……?
50mlです。

つまり、たまご2個で卵焼きをつくるとしたら、50mlずつ卵液を入れていけばいい

ここで登場するのが「ミニ計量カップ」。これは大さじ3まで目盛りがあるため、それを少し超えるくらいまで入れると50mlになります。

だから、まずボウルに卵液を用意して、卵焼き機に入れる前にこのミニ計量カップにざーっと注いで計量しておきます。

そうしたら、その中身をすべて注げばいいだけなので、もたつくことがありませんし、入れすぎや足りないというのを防げます。

※ただし、たまご4個でつくったとき、100mlずつ(計量カップ2回分)入れて作ったら、分厚すぎて気になったので、3分の1ずつ入れるよりも「50mlずつ」というところを重視して再チャレンジするつもりです。


フライ返し

「フライ返し」を使うタイミングは④「卵を巻くとき」です。

これは漫画『キッチンの達人』を読んで取り入れたこと。
たまごを巻くときに、菜箸でやろうとするとむずかしいのですが、フライ返しだとたまごを破かずにさっと巻きやすいのです。


要点がわかっても忘れていたら意味がない

先日のとっておき家事と、今日行ったものとで、「要点」がしっかりわかってきました。実際、「たまごやきレベル」も少しずつ上がっているように思えます。でも、ここで研究をやめると、たぶん「一時的にうまくできた」で終わってしまう。

過去にも「スクランブルエッグ研究」や「目玉焼き研究」をしたことがあります。
一時期はものすごくおいしく作れていたのだけれど、久しぶりにつくるとどうもうまくいかない。せっかくわかった「要点」を忘れてしまうからです。ブログにまとめてありますが、それを検索し直すのも面倒です。

とくに卵焼きは、これまで挑戦した「スクランブルエッグ」などとは比べ物にならないくらいたくさんの「コツ」があり、すべてを覚えきるのは難しそう。

そこで、まずは「置き画リスト」を作ってみることにしました。


置き画リストにしよう

「置き画リスト」は、ものを置いた状態で上から見て撮った写真(置き画)を、リストとして使うアイデアです。

置き画リストをつくると時間が貯まる


置き画リストをつくると「迷う・探す・悩む」時間がなくなり、むだにしていた時間を貯めることができます。

たとえば、朝のメイク時間を短縮できます。
私が朝使うコスメは20種類以上。工程もそこそこ多いのですが、15分以内には終わります。

以前は30分以上かかっていました。
でも、子どもが生まれたので急ぐようになったこと、そしてコスメ版「置き画リスト」を作ったことで半分ほどの時間でできるように。

使う順番に並べたコスメを写真に撮っただけ。でも、この通りに並べるだけで「すぐメイクできる状態」が整います。

その都度コスメを出すときは「えーと次は」「ここまで終わったから…」と、一度思考を止めて考える時間が入っていました。むしろ、メイク時間の多くをその「もやもや時間」が占めていたのです。
でも、あらかじめ準備しておけばそのむだな時間をカットできます。

さらに、準備する時間の「次に使うものは…」と悩む時間も、ビジュアル化してある置き画リストがあることでなくせるのです。

これが卵焼きのための置き画リスト!

では、私がつくった「卵焼きの置き画リスト」をご紹介します。

tamago


今回はExcelで図を作ってみました。

「絵が苦手だからこうした記録ができない」というお悩みをよくお聞きします。
でも、写真で撮るだけだったり、パソコンが得意であればこうした図を作るとかんたんで楽しいです。私自身、5年ほど前は手描きイラストでなく、こうしたExcel図で作っていました。


こうした使うものを使う場所に並べた状態の図「置き画リスト」があれば、準備はずっとかんたんで、早くなります。

見たまま出して、置くだけ。
考える時間をなくせば、ずっと早くできるはずです。


▼少しずつ、ましになってきました。卵焼きって奥が深いです。

DSC05308

DSC05325

DSC05329




365日のとっておき家事 Story『√365』

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん

おまけで毎週月曜日に更新している1話完結の家事小説です。
▼0話目・目次はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html



みんなのとて家事3選










b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~