近年、「ものを減らすと快適になる」という考え方が一般的になってきました。私も全面的に賛成です。

ただ、家事効率の面からいうと、実は多いほうが時短に繋がるものもいろいろあります。

「洗濯かご」もそのひとつ。
3つのシーンで活躍してくれるのです。

*目次*
 シーン① 仕分け時間を減らす
 シーン② 干す時間を減らす
 シーン③ しまう時間を減らす
 洗濯かごの選び方
 みんなのとて家事3選



シーン① 仕分け時間を減らす

複数持っていると、仕分けにかかる時間が減ります。

色物、くつした、下着、白いもの...など、家庭のルールと同じ数だけかごがあれば、指定の場所に入れるだけで自動的に仕分けが完成。

わが家は2つしかありませんが、「ネットに入れる」と「入れない」でざっくり分けるだけでもかかる時間はかわります。


シーン② 干す時間を減らす

干すときは、「干すアイテム」別にかごを使います。

たとえば、わが家では「ピンチで留める」「ピンチで留める(小物類)」「ハンガーにかける」の3つのアイテムを使って干します。

そして、洗濯機から洗った服を取り出したら、2つの洗濯かごに「ピンチ用」「ハンガー用」に振り分けながら入れていきます。

こうすると、干すときにその都度「これはこっちで、これはこっち…」と迷ったり、移動したりすることがなくなります。

なお、干すのに使う道具にもよりますが、振り分けるときに数を確認するのもおすすめ。ハンガー干しをするわが家では「ハンガー5個を出してからはじめよう」というように、事前に必要量を出せるように。

ピンチに干す場合も、数がわかっていれば、「ひとつだと干しきれないから、こちらにも振り分けよう」と判断できます。



シーン③ しまう時間を減らす

取り込んだ洗濯ものは「しまい方別」に洗濯かごに振り分けていきます。

たとえば、わが家の場合。まずはハンガーにかけたものをそのままクローゼットへ片づけます。

仕分けが必要なのは「たたむ」ものたち。
「娘の服(肌着、普段着、寝間着、くつした)」「お食事エプロンなど」「夫の寝間着」「私の寝間着」「タオル」です。

これらを「洗面所へ運ぶもの」と「この部屋に残すもの」に分けてからたたみはじめます。

すべてをまとめてかごに入れて、一つずつたたんだあとに場所別に振り分ける方法もありますが、あらかじめ振り分けてからたたむほうが早く終わるように感じます。


洗濯かごの選び方

洗濯かごを増やすときは、同じもので、重ねられるものが場所を取りません。
わが家で使っているのはこちら。左はハンガーに干すもの、右はピンチで干すものと、干す前に振り分けた状態です。

DSC05764

ただ、使ってみて気づいたのですが「ラウンド型」はあまりおすすめできません。やはり「丸」より「四角」のほうが片づけやすいからです。

なお、置場所をしっかり取れるのであれば、積めるスタッキングタイプでもいいかもしれません。



365日のとっておき家事 Story『√365』

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん

おまけで毎週月曜日に更新している1話完結の家事小説です。
▼0話目・目次はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html



みんなのとて家事3選

本日おやすみ。





b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版! 6刷です/


b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。



この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村


*ご依頼・メッセージはこちらから

お問い合わせフォーム



▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。
お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。
書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~