暮らしを楽しく、かんたんにする魔法の質問集「#ゆるプランニング」で、毎日の計画づくりをサポートしています。そのほか気になる情報や気づきなど、ジャンルを問わず発信中。

b_ornament_112_0L


今年から、家計簿アプリの利用をはじめました。
手書きのノート、Excel入力、Excel自作シート……と、過去のとっておき家事でいろいろやってみるも、いっこうに続かなかった家計簿。5月の時点でまだ続いています。


「ある程度定期的にやってくる大きめの出費」の考え方


家計を「見える化」できるようになったら、いろいろな気づきがありました。その一つが、ある程度定期的にやってくる大きめの出費です。

イベントやお付き合い、税金などのような「特別費」ではありません。(※これについては後日)

たとえば……

・美容院(私は2ヵ月に1度カラー+カット/夫は3週間に1度カット)
・衣類の購入(毎月買うのではなく、大体1シーズンに1回まとめて購入)
・コンタクトレンズ(夫は年に1度まとめて購入)


こうしたものは、月によってまちまちです。すると、せっかく「生活費」を節約していても、こうした出費のせいで全体像が見えにくくなってしまいます。


そこで、こんなふうに考えてみました。
①「ある程度定期的にやってくる大きめの出費」を把握する
②年間予算を12分割して「1ヶ月分の積み立て金額」を決める
③毎月の収入から積み立てをしていく
④実際に使用する
⑤余ったものを貯金に回す

こういうふうに積み立てをしてみると、毎月の「生活費(食費や日用品、その他雑費など)に回せるお金は少なくなります。
なるべくその中でやりくりをしつつ、積み立てで余ったものはさらに貯金に回せたら、ずいぶん節約になるのでは、と期待しています。


また、いただいたまま眠っている商品券や図書カードなどが割とあります。こうしたものは被服費や子どもの本・おもちゃ費の積み立てと組み合わせたら良さそうだなと考えています。

毎月の積み立てはそのまましていき、実際にお金を使うとき、商品券や図書カードを持っていく。それを使うことで実際に使うお金が減るので、残りは貯金へ回す。

こういうイメージです。


「積み立てログ」でこつこつ記録する


さて、今回は「積み立てログ」というノートを作ってみました。


PhotoGrid_1557322601764


これは「魔法の家事ノート(コト)」として作ったものです。
でも、これから家計の分析をするためのノートを作っていきたいと思っているので、量が増えた場合は「魔法の家計ノート」として独立させるかもしれません。


魔法の家事ノートについては、『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社)をご覧ください。

時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!8刷です/







さて、積み立てログの作り方をご紹介します。


①まずはタイトルを書きます。

私は左上に書くよう統一しています。著書ではさまざまなタイトルラベルがあり、位置もバラバラだったりしたのですが、ノートが増えていくにつれ「見にくさ」が気になってきました。なので、書く位置とラベルの形を統一するようになりました。

01_1

②枠線を引く

01_2

A5サイズのルーズリーフを使ったとき、右から6cm分、5mm幅の線を引いていきます。こうすると「12ヶ月分」の記録欄が作れます。

01_3


③表の項目を書き込みます

01_4

左から「積み立ての理由」「メモ欄」「金額欄」「毎月の積み立て状況チェック欄」となります。
積み立て状況チェック欄については、専用のアイコンを決めておくと便利です。

01_5


▽こんなふうになりました!

01_6


積み立てそのものは挑戦したことがありますが「今月分ってもう封筒に入れたかな?」などと迷ったことで挫折。月に1度、このページを見ながらやっていくことで習慣化を目指します。

毎日家計簿を手書きするのはむずかしいので日々の記録はアプリを利用する。そして、ただ記録するだけじゃなく「これからどうするべきか?」を知りたいので、月に1度程度、ノートを使ったチェックや分析をするのならできそう。

そういう考えでノート作りをはじめました。この他にもいろいろなページを考えています。いずれも「ラクに」続けられるがモットーです。

***


家計管理はとても苦手な家事のひとつです。でも、自分の理想のやり方(手書きや自作Excelシート)にこだわるのをやめて、アプリを導入してみたことで、どんどん改善点が見えてきました。

わたしの今年の目標のひとつが、家計管理をなんとか軌道に乗せること。無理せず、浪費をせず、ある程度楽しくやっていく。そんなヒントが見え始めてきました。

今年は転居などのライフスタイル変化もあり、これまででも一番お金を使う1年になりそうです……。

そして、予定されていることだけじゃなく、大きな買いものも計画しているので、後悔しないよう、不安にならないように、しっかりとお金と向き合っていこうと思っています。


b_ornament_112_0L

【SNS】 ---各種SNSについて-のご紹介--

Twitter

Twitterでは、日々気づいたことや、気になるレシピ、サイトなどをつぶやいています。ブログに載らない情報のほうが多いです。



また、答えるだけで計画が完成する”ゆるプランニング”も定期配信しています。毎日の計画のほか、曜日ごとの計画なども。ただし、手動なので忘れることもあるかもしれません。また、投稿時間は一定ではありません。




Instagram(@rinca_fukafuka)

メインアカウントでは、写真とミニコラムを載せています。ちょっとした家事ネタなどが多いです。

\Click/
insta



Instagram(@rinca_note)

ノート専用のアカウントです。ほとんどの投稿は右→左の順で1段1テーマとなっています。

\Click!/
note


note


家事以外のことを雑多に書いています。基本的には実用ネタ。
「続けられる自分になる魔法」「時間術の公式」「こころの調律法」など。
そのほか日々の暮らしで思いついたことのエッセイや、こちらにも載せている家事小説なども。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---


もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!7刷です/







b_ornament_112_0L



お仕事のご依頼をお考えの方へ
●お問い合わせをいただく前に、必ず下の「ポートフォリオサイト」をご確認ください。お受けしているお仕事や、お受けできないことなどをまとめてあります。お問い合わせ用フォーマット等もございますのでぜひご利用ください。
port
読者さんへ
●読者さんからのご質問・メッセージはこちらからどうぞ。
otoiawase

・ご質問等への回答はブログ上で行っています。個別のお返事は差し上げておりませんのでどうかご了承ください。

・個人の方は、本名や電話番号の記載は不要です。お名前に関しては掲載可能なものをお書きください。判断がつかない場合は、お名前イニシャルを記載しております。

個人様向けサービス(整理収納サービスやお悩みコンサルティング等)は承っておりません

・TwitterやInstagramなど、SNSからのご質問・ご要望は受け付けしておりません。(※見逃してしまうためです)

b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


みんなのとて家事3選





365日のとっておき家事 Story『√365』

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん

おまけで毎週月曜日に更新している1話完結の家事小説です。
▼0話目・目次はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村