暮らしを楽しく、かんたんにする魔法の質問集「#ゆるプランニング」で、毎日の計画づくりをサポートしています。そのほか気になる情報や気づきなど、ジャンルを問わず発信中。

b_ornament_112_0L

魔法のやりくりノート」と名づけたノートを作っています。記録することそのものではなく、家計簿でもありません。家計を良い方向に整えていくのが目的のノートです。

手帳タイプの綴じノートを使用し、1年で1冊書いていきます。使用しているのはダイソーの「MONTHLY Free Schedule」。今回はフリーページの使い方として思いついた【特別費ページ】についてのご紹介です。

なんだかんだで毎月出てくる「特別費」。
1年分を把握しておきたいな、と思ったので「特別費リスト」を作ってみました。

PhotoGrid_1558229165597

今回の記事では、2つのノートが登場します。

①魔法の家事ノート
暮らしにまつわるすべての情報(あとで調べ直しそうなこと)をまとめたノートのことです。バインダーとルーズリーフを使って作成。基本的にずっと保存していきます。もっと詳しく知りたい場合は『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社)をご覧ください。

②魔法のやりくりノート
1年で1冊つくる家計分析のためのノートです。記録するよりも「分析する」が目的となっているノートです。手帳タイプの綴じノートを使用します。必要な情報だけ残して、3年くらい経ったら処分しようと考えています。




まずは「家事ノート」に「ベース」をつくる

今回作成する「特別費カレンダー」は、「この時期にこんな内容でこれくらいの出費があるよ!」という目安にするためのページです。

だから、魔法の家事ノートのなかに作っていきます。

こちらが完成像。円を描いて、時計のように12分割したもののまわりに、各月の特別費メモを貼りつけた形です。

DSC01965


特別費メモのつくりかた

メモ帳を使って折りたたみ式のメモを作ります。(※もちろん直接書いてもOK)

メモは縦横それぞれ2回ずつ折ります。するとこのように16等分のメモになります。
表にはこんなふうに月名を記入。(※数字でOK!)

DSC01960

ひっくり返して…

DSC01961

左側に内容、右側に金額を書き込みます。


16等分したメモですが、2マス=1月分として、8つに切り分けます。これで8ヶ月分のメモの完成です。

DSC01962


まとめ
表に「月名」、
中(左側)に「内容」、
中(右側)に「金額」
を記入します。

ずっとあるものはボールペンで書きますが、変わっていく可能性のあるものは鉛筆書きです。たとえば「お年玉の金額」「賃貸物件の更新料(※たとえば引っ越したら時期が変わる)」などです。


DSC01965

上にも書いていますが、「魔法の家事ノート」に書く内容は、半永久保存する情報がほとんどです。だから、ここは「ベース」として考えます。

たとえば「~月に~さんの結婚式があるからこれくらいかかるな」とか「~月に旅行しよう」といった、その年限定の情報は書きません。これを書くのが「魔法のやりくりノート」のほうです。


魔法のやりくりノートには今年の予算を書く

では、その1年限定の情報を含めた「今年の特別費全体像」をどこに書くのか。それが「魔法のやりくりノート」です。

マンスリーページではなく、フリーページのほうに欄を設けて書きます。



ノートを12分割します。こちらのノートをお使いの場合は、左右から8マス分、上下は7行ごとに区切るとちょうど12分割になります。

DSC01939


▽完成図はこちら!
(※これは公開可能な部分まで書いて写真を撮った状態なので、このあとにもっといろいろ書き込んでいきます)

37


1マスにつき1月分の情報を書きます。

左側に内容を、
右側に金額を。

そして1番下に年間予算を記入します。(ここでは省いています)



毎年「調べる」「考える」をなくす

来年以降の作業手順も考えておきました。

①今年の年末または来年の年始に、「魔法の家事ノート」に作ったベースのページを見直す。
・新しく追加する項目はないか?
・金額の変更はないか?

②「魔法のやりくりノート」に来年度分の特別費リストを書く。ベースのページを参考にしつつ、「今年だけかかるお金」をどんどん書き込んでいく。



ベースのページがなければ、毎年「これは今年は払わなくていいものだった」というように頭の中で取捨選択しながら書き進めていく必要があるはずです。

でも、あえて「ベース」と「今年」のページを分けたことにより、考える時間がぐっと少なくすみます。実際にやりくりノートに書き写してみて感じました。



ノートを作るとき、大切なのは「目的」です。今回は「ひと手間かかってもいいから、結果的にラクをして、かんたんに予算を把握したい」を軸に据えました。

2ヵ所に書くのは大変そうに見えるかもしれませんが、たぶん、来年度以降の作業は格段にラクなはずです。いつもと同じ。「まずはやってみます」…!




▽やりくりノートについてもっと詳しく知りたい方はこれまでの記事をご覧ください。

PhotoGrid_1557322601764

PhotoGrid_1557321445890

PhotoGrid_1557320066002

PhotoGrid_1558499902535



b_ornament_112_0L

【SNS】 ---各種SNSについて-のご紹介--

Twitter

Twitterでは、日々気づいたことや、気になるレシピ、サイトなどをつぶやいています。ブログに載らない情報のほうが多いです。



また、答えるだけで計画が完成する”ゆるプランニング”も定期配信しています。毎日の計画のほか、曜日ごとの計画なども。ただし、手動なので忘れることもあるかもしれません。また、投稿時間は一定ではありません。




Instagram(@rinca_fukafuka)

メインアカウントでは、写真とミニコラムを載せています。ちょっとした家事ネタなどが多いです。

\Click/
insta



Instagram(@rinca_note)

ノート専用のアカウントです。ほとんどの投稿は右→左の順で1段1テーマとなっています。

\Click!/
note


note


家事以外のことを雑多に書いています。基本的には実用ネタ。
「続けられる自分になる魔法」「時間術の公式」「こころの調律法」など。
そのほか日々の暮らしで思いついたことのエッセイや、こちらにも載せている家事小説なども。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---


もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!7刷です/







b_ornament_112_0L



お仕事のご依頼をお考えの方へ
●お問い合わせをいただく前に、必ず下の「ポートフォリオサイト」をご確認ください。お受けしているお仕事や、お受けできないことなどをまとめてあります。お問い合わせ用フォーマット等もございますのでぜひご利用ください。
port
読者さんへ
●読者さんからのご質問・メッセージはこちらからどうぞ。
otoiawase

・ご質問等への回答はブログ上で行っています。個別のお返事は差し上げておりませんのでどうかご了承ください。

・個人の方は、本名や電話番号の記載は不要です。お名前に関しては掲載可能なものをお書きください。判断がつかない場合は、お名前イニシャルを記載しております。

個人様向けサービス(整理収納サービスやお悩みコンサルティング等)は承っておりません

・TwitterやInstagramなど、SNSからのご質問・ご要望は受け付けしておりません。(※見逃してしまうためです)

b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


みんなのとて家事3選





365日のとっておき家事 Story『√365』

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん

おまけで毎週月曜日に更新している1話完結の家事小説です。
▼0話目・目次はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村