暮らしを楽しく、かんたんにする魔法の質問集「#ゆるプランニング」で、毎日の計画づくりをサポートしています。そのほか気になる情報や気づきなど、ジャンルを問わず発信中。

b_ornament_112_0L

引っ越しが近づいてきました。
スムーズに行動できるように、専用のノートを作っています。


▽使っているのは、ダイソーのスケジュールノート。ある程度期間を限定したもので1テーマ1冊作るととても使い勝手が良いです。

スケジュールノート



今回は、見積もりのためにページを作りました。


①見積もりの備忘録ページ

見積もりをお願いするにあたって、聞いておきたいことをまとめるページです。

DSC02741


たとえば、わが家だと、車の陸送をお願いする必要があります。

また、家具や家電も処分したいと思っています。基本的には粗大ごみとして自分たちで処分します。でも、ソファのような運び出すのが大変なものは、当日引っ越し会社さんが来たときに、そのまま処分してもらえたら便利だなあと思っています。

実際に見積もりに来てもらったときに、質問忘れがないように、見積もりの備忘録ページを作りました。
訪問見積もりのときには、このページを参考に質問をしていきます。

DSC02742

なお、実際に見積もりを終えてみて「これを事前に把握してばよかった」というような気づきを下部にまとめてみました。

DSC02743


なお、1年以内にもう1度引っ越し予定なので、右側のページは次回使えるように空白にしてあります。

DSC02741



②見積もりの比較ページ

長距離引っ越しは2度目です。

以前の記憶から「大体これくらいだろう」と想像していた金額があったのですが……

実際に見積もりをしてみたら、料金が過去の経験から想像していた金額を大きく上回るような値段。いったい、今の部屋の家賃何ヶ月分必要なんだろうーー、と、昏倒しそうなくらいでした。


そこで慌てて複数の会社に見積もりをすることに。比較するためのページを作ったのがこちらです。


業者名はあいうえお順ですが、
見積もりに来てもらった順番にしたほうが良かったかも。

DSC02739

作り方はかんたんです。

見積もりする会社数+1つ分の枠ができるように縦線を引きます。私は4社にお願いしたので、5つ分の枠をつくりました。

左端には、比較したいテーマを書き込みます。費用やサービスなどです。それに沿って、各会社ごとに内容を書いていきます。


費用欄は2~3段作っておくと良さそうです。
自宅に来てもらって最初に出してもらった見積もりから、その後下がったので2段必要だと思いました。

が、「2~3段」としたのには理由があります。
自宅に来てもらう前の、事前の概算金額も記入する場合を考えて3段にしました。



実は今回は「直接の問い合わせ」をしたあとに、料金の高さに焦り、相見積もりをお願いしました。

相見積もり(一括見積り)をお願いしたところ、業者さんからメールで概算が届きました。そのメールに気づいたのはだいぶあとになってから。その時点ですでに複数の見積もりをすませていました。

他社に提示された見積もり金額の10分の1以下の値段だったのです。概算とはいえ、長距離であることや荷物量などを入力していたことを考えると、いくらなんでもそんなことはありえません……。
むしろ、都内の引っ越しでもそんなに安くはないだろう、というような値段でした。

ただし、この部分を最初に書き込むのであれば、3段必要かな、と感じました。



③見積もりポケット

裏表紙に、見積書と名刺を入れるためのポケットをつくりました。

このノート1冊あれば引っ越しのことがすべてわかるような状態にしたいのです。そのため、見積もり書などもファイルに入れるのではなく、ここに集約することに。

DSC02744

DSC02745

折り紙を折って貼るだけなのでかんたんです。


なお、最終的に決めた業者さん以外の書類は、一応スマホに画像で保存してから処分しました。こちらの見積書等も、引っ越しが終わったらそのようにします。Evernoteに入れておき、次回の引っ越しの参考にするためです。

でも、そのためにかさばる紙は要らないな、と思っているので、引っ越し後にはこのポケットは空になる予定です。

***

面倒くさがりな性格なので、これまでの引っ越しでは、相見積もりをお願いした経験はありません。
話を聞くうちにわからなくなってしまいそうなので、こうしたページを作ってみました。


でも、相見積もりをお願いしてよかったです。最終的には、昏倒しそうになったような金額から10万円ほど安くなりました。



▽引越し前の手続きリストページについてはこちらへ。



▽折り紙で作るかんたんなノートカバー。



b_ornament_112_0L

【SNS】 ---各種SNSについて-のご紹介--

Twitter

Twitterでは、日々気づいたことや、気になるレシピ、サイトなどをつぶやいています。ブログに載らない情報のほうが多いです。



また、答えるだけで計画が完成する”ゆるプランニング”も定期配信しています。毎日の計画のほか、曜日ごとの計画なども。ただし、手動なので忘れることもあるかもしれません。また、投稿時間は一定ではありません。




Instagram(@rinca_fukafuka)

メインアカウントでは、写真とミニコラムを載せています。ちょっとした家事ネタなどが多いです。

\Click/
insta



Instagram(@rinca_note)

ノート専用のアカウントです。ほとんどの投稿は右→左の順で1段1テーマとなっています。

\Click!/
note


note


家事以外のことを雑多に書いています。基本的には実用ネタ。
「続けられる自分になる魔法」「時間術の公式」「こころの調律法」など。
そのほか日々の暮らしで思いついたことのエッセイや、こちらにも載せている家事小説なども。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---


もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!7刷です/







b_ornament_112_0L



お仕事のご依頼をお考えの方へ
●お問い合わせをいただく前に、必ず下の「ポートフォリオサイト」をご確認ください。お受けしているお仕事や、お受けできないことなどをまとめてあります。お問い合わせ用フォーマット等もございますのでぜひご利用ください。
port
読者さんへ
●読者さんからのご質問・メッセージはこちらからどうぞ。
otoiawase

・ご質問等への回答はブログ上で行っています。個別のお返事は差し上げておりませんのでどうかご了承ください。

・個人の方は、本名や電話番号の記載は不要です。お名前に関しては掲載可能なものをお書きください。判断がつかない場合は、お名前イニシャルを記載しております。

個人様向けサービス(整理収納サービスやお悩みコンサルティング等)は承っておりません

・TwitterやInstagramなど、SNSからのご質問・ご要望は受け付けしておりません。(※見逃してしまうためです)

b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2018年12月です。


b_ornament_112_0L


みんなのとて家事3選





365日のとっておき家事 Story『√365』

IMG_20180501_202404
CharacterDesign & Illustration : イラストレーター・ねこがえるさん

おまけで毎週月曜日に更新している1話完結の家事小説です。
▼0話目・目次はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/route365/0.html




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村