暮らしを楽しく、かんたんにする魔法の質問集「#ゆるプランニング」で、毎日の計画づくりをサポートしています。そのほか気になる情報や気づきなど、ジャンルを問わず発信中。

b_ornament_112_0L

長期休みや休校で子どもが1日中家にいるときの過ごし方について質問をいただきました。
私は「子どもの時間割」を作っています。そして、それを参照しながら1日過ごしていくと、ずいぶん気が楽になります。

片づけるときを考えてみてほしいのですが、何もないだだっ広い空間に片づけるのって案外難しいものです。ただ置くことしかできません。でも、収納を使って適切な仕切りがあれば、決められた場所に戻すだけでいい。

時間の使い方も同じです。「適切な区切り」があれば、びっくりするくらい過ごしやすくなります。そのために必要なのが時間割です。


_DSC2582

©︎難波雄史

大人の家事の時間割については、著書『もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割』(扶桑社)で詳しく書いています。
こんな感じのものです。

jikanwari2

1時間ごとにテーマと3つのメインクエストを決めてあります。
ただし、子どもの時間割はまた違った作り方をします。こんな感じです。ざっくり説明すると、1時間1テーマです。そして、生活パターンごとに作るのですが、基本の1日を決めてあれば、あとはアレンジするだけなのでかんたんです。



jikanwariko



食べる・寝る・おふろの時間固定からスタート

まず、作るときは、「絶対に動かないもの」から埋めていきます。具体的には食べる・寝る・お風呂です。この時間を固定しておくと過ごしやすくなります。




「いっしょタイム」と「じぶんタイム」を分ける

次にポイントになるのは、「いっしょタイム」と「じぶんタイム」を分けることです。

「いっしょタイム(♡)」は、親がしっかり関わっていくような時間です。いっしょに遊ぶ、音読を聞く、宿題をみてあげるなど。

そして、「じぶんタイム(☆)」は子どもが基本的に自分で過ごす時間です。ひとりあそびをする、自習をする、テレビを見るなどです。


娘は3歳なので、いっしょタイムが多く、家事をするためにじぶんタイムを入れています。小学生だったら「じぶんタイム」がメインになっていくと思います。

そして、「いっしょタイム」や「じぶんタイム」には、過ごし方の具体例を入れておくと便利です。子どもがしたいことがあれば変えていいのですが、「たとえば、こんな過ごし方」というのを決めておくと、迷わずに動けます。



過ごし方例を作っておくとはかどる

たとえば、私は1時間ごとに2パターンずつの過ごし方を入れています。

家事をしている間の「じぶんタイム」は、テレビを見せるだけじゃなく、パズルやおえかき、ぬり絵などなら娘が1人で静かに取り組めます。また、おてつだいが好きな子なので、掃除や料理のてつだいをお願いするのも一案です。

「いっしょタイム」の過ごし方は、自分のために入れています。娘が好きなことを選んでもいいのですが、日によっては疲れていたり、下の子次第でできなかったりもするからです。まずはここに書いてあるものを提案するところからはじめます。



年齢が上がったら1時間3クエストを入れる


娘は3歳なので、1時間1テーマでゆるい時間割になっています。
でも、たとえば小学生のお子さんで、勉強の時間が必要な場合。大人と同じような3クエストが使いやすいです。



たとえば、

14時 勉強 ~  宿題1ページ / 漢字ドリル3ページ / 机の片づけ

というように設定してあげます。



このときポイントとなるのは3つ。


①なるべく具体的な数字を入れてあげる

何ページやるというような数字を入れてあげると進めやすくなります。そのために、勉強内容を一緒に確認して、どんなクエストが作れるかを付箋に書くところからはじめると良いと思います。


②動く作業を加える

机の片づけやちょっとしたお手伝いといったような、動く作業を加えると集中力をキープしやすいです。

③ごほうびを用意する

たとえば、終わったら次の正時までゲームをしていいというようなごほうびを用意するのも一案です。正時というのは、今が14時10分だったら15時。つまり、キリのいい時間です。頑張れば頑張るほどごほうび時間が増えるので、早く終わらせようとしてやる気が出ます。(ただし、ズルをしたり、粗雑にならないように見ておく必要はあります)


時間割はあくまでも「地図」

最後に。時間割はあくまでも迷わず過ごすための地図です。強制して、嫌がらないように気をつけるようにしています。





ご質問いただいたRさん、ミルクさん、遅くなりましたがこんな感じですと取り組みやすいかと思います。参考になればうれしいです。



▽今日ご紹介している内容は、こちらの著書の内容を子ども向けにアレンジしたものです。逆に、この本にあるいろんな時間術も子ども向けにできると思います。よかったらどうぞ。もちろん仕事にも使えます。

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




仕事に特化したやり方はESSEonlineの連載で書いています。



最後に。私の今日のとっておき家事テーマは、子どもの時間割の見直しでした! 「いっしょタイム」にできそうなことをリストアップしていました。


b_ornament_112_0L

加工やキャプションを考えるのが苦手でしばらく使っていなかったInstagramのノートアカウント。
種まきノートの中身を淡々と載せていくことにしました。ブログには登場しないものもあると思うのでよろしければどうぞ。

▽クリックで飛べます。


a



▽マークスさんの魔法の家事ダイアリーをプロデュースしました!

▽中身について知りたい方はこちらの記事へどうぞ。




▽2017年に連載していた家事小説『幽霊の花嫁修行』『さざ波の向こう(旧 ヒロインの親友)』をまとめて見られるように編集中です。ご要望をいただいてからだいぶ1年以上余裕で経ってしまいましたが…… 大幅に加筆編集&書き下ろししていくので、載せきるまでにはかなり時間がかかるかもしれません。


 


b_ornament_112_0L

【SNS】 ---各種SNSについて-のご紹介--

Twitter

Twitterでは、日々気づいたことや、気になるレシピ、サイトなどをつぶやいています。ブログに載らない情報のほうが多いです。



また、答えるだけで計画が完成する”ゆるプランニング”も定期配信しています。毎日の計画のほか、曜日ごとの計画なども。ただし、手動なので忘れることもあるかもしれません。また、投稿時間は一定ではありません。




Instagram(@rinca_fukafuka)

メインアカウントでは、写真とミニコラムを載せています。ちょっとした家事ネタなどが多いです。

\Click/
insta



Instagram(@rinca_note)

ノート専用のアカウントです。ほとんどの投稿は右→左の順で1段1テーマとなっています。

\Click!/
note


note


家事以外のことを雑多に書いています。基本的には実用ネタ。
「続けられる自分になる魔法」「時間術の公式」「こころの調律法」など。
そのほか日々の暮らしで思いついたことのエッセイや、こちらにも載せている家事小説なども。



b_ornament_112_0L
【著書】---暮らしをラクに楽しくするヒント集---


もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!7刷です/







b_ornament_112_0L



お仕事のご依頼をお考えの方へ
●お問い合わせをいただく前に、必ず下の「ポートフォリオサイト」をご確認ください。お受けしているお仕事や、お受けできないことなどをまとめてあります。お問い合わせ用フォーマット等もございますのでぜひご利用ください。
port
読者さんへ
●読者さんからのご質問・メッセージはこちらからどうぞ。
otoiawase

・ご質問等への回答はブログ上で行っています。個別のお返事は差し上げておりませんのでどうかご了承ください。

・個人の方は、本名や電話番号の記載は不要です。お名前に関しては掲載可能なものをお書きください。判断がつかない場合は、お名前イニシャルを記載しております。

個人様向けサービス(整理収納サービスやお悩みコンサルティング等)は承っておりません

・TwitterやInstagramなど、SNSからのご質問・ご要望は受け付けしておりません。(※見逃してしまうためです)

b_ornament_112_0L

【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。次回の募集は2019年12月です。


b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村