\新刊発売中/
過去の著書2冊の内容をぎゅっと1冊にまとめたボリューミーなムックです。「家事スケジュール」が書き込める別冊ノート付き。
※本文の内容は同じなので、すでに過去の著書をお持ちの方はご注意ください。




去年、健康的な食生活と家事のエクササイズ化によって、10キロ痩せられました。ところが、安心しきった私は、最近、ついついポテトチップスに手を伸ばしてしまいます。

少量パックのものを買うと、複数個を一気に食べてしまう。家に置かないようにしようと決めると、コンビニまで買いに行ってしまう。

これはまずいなーということで、悪習慣を断ち切りたいときにしている「4日断食」をはじめます。食べもの以外でも大丈夫なので、よかったら一緒にやってみませんか?

s-DSC05456

とっておき家事とは?1日1つだけ行う、ちょっとだけ特別な家事のこと。詳しく知りたい方は、ブログの一番下にQ&Aがあるのでご覧ください。


index
4日断食とは?
「4日」の理由
今回は「ポテト断食」
まとめ
▽ここからおまけコーナー
   暮らしのひとコマ
   いちおしとて家事
   著書について
   SNSについて
   連絡先について


4日断食とは?


私の考えた「4日断食」は、やめたい悪習慣を4日間だけ本気でやめる!というものです。

語呂がいいので「断食」という言葉を用いていますが、食べものじゃなくても構いません。

ちなみに、過去に何度もしているのですが、特に嗜好品等の食べものに関しては、4日間やるだけで、驚くほど効果が出ます。

とにかく我慢するのでもいいけれど、私は対策を立ててからやるようにしています。


「4日」の理由


1日でも3日でも1週間でもなく「4日」の理由。これは、過去に頭痛外来の先生のお話を聞いたことに由来しています。
長くなるので、読み飛ばしてもかまいません。


>>次の章へ進む


20代前半のころ、私は毎日、何度も何度もひどい頭痛に襲われていました。
何をしていても頭がひどく痛んで、休憩中はなるべく突っ伏していたし、平日休みの日は無気力さもあってだいたい眠って過ごしました。

仕事や家事をするためには、とにかく痛み止めを飲まなければ動けない。そんな生活でした。
(※すっかり忘れていたけれど、私が極限まで家事ができずにいた原因のひとつは、頭痛だったのだと今気づきました)


意を決して、ちょっと遠くの、有名な頭痛外来に行ってみました。先生に言われたのは意外なひとことだったのです。

「痛み止めを、今から4日間、絶対に飲んではいけない」

ということ。

私の頭痛の原因は恐らく「痛み止め」だというのです。脳が、痛み止めを飲ませるために頭痛を起こしているのだ、と。


頭痛には、実は種類や条件がいろいろあるようです。だから、ひとくちに「頭痛」といっても、どんな頭痛がどのタイミングで起こっているのかを調べて、一つずつに対処していく必要があるそうなのです。そのための方法として「頭痛ダイアリー」が有効です。




どうしても痛みを我慢できないときのために、飲んでもいい薬を処方してもらったものの、地獄の4日間でした。起き上がれないくらいの頭痛と、ひどい吐き気に耐えながら、1年勉強してきた資格試験の日を迎えたのは3日目の朝(タイミングが悪すぎました)。

ピークだったその日は、ぐったりとタクシーに乗って会場に行き、会場でもずっと吐き気と闘い、結局落ちてしまったのでした。


ところが、5日目の朝起きてみると、ものすごくすっきりしていて、それからは寝込むような頭痛が起こることは減りました。もともとの体質による頭痛だけになったので、今は1ヵ月のうち数日、痛み止めを飲めば動ける程度の頭痛だけです。

どんなときに頭痛が起こるか把握したのも大きいです。私の場合、


遠すぎてその後は通えなかったので、どうして4日だったのか先生に聞きそびれてしまったものの、この経験から、何かしらの科学的な根拠があるのだろうと推測し、なにかをやめるときに「4日」をボーダーラインにするようになりました。

仮に根拠がなかったとしても、思い込みの力も強いので良いと思っています。


実際、どうしてもやめられなかったチョコレートなんかも、4日間本気で我慢すれば、不思議と食べたい気持ちが消えてしまうのです。

1月ごろにチョコレート断食をしました。2日目・3日目はひどい頭痛に襲われましたが、5日目からは食べたいきもちがすっきりと消え、今は週1回くらいしか食べていません。


今回は「ポテチ断食」


さて、今回のテーマはポテチ断食です。


対策はこんな感じ。

・4日間ポテチは絶対に食べない。今回は(5月5~8日)

・その他のおやつは食べ過ぎなければOK。なるべく栄養のあるものや、手作りおやつを優先する。

・その他のおやつでもチョコレートはNG。

・塩気のあるものが食べたくなるので、卵かけごはんや納豆ごはん、お茶漬け、スープなどを食べる。ごはんは100gまでとする。
→ポテチのカロリーと比べればずっとマシだし、栄養もある。
→なお、ふだんの食事のご飯の量は、去年のダイエット開始以降、1食100~120gにしています。

・マンネリ打破のために、懐かしの「食べるラー油」を購入。


・楽しさをプラスしたいので、4日間は「卵かけごはん」「納豆ごはん」「お茶漬け」「スープ」の研究週間とする。

▽週間テーマについてはこちらの記事を参照




まとめ


・4日断食は、悪習慣をやめるために、4日間だけ本気でがんばるもの。

・短期間なので達成しやすい。

・やめられない食べもの系は驚くほど効果が出る。



ひとりでもやるけれど、今日から参加者を募集しています。


食べもの系以外なら、こんなテーマの断食はどうでしょう。

・昼寝
・食後に座ったままだらだらする
・ちょい置き
・夜ふかし

対策はなくてもいいけれど、どうなったら達成かを考えておくのが大事です。

たとえば夜ふかし断食なら「23時までにふとんに入ればOK」とか、ちょい置き断食なら「自分だけは絶対にものをその都度もとの場所に戻す」「家族のちょい置きは夜寝る前に必ず戻す・戻させる」というように。

参加したい方は、上のツイートにリプをください! 締め切りは今日の23時59分です。


▽さっそくご参加ありがとうございます♡ GWはリズムが崩れますよね……。わかります><





暮らしのひとコマ



イチオシとて家事



あとがきindex
著書について
連絡先について


著書について



もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割
三條 凛花
扶桑社
2018-03-09
三條凛花の魔法シリーズ、第2弾です。この本を読むと「今すぐ動ける」ようになります。その方法として
今すぐできるものから、じっくり問題解決するものまで、合計5つの「魔法」をご紹介しました。
中でもメインテーマは「家事の時間割」です。1作目でご紹介した「スケジュール」とは違い、1日の流れを確認するための表。時間に縛られる必要はありませんが、時間の波にうまく乗ることで、スムーズに家事が捗ります。




365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単行本)
三條 凛花
三笠書房
2017-12-08
この本を読むと「やりたいことがたくさんあるのにうまく回らない」という悩みが解決します。1日にひとつだけ、少し特別なことをするのです。これを「とっておき家事」と呼びます。でも、それを続けていくためにはこつがあります。そこで、とっておき家事をどなたでも続けやすいようにメソッド化し、今日やりたい家事テーマがすぐに決まる"公式ガイドブック"としてつくりました。


時間が貯まる 魔法の家事ノート
三條 凛花
扶桑社
2017-03-02
この本を読むと「考えない、探さない、迷わない暮らし」を手に入れることができます。暮らしや家事にまつわる情報をすべて1冊のノートにまとめるのです。作るのに時間は必要です。でも、1度作ってしまえば、何度も調べ直す必要がなくなります。この本では、まとめ方のこつと、まとめておくと便利なことを実例を交えてご紹介しています。\重版!9刷です/









CONTACT



ご連絡についての窓口と注意事項についてまとめています。



お仕事のご依頼をお考えの方へ
●お問い合わせをいただく前に、必ず下の「ポートフォリオサイト」をご確認ください。お受けしているお仕事や、お受けできないことなどをまとめてあります。お問い合わせ用フォーマット等もございますのでぜひご利用ください。
port
読者さんへ
●読者さんからのご質問・メッセージはこちらからどうぞ。
otoiawase

・ご質問等への回答はブログ上で行っています。個別のお返事は差し上げておりませんのでどうかご了承ください。

・個人の方は、本名や電話番号の記載は不要です。お名前に関しては掲載可能なものをお書きください。判断がつかない場合は、お名前イニシャルを記載しております。

個人様向けサービス(整理収納サービスやお悩みコンサルティング等)は承っておりません

・TwitterやInstagramなど、SNSからのご質問・ご要望は受け付けしておりません。(※見逃してしまうためです)



b_ornament_112_0L


【Q&A】 ---このブログについて---

Q. このブログは、どんなブログ?

このブログのキーワードを3つに絞るとしたら、「とっておき家事」「ノート術」「時間術」です。
私が「とっておき家事」で行った内容と気づきがおもな更新内容です。なるべく読みものとして楽しんでいただけるよう、心がけています。

Q.だれが書いているの?

三條 凛花(さんじょう りんか)といいます。整理収納アドバイザー1級の資格を保有しています。コラムやエッセイを書くのがおもなお仕事です。
ほんの数年前まで、足の踏み場もない部屋に住み、日々の家事もままならない状態でした。そこから自力で脱出し、人並みに家事ができるように。今の私にとって、家事とは「心を整えるツール」と呼べるくらい、かけがえのないものになっています。(もちろん、面倒だ!と思うときもありますが)
そのため、このブログでは掃除術やお料理術などを紹介することはほとんどありません。家事そのものというよりも、どうしたら家事が楽しくラクになるのか? というヒントを日々研究していくブログだとお考えください。

Q.とっておき家事とは?

とっておき家事は、1日ひとつ、ふだんの家事に加えて少しだけ特別なことをするものです。「家事」とついていますが、どこまでを「とっておき家事」と設定するかの線引きは自分で決めます。私は「家事=イエのコト」とし、家で行うこと全般や家族のことなど幅広く取り組んでいます。さらに詳しく知りたい方は、著書『
365日のとっておき家事』をご覧ください。また、ほかの方の実例はtwitterのハッシュタグ「 #とっておき家事 」をご参照ください。

Q.とて家事ラボとは?

「とて家事ラボ」は、とっておき家事に挑戦してみたい読者さんをサポートするために作った無料のグループです。