今日だからこそやってみたい365日のとっておき家事。いよいよ3月ですね。日に日に春らしくなってきて、ドキドキしています。

3月最初の家事は「伝えるための『スクラップブック』作り・前編」です。

5851686561901395522


今日、3月1日は「切抜の日」。そこで、たくさんある雑誌から必要なページを切り抜いたり、これまでに一時保管していた切り抜きをノートに貼り付けたりします。

雑誌を捨てるタイミング



皆さんは、雑誌はどのタイミングで捨てますか?

アドバイザーの講座でも習ったことなのですが、私は「その日のうちに」捨てるようにしています。

雑誌の中にはたくさんの情報が詰まっていますが、本当に自分にとって必要なことは案外少ないもの。そこで、気になったページだけを切り抜いて、1冊ずつ捨てます。

image

金曜日に新しく買ってみた雑誌。今まではほしい服がまったく見つからないこともあったのですが、今回はたくさん切り抜きしました。

ただ、スクラップブックに貼り付けるところまで行くとなかなか大変なので、それは今日の家事を通してまとめてすることに。


「ぼんやり<はっきり」の大切さ



「切り抜き」の大切さを痛感したのは、結婚式の準備過程でのこと。

私たちは、先に入籍をして、その3ヵ月後に結婚式をするというスケジュールでした。

せっかく入籍する日には、なにか記念に残ることをしたい! というのがあり、ウェディングドレスとカラードレスを着ての前撮りをお願いしたのです。

わくわくしながら当日を迎えたのですが、悲劇が。


■髪型で大失敗・・・

色々な失敗があったのですが、何よりも悲しかったのは、ヘアスタイルです。

ヘアメイクさんが同年代だったことや、渡された雑誌の中からヘアスタイルを指定したことから、安心してお任せしていました。

(成人式の前撮りでは、70~80歳くらいのおばあさんが担当だったので、古風な髪型に・・・)


人見知りな性格もあり、ずっと雑誌に目を落としていた私が悪いのですが、「そろそろできますよ」と言われて顔を上げた瞬間、愕然としました・・・。 雑誌と全然ちがう!


皆さんも、髪型のちょっとした「こだわり」や輪郭の悩みなどがおありなのではないでしょうか。

私の場合、丸顔とおでこが広いことが悩みなのです。そのため、普段から、「おでこは出さない」「顔周りには後れ毛を残す」ということを心がけています。

でも、出来上がったヘアスタイルは、おでこが一部出ていて、後れ毛はなぜか片側にすこし。

この時に、「イメージを伝える」っていうのはなんて難しいのだろう、と痛感したのです。

私にとっての「ふわっとしたイメージ」を相手に伝えるには、相手にも分かりやすい素材を用意しなければいけない。

■相手にもわかりやすい、素材作り


そこで、慌てて結婚式の時のヘアスタイルを考えるようになりました。

色々な雑誌やインターネットから気になるヘアスタイルをプリント・コピーし、それまで結婚式用に作っていたノートに貼り付けました。

すると、自分の「好み」や「こだわり」がなんとなく分かってきたのです。

たとえば、元々のこだわり(おでこ&後れ毛)に加えて、

・キレイ<<かわいい感じ
・タイト<<<<<ふんわり

が好み。

結婚式のためのヘアメイク・リハーサルには、ノートを持参して、あらかじめメイクさんとじっくり話し合いました。

その時、2つのヘアスタイルですごく迷っていたのですが、ノートを見せながらお話しをしたことで、私の好みや悩みが伝わったようで、どちらの要素も取り入れたお気に入りの髪型が誕生しました。

実際の写真がこちら↓

*Before (失敗した前撮り写真)

14decr

失敗した前撮り写真。おでこは、顔を隠しているスタンプでかなりカバーされていますが;
まるまるとしています。


*After (ヘアメイクリハーサルで要望を伝えたときの写真)

image

35decr

ヘアメイクさんに相談した上で出来たヘアスタイル。
顔周りに後れ毛があると、輪郭は同じでもそこまで目立たなくなります。
また、下の画像で分かるように髪型がかなりふわっとしました。
ちなみに、Before写真から体重が5kgも増えてるのですが、輪郭がましに見える気がします。


比べてみると、Beforeの写真は、
 ・髪が全体的にタイト
 ・巻き髪もきつめ
 ・メイクも昭和風&きつめ
  (写真ではわかりにくいと思いますが、ファンデーションの色もなんだか不自然なのです)

Afterの方では、
 ・全体的にふんわりした髪型
 ・写真では分からないですが、メイクも今風になっています


タイトだったり、キレイめの髪型。似合う方には似合うけれど、私のように輪郭が丸く、また顔のパーツに曲線が多いと似合わないように思います。


元々オーダーしたヘアスタイルは、ほとんど変わりません。サイドにボリュームを出すものです。
ですが、同じヘアスタイルでも、「タイトなのか」「ふんわりしているのか」といった違いが出てくることが分かりました。

自分の中では「当たり前」になっている感覚でも、相手には言わないと伝わらないですものね。

そして、「伝える」ためには、まず自分の中で、自分の隠れた「これが好き!」をしっかり理解することが大切だと感じた出来事でした。

■結婚式のために作ったスクラップブック


では、実際に結婚式のために作ったスクラップブックの実例をご紹介したいと思います。

ブーケ
結婚式の準備は自由にさせてもらえたので、「ピンク」と「ブルー」をテーマにして、色々なものを選んでいました。

ブーケもその一つ。事前に色々なブーケの画像を集めたのですが、これはそのうちの1ページ。

10


そして、実際のブーケがこちら。

5851686561901395522


気に入った花と、それから小鳥のピックを付けたのがポイント。

会場装花

会場の装花も、イメージをお伝えしました。

35


実際に取り入れたのがこちら。

5851687835551031874


また、先ほどのヘアメイクの経験から、「NG」なものほどきちんと伝えなければいけない、と感じたので、このような「NG」ページも作りました。

image


■「うまく伝えたつもり」でも・・・

ただ、このようなお花関連にも、当日になってみると色々失敗があったので、「伝え方」の課題だなあと思ったことが2つ。


1.色の伝え方は、色見本を用意した方が良い。

→イメージしていたよりも、全体的に濃いものになりました。

2.その場で見せるだけではなく、相手のためにもコピーをした方が良い。

→特に、結婚式関係のものなど、一旦相手が持ち帰って、日が空いてから初めて見られるようなものは、相手が忘れないようにコピーを差し上げた方が良いと感じました。


長くなりそうなので、一旦分けます。

ここまでは、「スクラップブック」を作ることを大切だと実感した理由とそれにまつわるエピソードについて書いてみました。

後半では、先日作った「春服」スクラップを元に、スクラップブックの私なりの作り方についてご紹介したいと思います。
(※アート面のセンスはないので、あまり参考にならないかもしれません)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

最後までお読みいただきありがとうございました。
ご感想をお寄せいただければ嬉しいです★

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



*トラコミュも色々参加しています*

楽しい家事時間
掃除・片付けのコツ
ふたり暮らしのライフスタイル

↑ テーマに沿った色々なブログを読めます。お気に入りのブログ探しはここからしています♪


*Twitterを始めてみました(Rinca_Yukishiro

Twitterでは、実際にやってみたとっておき家事の様子や、猫の写真などをゆるい感じでUPしています。

こちらからもフォローさせていただいて良ければ、一言いただけると助かります(^ ^*)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥