今日だからやってみたい365日のとっておき家事。3月4日の家事は、「美人の条件を考えてみる」です。

365日、それぞれの日に定められた「誕生花」があるのをご存知でしょうか。今日の誕生花は「デイジー」。

b382b61e47dab0d115272b2dd93f05a1_s


花言葉は「美人」です。

※写真間違えたのであとで貼り直しますm(__)m

「美人の条件」を考えてみる



個人的には、「美人=見目麗しい人」ではないと思っています。

大人になってから強く思ったことなのですが、仕草や話し方、その人を形作るいろいろな部分があいまって作る「雰囲気」が美しい方が美人なのかな、と。

みなさんも、周りに思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

容姿端麗な人は、たとえば「かわいい人」「きれいな人」という言葉の方がしっくり来ます。

でも、「美人」という言葉からは、お化粧やお洋服にも気を遣っていて、でもさらにどこか品の良い印象を受けるのです。

これは、私の解釈なので、皆さんそれぞれに「美人」の定義があると思います。

まずは、自分にとって「美人ってなんだろう?」と定義を考えてみるのが今日のとっておき家事のスタート。

これは、就職活動の時に行った企業セミナーで教わったことなのですが、色々な言葉について、自分なりの定義を持っておくこと。

そうすると、自分の中でのイメージが固まって、物事を考えやすくなるのだそうです。

ひとりフィニッシングスクール


中山庸子さんの本に興味深いアイディアがありました。

読書メモが残っていなかったのでうろ覚えなのですが・・・。イメージとしては「ひとりフィニッシングスクール」です。

子どもの頃は、なにか習い事をなさっていた方も多いのではないでしょうか。私もピアノやバレエなど色々なものをさせてもらっていました。

大人になるとなかなかそういう機会もないですよね。

私は去年からお料理教室に通い始めましたが、お小遣いのほぼ全てを投入しています。笑

本当はもっと色々な

ことを学んでみたいという気持ちがあります。 私の場合は予算的なものですが、たとえばOLさんだと終業時間が見えなくて習い事ができないとか、お子さんをお持ちの方だと時間の制約があってむずかしいですよね。

ですから、他人に合わせるのではなく、自分の知りたいことを、自分のために、自分で学ぼうというものです。

フィニッシングスクールとは


「フィニッシングスクール」という言葉をご存知でしょうか。

日本的には「花嫁学校」という意味合いが近いですね。海外では、いわゆる「お嬢様」が社交会デビューするための教養を身につけるための学校があります。

60d15286d34ce07ba334908ce69d1ebf_s


そこでは、メイクや歩き方といった「外」の部分だけではなく、マナー、挨拶や映画などさまざまな教養など「内」の部分についても学ぶことができるのです。(個人的にはすごくうらやましい!)

そのフィニッシングスクールのように、自分の外・内を磨くのが「ひとりフィニッシングスクール」です。

やってみて続かなかった3つのポイント


以前、一度やってみたのですが、その時は続きませんでした。

私が続かなかったポイントは3つ。



・その日に勉強することを詰め込み過ぎた

   (例:月曜日は、マナー、料理、教養など)

・それぞれの具体的な勉強ポイントを考えなかった

   (例:「料理」ならば料理の何を勉強したいのか?)

・スケジュール感を決めていなかった


そこで、今日の家事をきっかけに「今、一番知りたいこと」を軸としたカリキュラムを組み立てて期間限定でやってみようと思います。

大学のシラバスのように、自分の好きなものでカリキュラムを考えるととても楽しいです。

工学院大学のシラバス
(「大学 シラバス」で検索して上位に出てきたものの中から、中身を見られたものをピックアップしてみました)


この「授業計画」の部分が参考になります。何をどんなふうに学ぶのか。また、到達目標やねらいも考えておくと具体的になるような気がします。

ひとりフィニッシングスクール・シラバスの例



さて、実際にシラバスを考えてみました。

(出掛けであまり時間がなかったため、考えやすい「洗濯」をテーマにしました。実際にやるときはマナーなどにする予定です)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥
ひとりフィニッシングスクール・洗濯編

*目標
衣類に合わせた洗濯の方法から、アイロンかけ、畳み方までを一通り学び、実践できるようになること。

*参考図書
・『家内安心』
・『暮らしまる洗い!コツと基本』

*学習計画

1.洗濯の絵表示
洗濯の絵表示を、マイナーなものも含めて分かるようになる

2.素材について学ぶ
素材の特徴と注意点について学ぶ

3.前処理について学ぶ
洗濯機に入れる前の前処理について学ぶ

(以下、略)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

このような形で、一応全10回を目安に考えてみます。

以前は、マナーを少しだけ勉強しました。あとは、料理でお味噌汁の作り方を1から勉強しなおしました。

総合的に見ると続かなかったのですが、勉強した部分はしっかり身についているのを感じます。

やはり、自分が「やりたい」と思って、自分で1から調べて「学んだ」ことがポイントなのかもしれませんね。



その時は、色々と一気に詰め込み過ぎたので続かなかったのですが、こんなふうに期間限定で1つのことを勉強し、覚えたらまた次の項目にいく・・・というスタイルの方が私にはあっているのかもしれません。

毎日は時間がとれないという方は、たとえば毎週水曜日を勉強日にして、今日から1年かけて勉強していくというのも良いかもしれません。 私は無理せず、今年は1つを来週から2週間かけて、というスタイルにします。 それでも、毎年1つ、苦手なことをクリアーにしていければ、少しずつ自信を持てるような気がします。



なんとなく不安なことというのは、自分にコンプレックスがあることなのだと私は思うのです。

たとえば、私が特に不安なのはマナーや話し方、仕草などです。そして、合っているか自信がないから、萎縮してさらに失敗してしまいます。


つまり、出来ないから、きらい。 これを解決する方法は実はシンプルで、苦手なことを学ぶ。それだけなんですよね。


しかし、なかなか学ぶ機会がないので、今日の花言葉をきっかけに、私にとっての「美人の条件」を考え、ひとりフィニッシングスクールに挑戦してみたいと思います。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

*今日やってみたい家事のまとめ*

1.自分にとっての「美人の条件」を考える

2.ひとりフィニッシングスクールで学びたいことを考える

3.実際にシラバスを考えてみる

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

最後までお読みいただきありがとうございました。
ご感想をお寄せいただければ嬉しいです★

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村



*トラコミュも色々参加しています*

楽しい家事時間
掃除・片付けのコツ
ふたり暮らしのライフスタイル

↑ テーマに沿った色々なブログを読めます。お気に入りのブログ探しはここからしています♪


*Twitterを始めてみました(Rinca_Yukishiro

Twitterでは、実際にやってみたとっておき家事の様子や、猫の写真などをゆるい感じでUPしています。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥