こんばんは、整理収納アドバイザーのゆきしろ りんかです。

今日だからこそやってみたい365日のとっておき家事。5月最初の家事は「妖精たちのカップを贈る」です。

78c59c8a6e4896126aee39caa7b9f8cd_s



5月1日は「すずらんの日」。

すずらんには「五月の小さな鐘」「君影草」「天国への階段」など、さまざまな別名があるのですが、その中の一つが「妖精たちのカップ」です。


フランス発祥の記念日



すずらんの日は、フランス発祥の記念日です。この日にすずらんの花を贈られると幸せになれるという言い伝えがあります。

そこで、今日の家事では「妖精のカップ(すずらん)を贈る」をテーマにしてみたのですが・・・ 私たち日本人からすると、花を贈るって、少し敷居が高く感じるように思います。

特に家族に贈る習慣は「母の日」以外、なかなかありませんよね。ですから、すずらんそのものでなくても、すずらんにまつわる小さなものを贈れるといいな、と考えています。


誰に贈るのかは自由です。頑張っているなあと思ったら、そんな自分がもっと幸せになれるように自分にプレゼントしても良いと思います。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

▼ 私だったらこんなすずらんグッズがほしい・・・

贈るキモチ「幸福をもたらす すずらん

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥


たとえば夫がそうですが、花には興味のない男性だったら、すずらんの別名「妖精たちのカップ」からヒントをもらいます。

特別なプレゼントを贈らなくても、カップ一杯の熱いお茶でも十分素敵な贈り物になるのではないでしょうか。
その代わり、いつもよりもうひと手間かけて、少しだけ丁寧に、感謝の気持ちをスプーン一杯分くらい混ぜて作ります。

すずらんの描かれたカードを使って、しばらく会っていない友人に気軽な手紙を贈るのも素敵ですね。


相手によって、その時の気分によって、色々な贈り方があると思います。


すずらんはわが家のテーマ



ところで、皆さんはすずらんの花言葉をご存知ですか?

何種類かあるのですが、私は「幸福に還る」というものが一番好きです(*^^*)

この花言葉を見つけて「5月1日に入籍しよう!」と決めたくらいです。



籍を入れようと考えた時期には、誕生日やお付き合い記念日など、二人の記念日がありませんでした。

そんな中で、「せっかくだから誕生花や誕生石で決めて意味を持たせよう」と思い立ったのが理由です。


bc2f1158f050c9662ce0fd7734082308_s


「籍を入れるならこの辺り・・・」という時期の誕生花を1日ずつ調べていきました。(この作業こそがとっておき家事を思いついた原点と言ってもいいかもしれません。)

見れば見るほどいろいろな花言葉があって迷いましたが、その中でもはっと目に止まったのがすずらんの花言葉。先ほども書きましたが「幸福に還る」。



これを見たとき、「帰ってきたらほっとする、幸せな家を作ろう」と思えました。

残念ながら、夫の会社の関係などでその日に入籍することはできず、2ヵ月後の七夕に結婚しました。



とはいえ、私の中では、これから送る家庭生活のテーマとでもいうべきものが決まった瞬間でもありました。

この気持ちをいつまでも忘れないために、結婚指輪や香水、花印鑑やイニシャルスタンプなど、色々なものに取り入れました。
本当はブーケもすずらんにしたかったのですが、残念ながら時期的にはないと言われて断念。


私は何事にも、迷ったときの道しるべになる「」を通すのが好きで、また、大切なことだと考えています。

私にとっての「すずらん」もそう。結婚生活のテーマをこの花の花言葉に決めたことで、毎年5月1日が来るたびに、もっと幸せな、帰ってきたくなる家づくりをしていこう、と思えるのです。



みなさんのご家庭のテーマ、ぜひ教えてくださいね(^^)



★家事の効率化がテーマの「家事プチレッスン」、ご予約はこちらから↓

http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/26589313.html

実際に使う資料も一部公開しています(^^)♪



最後までお読みいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように♥

↓ランキングに参加しています。
「参考になった」のクリックをいただけるととってもうれしいです(^^)
 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

*初めましての方はこちらへ
はじめましてのご挨拶

*とっておき家事の目次はこちらから見られます
「お知らせ」

*色々な方が読んでくださっている「おしゃれ系」記事をまとめました。
【目次】 おしゃれにまつわる記事


*ご連絡はこちらから
rinca.yukishiro.365@gmail.com

*コラム執筆のご依頼もお受けしています。

*Twitterはこちら(Rinca_Yukishiro


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥