こんにちは、整理収納アドバイザーのゆきしろ りんかです。

「27歳になるまでにやってみたい100のことリスト」の中にあった「コスメカウンターで化粧品を買う」を達成できました(^^)



*関連記事*

憧れを言葉にする
└その1   リスト作りの3ステップについて (簡略化しても良いと思います(^_^;)
└その2   リスト作りに詰まったときに役立つツールについて




083bd0b602aaae795bf7b895a252db42_s


初めてのコスメカウンターは緊張しましたが、とても良かったし、次からはコスメカウンターで買いたい!と思えたので、記事にしてみたいと思います。


メイクへの自信のなさ



とにかく人見知りの私。レッスンの時などは「お仕事なんだからしっかりしなきゃ!」という気持ちが働いて意外に緊張しなくなってきたのですが、それ以外はだめです・・・。


また、メイクにはとにかく自信がありません。一重だからか、雑誌などを見てやってもできないんですよね。

雑誌だと大抵「二重幅に合わせて・・・」と書かれているし、一重特集でも私の目とは違う気がして。


一重にもタイプがある



調べてみたところ、一重にもタイプがあるそうですよ。一重・二重を比較するイラストを書いてみたのでご紹介します。


一重と二重



私は右上の「すっきり一重」(でした)。普通の一重は、まぶたの上に脂肪がついているのに対して、すっきり一重は脂肪があまりないのだそうです。

だから、どちらかというと涼やかな目元になるそう。



一重から二重になった


が、コスメカウンターに行って聞いたところ私は「幅広二重」だということが判明。

確かにたまに二重になることはあるな~と思っていましたが、疲れたりしたらなるのだと思っていました。人とお話しするときも、目線を普通~上に向けることで二重になっているかもしれません。


コスメカウンターでは、私の場合は「二重になったときの線」に合わせてアイシャドウを塗ると良いと教えていただけました。


a
メイク時、自分では上の一重に見えるけれど、
目をきちんと開けたときに下の二重になるから二重幅で塗る

長年のアイメイクの悩みが一つ解消されてすっきりです。



コスメカウンターに行くのにおすすめの時間



「コスメカウンターに行こう!」と思い立ったのは昨日です。


本当は会社帰りに銀座まで歩いて行こうかな、なんて考えていたのですが、お昼休みに調べてみたところ、コスメカウンターに行くのにおすすめの時間帯は「平日の午前中(10~11時頃)」なのだそうです。


比較的空いているため、丁寧な接客をしてもらえる確率がアップするそうですよ。



コスメカウンターを楽しく・有効に利用するためのコツ



行くまでの時間が延びたこともあり、色々調べてみることにしました。その時、Twitterで交流のあるnatsukiさんが以前コスメカウンターでお買い物をしていたのを思い出して、色々聞いてみました。


その情報がとっても役立ったので、実際に行ってみて感じたことと合わせてご紹介したいと思います。


(natsukiさん、ご承諾ありがとうございます(*^_^*)


1.お店選びのコツ



まず、natsukiさんが行くときのお店選びは、ブランドにこだわるのではなく、「」。「とにかく笑顔で親切そうな人」がいるお店に立ち寄るのだそうです。


コスメカウンターではないですが、確かにブランドを決めて行ってみても、人が合わないとなんとなくイメージと違うものになったりしますよね。


接客してくれるBAさんを基準にお店選びをする、というのは私にも合っているかもしれません。


他にもインターネットの口コミを参考にしながら、


○ BAさんのメイクが自分の好きなメイクかどうか
○ 年代が自分と離れすぎていないか



の2点にも気をつけることにしました。



「年代」については、私と同じくらい~少し年上のお姉さんがいいな、と思いました。

成人式の時に、前撮りのメイクは20代の方、本番のメイクは50代くらいの方だったのですが、年の近い方の方が圧倒的に良かったからです。



さて、実際に行ってみてどうなったか。


初めは色々なお店を見比べるつもりで、コスメカウンターをうろうろしてみたのですが、・・・まったく誰にも話しかけられない。笑

服装がラフだったりすると話しかけられないという口コミを見たので、比較的きちんと見えそうなワンピースで行ったのですが・・・。


どこへ行っても話しかけられず、6店舗目でようやく話しかけられました。


「気になるものがあったら言ってくださいね」と、あっさりした感じなのが好印象。年代も私より少し年上かな?という感じのBAさんです。メイクもしっかりしているのになんだか上品。

とりあえず見比べるだけ、と思いながら話しかけてみることにしました。(続く)



2.回り方のコツ



あらかじめインターネットを見ていると、コスメカウンターを回るときにはあらかじめ自分の希望を伝えるのがいいとありました。


○ 「今日は見るだけ」
○ 「具体的に欲しいものがある」


など。



私の場合は「アイシャドウ」が欲しかったので後者です。

あらかじめ色々なお店を見比べてから、気に入ったものを購入するスタイルにしようと考えました。先ほどのBAさんには、まず「アイシャドウを探している」とお伝えしました。(続く)



3.伝え方のコツ



伝え方のコツについては、natsukiさんは「なりたいイメージ」と「自分の軸」を伝えてお買い物をしたと教えていただきました。



○ 綺麗よりかわいい感じ
○ 限定色より定番で使える色
○ 予算
○ 普段使っているコスメと合うもの



などを伝えているそうなんです。これは「なるほど!」と思いました。



行くまでに考えておいたこと、BAさんとお話ししている過程で分かってきたわたしの要望をまとめるとこんな感じです。



○ 綺麗よりも可愛い感じがいい
○ ナチュラルメイクだけど「化粧をしている」という感じ (今はナチュラルだと「すっぴん?」になる)
○ 定番のブラウンも気になるけど、綺麗な色も気になる
○ パーソナルカラーがたぶんサマー(またはウィンター)なので黄みよりは青みのある色
○ (欲しいのはアイシャドウだけど今のコスメは気に入らないので)気に入ったら1万円以内でまとめ買いする



という感じでしょうか。


これらを踏まえて、ピンクとラベンダーの中間のような色を試してみることにしました。ベースはゴールド系。

ファンデーションや眉毛以外、その場でフルメイクをしてもらいました。




実際にメイクをしながらやり方を教えていただけるので、再現性が高まりそうな気がします。付ける位置、付け方、ちょっとしたコツ。そういったものを一つひとつ丁寧に教えてもらえました。

ナチュラルだけど「メイクしている感」がきちんとある仕上がり。

アイライナーとルージュも気に入ったので購入しました(*^_^*)


DSC04921



5点あるのはノベルティでいただいたチーク。そしてペンシルタイプのリップなので削るためのシャープナーも買ったからです。



アイライナーは、普段リキッドとペンシルを両方使っているのですがいまいち。今回すすめていただいたのは繰り出し式のペンタイプで、塗ってすぐに指でぼかすと綺麗になるのです。


リキッドアイライナーはどうも合わないな、と思っていたのですが、やっていただいたアイメイクだと、「アイライン」という感じじゃないのにしっかりと目が大きくなって驚きました。


他にもほしいものはありましたが、予算を超えるのでこの3点に。




モノは増えたけれど、納得できる良い買い物ができました。


コスメカウンターに行ってみたいけれど怖い・・・という方の参考になればうれしいです(*^_^*)




★家事の効率化がテーマの「家事プチレッスン」、ご予約はこちらから↓

http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/26589313.html

実際に使う資料も一部公開しています(^^)♪



最後までお読みいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように♥

↓ランキングに参加しています。
「参考になった」のクリックをいただけるととってもうれしいです(^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶

*とっておき家事の目次はこちらから見られます
「お知らせ」

*色々な方が読んでくださっている「おしゃれ系」記事をまとめました。
【目次】 おしゃれにまつわる記事


*ご連絡はこちらから
rinca.yukishiro.365@gmail.com

*コラム執筆のご依頼もお受けしています。

*Twitterはこちら(Rinca_Yukishiro


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥