こんにちは、整理収納アドバイザーのゆきしろ りんかです。

今日はナマケモノな私が気をつけている家事のコツをご紹介したいと思います。――それは、「日々家事を増やしてトータルの家事時間を減らす」ということです。


日々家事とは



私は家事をいくつかの分類に分けています。レッスンでもお伝えしていることなのですが、「日々家事」もその一部です。

毎日必ずする家事のセットが「日々家事」。

さらにそれを「朝家事」「夜家事」「その他の家事」と時間帯によって分けています。


詳しいことはレッスンとかぶってしまうので省略しますが、この「毎日する家事」の分量を増やしていくと、結果的にトータルの家事時間が減るなあ、と最近気がつきました。


家事を「小分けタイプ」にするむずかしさ



どういう意味かというと、根本は色々なサイトや書籍に書いてあることだと思うのですが、「毎日すこしずつ家事をする」ということです。その理由はこちらもご存知かもしれませんが、「溜めないのが楽につながるから」。


でも、私のようなナマケモノにはこれがとても高いハードルなんですよね・・・。これまでも何度も何度も挫折してきています。


「毎日すれば汚れません」という情報は以前から目にしていましたが、「私には出来るわけがないよ・・・」と思っていました


ボーダーラインは「続ける」



が、この頃は少しずつ日々家事の量を増やすことができており、その結果、部屋は散らからないし、水回りやお風呂、トイレ、どこも「きれい」をキープできています。


どうして出来るようになったのだろう? と不思議に思っていましたが、これは私の家事レベルが上がったからなのだと分かりました。


3段階の家事レベル



以前の記事でも書いたのですが、私が思う家事レベルは大きく分けて3段階あると思うのです。



*関連記事*
お客さまご感想 「家事だけでなく仕事にも活用できそう」



▼ レッスン資料より抜粋

家事の3ステップ






できる ・・・ 必要最低限のことができる

続ける ・・・ その家事を決まった頻度で続けることができる

極める ・・・ 「仕上がり」「エコ」「節約」など+αの付加価値をつけて続けることができる




「家事が好き!」「家事をすると気分転換になる♪」という方でなければ、「続ける」まで出来れば、それだけでもとっても暮らしやすいと思います。



私が今まで挫折してきたのは、この「できる」にさえ到達してないのに「極める」段階を目指してしまったことなのだと思います。

書籍やブログなど、お手本にしたいものは大抵「極める」段階になっています。でも、それを家事レベル0の私がやろうとしても、出来ないのは当たり前だったんですよね。



まずは「続ける」習慣を身につける



まずは「できる」、そして「続ける」習慣をきちんと身につけることが大事だと思っています。


たとえば、ピアノを習っていた方だとお分かりかもしれませんが、ピアノを弾くときはいきなり初見で弾くのではなく、片手ずつ練習していくのが一般的だと思います。苦手なこともこれと同じ。



「続ける」ができるようになったら、少しずつやり方を変えます。頻度を増やしていくのもこの時がちょうどいいと思います。

変えるときのポイントは、「新しいやり方」を無理やり1つだけ投入してみる、ということ。


お風呂掃除を克服した一連の流れ



たとえば、私が苦手だった家事の1つがお風呂掃除です。


これまでは毎週水曜日を「水回り掃除の日」に設定していて、お風呂とトイレ、洗面台の集中掃除を行なってきました。




【苦手家事を克服する3ステップ】お風呂を楽しむアイディアを1つ探す
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/28287000.html




この記事を書いたとき、さちこさんが「お風呂の水分を全部拭き上げるときれいが続く」と教えてくださいました。


「私はズボラだから絶対無理だよ~(*_*)」と思っていたのですが、せっかく教えていただいたので「まずは一度やってみよう」と、「試してみました。

・・・きれいになりました(・。・)!



お風呂あがりに冷たい水で浴室全体をざっと流して、それから水分を拭きあげることにしたのですが、所要時間はたったの1、2分程度だったのです。古タオルを使ってささっと拭きとるだけです。


これが習慣づいてくると、今度は汚れが気になってきました。お風呂あがりでも石鹸カスなどが残っているんですよね。かるく流してはいるものの、何だか「そのまま拭きたくない」と気になりました。

そこで、さっと洗剤をかけて、記事中でも書いているPush Washでごしごしこすって、水で流し、それから拭きあげてみました。これも所要時間は3分程度でしょうか。



「うん、これなら抵抗なく拭ける!」

これで毎日の小掃除が習慣になり、今では毎週水曜日は鏡の集中掃除をしたり、いつもより丁寧にするくらいで済んでいます。


ナマケモノが小掃除を習慣にする方法



「汚れはこまめに掃除すれば防げる」。そして、その小掃除を習慣にするためには、1つ1つ小さなことを組み立てていく。

これが大切なのだと分かりました。



今回はお風呂掃除の例を挙げてみましたが、この後キッチンの水回りも改善しました。やはり水滴を残らず取るようになり、気になるから毎回シンクをしっかり洗うように。

すると、手早くするために吸水性のよい布巾が欲しくなりました。そしてそれを買ったのを機に「洗った食器を拭く」(これまでは熱湯をかけて水分を蒸発させる方法だった)という作業も導入しました。



今ではこれも習慣になったので、絶対に無理だと思っていた「水切りカゴの断捨離」も決意できました(*^_^*)

こんなふうに、小さなステップを一段、また一段と登って行くと、ナマケモノな性格でも家事のストレスが軽減できるんだな、という例でした。



苦手な家事は分解して自分に合った流れに組み立て直していくと無理なく続けられるようになるかもしれません。

お悩みの方はもしよかったら一度試してみてくださいね(^^)♪



DSC04859
最近のねこたち



★家事の効率化がテーマの「家事プチレッスン」、ご予約はこちらから↓

http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/26589313.html

実際に使う資料も一部公開しています(^^)♪



最後までお読みいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように♥

↓ランキングに参加しています。
「参考になった」のクリックをいただけるととってもうれしいです(^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶

*色々な方が読んでくださっている「おしゃれ系」記事をまとめました。
【目次】 おしゃれにまつわる記事


*ご連絡はこちらから
rinca.yukishiro.365@gmail.com

*コラム執筆のご依頼もお受けしています。

*Twitterはこちら(Rinca_Yukishiro


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥