こんにちは、整理収納アドバイザーのゆきしろ りんかです。

今日だからこそやってみたい365日のとっておき家事。6月27日の家事は「情報を厳選する力を身につけるを身につける」です。

*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。
今年の1月1日から始めたのですが、3ヵ月を過ぎるころには「家事はもう苦手じゃない」と思えるようになりました。


com_assets_c_2015_06_ELL96_baranosakuniw


今日は「メディアリテラシー」の日。そこで、「メディアリテラシーを身につけるためのプチ訓練」をしたいと考えています。そして、メディアリテラシーだけではなく、より身近なところとして「(うわさ話など含めた総合的な)情報を厳選する力を身につける」というテーマにしました。


メディアリテラシーとは?



「メディアリテラシー」という言葉をご存知でしょうか? 私は大学生のころに、授業で聞いたことがあります。
当時の資料は処分してしまったのでうろ覚えなのですが・・・。ただ、授業を通して私が感じたことをベースに今日の記事を書いてみたいと思っています。


今の世の中には、情報が溢れています。テレビや新聞、ラジオだけではなく、インターネットでもニュースサイトやブログ、キュレーションサイトなど、さまざまな媒体がありますよね。メディアリテラシーとは、そうした「メディア」を使いこなして、情報を正しく受け取る力だと私は理解しています。


授業で先生が仰っていたことで印象的だったのはメディア・バイアスのお話。「報道された情報にはバイアスがかかっている」ということです。どういうことかというと、誰の主観も入っていない、混じりけのない「純粋な情報」はなかなか無いということ(だと私は感じました)。


ただ、個人的には「バイアス」という言葉にあまり馴染みがないので、他のしっくりくる表現はないかなあ? と考えてみました。私のイメージとしては「フィルター」が近いです。もっというと「眼鏡」でもいいかもしれません。他人の目を通してみると、事実には偏りが生まれるように思います。


情報にフィルターがかかるとどうなる?


情報にもさまざまなものがありますが、メディアよりも身近な例の方が分かりやすいと思います。ここでは恋愛のうわさ話を想定してストーリーを作ってみました。


うわさの図
↑こんな感じの三角関係。

「アラサーちゃん無修正」をイメージしてキャラクター化してみました(*^v^*)  「Aさん」や「Bさん」よりは分かりやすくなったでしょうか・・・?


▼バイアスのかかっていない事実はこちら。


イケメン君に思いを寄せるふわふわさん。親友のクールビューティーさんにずっと相談していましたが、気づくと二人は付き合っていました。




この話が 「うわさ話」 になったとき、どのように変化するのでしょうか。


A・ ふわふわさんの友だち経由で聞いたうわさ話


親友だから恋の相談をしていたのに、ふわふわさんの気持ちを知っていながらこっそりアプローチして、いつの間にか付き合ってたんだって! クールビューティーさんってひどすぎない?


B・クールビューティーさんの友だち経由で聞いたうわさ話


クールビューティーさんは、親友だからこそ「自分も好き」って打ち明けられなかったんだって。切ないよね。ふわふわさんはきっと、気持ちを知ったうえで先手を打ったんだよ。計算高いよね。




こんなふうに、「誰を経由するか?」によって事実は歪んで伝わってしまうものなのではないでしょうか。


Aのお話だとクールビューティーさんを、Bのお話だとふわふわさんを、なんとなく「嫌な人だ」と感じませんか? そういうふうに、他人の目を通して見た、偏った事実こそが、フィルターのかかったものだと思います。

今回はわかりやすく「うわさ話」にしてみましたが、テレビや新聞などの報道でも、会社独自の「バイアス」がかかる傾向にあるそうです。(ただ、気をつけて見ても私にはそこまで分からないのですが(^_^;)



メディアリテラシーを磨くプチ練習



これからは特に、受け身でいてもいろいろな人の発言が飛び込んでくるような時代になるのだと思います。そんな中で、情報を正しく理解することは、難しいことであり、また大切なことなのではないでしょうか。


ですから、今日のとっておき家事では、情報に左右されないための「プチ練習」をしてみたいと思います。メディアリテラシーの日であること、作業をしやすいことから、一般的なニュースを選んでみます。

あまり家事とは関係無いように思われるかもしれませんが、家庭内での話題づくりだったり、ご近所さんやママ友との付き合いなど、「おつきあい」に関係してくるのでとっておき家事に含めてみました。


テーマを決める


今日のポイントは、「1度やってみて感覚をつかむ」ことです。だから、まずはテーマを決めます。

最近気になっているニュースを1つ選んでみます。


とにかくたくさんの情報を集める



次に、とにかくたくさんの情報を集めます。ニュース、インターネット、新聞。いろいろな媒体でそのニュースがどのように報道されているかを調べます。

「ニュアンス」に気をつけながら読んでみて、各社ごとの報道を簡潔に40~100文字以内にまとめてみます。



情報を比較する


それぞれの情報を比較してみます。どんなふうにバイアスがかかっているのかをチェックして、最終的には純度の高い情報になるように削ってみます。




――以上がプチ練習の内容です。私もまだ試していないので、後でテーマを決めてやってみる予定です。


こんなふうに分析してみると、「フィルター」がつかみやすいのかなあと思っています。「誰が悪い」とか「誰を贔屓している」とか。そういうものを剥ぎとって、自分が正しいと思った情報を選べるようにしたいものです。



・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥


今日やってみたい家事としてご紹介したのは「メディアリテラシーを磨くプチ練習」です。でも、本当に大切なことは別にあると私は考えています。


情報にはフィルターがかかっている。
なにも報道だけではなくて、本当に大切なのは身近なうわさ話のバイアスなのでは、と思うのです。先ほどの三角関係の例でも、「誰から聞くか」によって当事者に抱く印象は変わってしまいますよね。


「なんとなく苦手なのだけれど、どうして苦手なのかわからない人」というのは、もしかするとこのバイアスが原因かもしれません。第三者から聞いた、嘘か本当かわからない情報が、その人への評価を変えている可能性があります。


どうしてこんなふうに思うのかというと、実際にそういう体験をしたことがあるからです。
機会があれば、そんなフィルターによって私の生活が台無しになった話を書いてみます(^_^;) そして私自身もまた、フィルターに踊らされて人を傷つけてしまった自戒の話でもあります。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥


長くなりましたが、情報はそのまま受け取るのではなく、自分で確かめる。意見に「共感する」という場合でも、根っこの部分を確認する。そういうふうに「知る」を能動的なものに変えていきたいと思うこの頃です。

みなさんは、どのように情報をインプットしていますか? フィルターのかかった話を聞いたというご経験はありますか? ぜひ、色々教えてくださいね。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥


最後までお読みいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように♥

↓ランキングに参加しています。
「参考になった」のクリックをいただけるととってもうれしいです(^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


★家事の効率化がテーマの「家事プチレッスン」、ご予約はこちらから↓

http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/26589313.html

実際に使う資料も一部公開しています(^^)♪



*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶

*色々な方が読んでくださっている「おしゃれ系」記事をまとめました。
【目次】 おしゃれにまつわる記事


*ご連絡はこちらから
rinca.yukishiro.365@gmail.com

*コラム執筆のご依頼もお受けしています。

*Instagramはじめました (RINKA_FUKAFUKA)

*Twitterはこちら(Rinca_Yukishiro