こんにちは、整理収納アドバイザーのゆきしろ りんかです。今回は、お片づけを始めるとどうしても直面してしまう「不要品の処分」についての記事です。

夫も私も漫画やゲームが大好きなわが家。どちらも大量にあります。


IMG_20150627_032607


スペースがなくなってきたことや、要らないものがたくさんあることなどから、少しずつ売るようにしているのですが、今回はかなり高値(自分比)で売ることができたのでその方法をご紹介したいと思います。



*関連記事*
漫画の断捨離~収納まで

漫画を手放すところからしまうところまで、珍しく手順の画像をご用意しています。捨てる前の量が結構すごいです(-_-;)


売り方のポイントは「2段階」に分けること



まず、買い取ってもらうお店についてご紹介します。今回は「駿河屋」「BOOKOFF」の2つに分けて売りました。どうして分けるのかというと、それぞれに特徴があるためです。


駿河屋



比較的最近発売されたものはかなり高値で買い取ってくれます。定価400円くらいの漫画で50~200円。

「あんしん買取」というプランを利用すると、事前にホームページ上で各漫画の売却価格を調べることができます。その場では判断できず、メールで査定依頼となっているものは10~30円程度でした。今回利用した中では、最多価格帯が150円でした。

デメリットは、手続きがものすごーく面倒くさいので、手間がかかること。詳しくは次の記事で書きます。


BOOKOFF


買取価格は平均的に低め。定価400円くらいの漫画で30~50円くらい(今回私が売ったものだと)。メリットはほとんどのものは買い取ってもらえること、そして手続きもとっても簡単なことです。私は直接店舗に持って行って買い取っていただきました。



今回の売却結果


今回は、漫画約50冊を売りました(ゲーム等も売ったのですが、今回は比較のため漫画にしぼってご紹介します)。

IMG_20150627_031247

内訳は、

◎駿河屋     →  38冊 3,710円 (1冊あたり平均約100円)
◎BOOKOFF →  19冊  850円 (1冊あたり平均約42円)

です。


ちなみにゲームは?


今回、ゲームもいくつか売却しています。

IMG_20150627_031237


3年ほど前に発売された定価約4,000円のゲーム(3DS)は約3,000円。なつかしのスーパーファミコンソフトは、説明書と箱無しでも最大300円で買い取ってもらえました。





どうして2段階に分けて売るのか?



駿河屋では、漫画が1冊あたり平均150円程度(50~200円)で買い取ってもらえます。ですが、発売日が古いもの(おそらく3年前後が目安?)は買い取り不可になってしまうのです。また、2年ほど前の漫画なども20~50円程度に価格が下がります。


そこで、駿河屋で買い取ってもらえなかったものをBOOKOFFに持っていきます。すると、1冊あたり30~50円くらいで売れます。上にも書いていますが、今回は約20冊で850円になりました。


なにも考えずに駿河屋だけの買い取りとしていた場合、逆に850円分が買取不可になり、損をしてしまっていたわけです。


ちなみに、買い取りは絶対に「あんしん買い取り」がおすすめです! 査定金額が分かった上で申し込めるため、送ってから「これは買取不可だから0円」ということになりません。


まとめ



古本やゲーム等を売るときは、駿河屋→BOOKOFFの順番で売るとお得です。
ただし、駿河屋は手続きがとても面倒です。(ただ、するだけの価値はあります)。今回3度目の売却だったのですが、1・2回目は手続きミスで損をしています・・・。


そこで次の記事では、駿河屋さんで売却をするときに覚えておきたい注意ポイントと、売却の流れを書いてみたいと思っています。またお付き合いいただけるとうれしいです(*^_^*)


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

最後までお読みいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように♥

↓ランキングに参加しています。
「参考になった」のクリックをいただけるととってもうれしいです(^^)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


★家事の効率化がテーマの「家事プチレッスン」、ご予約はこちらから↓

http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/26589313.html

実際に使う資料も一部公開しています(^^)♪



*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶

*色々な方が読んでくださっている「おしゃれ系」記事をまとめました。
【目次】 おしゃれにまつわる記事


*ご連絡はこちらから
rinca.yukishiro.365@gmail.com

*コラム執筆のご依頼もお受けしています。

*Instagramはじめました (RINKA_FUKAFUKA)



*Twitterはこちら(Rinca_Yukishiro