みなさんは、落ち込んだとき、どんなふうに乗り越えてきましたか? 言われてうれしかった言葉はありますか?

09947ea388606d6dc89e9596500157f3_s
Photo by - Photo AC


365日すべてに定められた「誕生花」というものがあります。今日の誕生花はリンドウ、花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」です。

今日のとっておき家事では、大切な人が悲しんでいるときにかける言葉について考えてみたいと思います。



悲しいとき、心のととのえ方



先日、山音 ことらさんのブログにこんな記事がありました。




ネコハウス「本の整理と、悲しい時の対処法。」
http://www.nekoie.com/entry/2015/09/11/220701




悲しいときはとことん悲しむ「同質の原理」についてのお話が印象的です。

実家にいたときは、悲しいことがあるとショパンの「別れの曲」を弾いていました。静かで、その中にも少し希望がある感じがして、こころが落ち着くからです。


自分の心のととのえ方は数を踏めば少しずつ身についていくものの、身近な人が悲しんでいるとき、どういうふうに接したらいいのか迷うことがあります。

人にかける言葉のボキャブラリーが少ないのか、経験不足なのか、いつもただ見守ることしかできないのです。



「泣くこと」が悲しみを和らげる



「泣くこと」が悲しみを和らげるとテレビで観たことがあります。


かなり前なのでうろ覚えなのですが、涙はストレス物質を押し流してくれるのだそうです。一方、強い鎮静効果のある物質が増えます。ですから、泣いたあとにはすっきりするのだとか。

もしもパートナーが悲しそうにしていたら、あえて悲しい映画を一緒に見て、一緒に泣くのもいいかもしれません。


夫と出会ってからもう10年近く経ちますが、泣いたのを見たことは1度もありません。映画館ではたまに泣いているようですが、暗いのでまったく見えず。

ストレスがあっても一人で抱え込んでいそうなので、それをどうやって引き出してあげたらいいのか、私にできることはないのか、いつも迷ってしまいます。



言われてうれしかった言葉、言われて悲しかった言葉



もし、パートナーに悲しい出来事があり、それを聴き出せたなら。どんな言葉をかけてあげられるのでしょうか。

言われてうれしかった言葉と、言われて悲しかった言葉を思い出してみました。


言われてうれしかった言葉



つらかったね

シンプルな言葉ですが、共感の言葉はやっぱりうれしかったです。



がんばったんだね

同じくこちらもシンプル。



こうしてみると、気の利いた言葉をかけなくても、ただ寄り添って共感してもらえるだけでも嬉しいのかもしれません。



言われて悲しかった言葉



悩めるなんて幸せだね


「私は旦那と子どもの世話で忙しいから、働いてて、それで悩んでるなんて幸せだとしか思えない」

昨日の記事でも少し書きましたが、仕事(上の人間関係)の悩みを打ち明けたときに友人から言われた言葉です。



私の方がつらいんだよ


「自分だけが辛いと思ってるんじゃないの? こっちは毎日残業で大変なの。早く帰ってるんだから、人間関係くらい我慢しなよ」

職場の友人から言われた言葉。

自分だけが辛いなんて思っていなかったし、その子から「最近(意地悪な先輩とは)どうなの?」と言われたから状況を話しただけでした。

このあと、誰かに相談しづらくなって、最終的には仕事を辞めました。



そんなのちっぽけな悩みだよ


「そんなのちっぽけな悩みだよ! 世界には貧困で苦しんでいる人たちがいるんだから」

どんなシチュエーションで誰に言われたのか覚えていないです。でも、このタイプの言い回しはよく聞くかも。




・・・言われて嫌だったことの方が多いですね。でも、傾向が見えてきました。


結局のところ、自分の悩みを否定されたり、誰かと比べて軽いと言われることが嫌なのだと思います。

悩みの大きさっていうのは、その時置かれている状況にもよって変わります。また、基本的に主観的なものです。もしかすると本来、誰かと比べるものではないのかもしれません。



今年気がついたこと



言われて嫌だったこと、私も無意識のうちに夫に言っていたかもしれません。「うちの職場にはもっと大変な人がいたよ」と。

「言う側」になって思ったのは、あくまでも励まそうと思って無意識に口から出る言葉だということ。だから、私の中では「ひどい」と思っていた友人たちも、本当は励まそうとしてくれていたのかもしれません。

でも、「言われる側」だったときの気持ちを考えたり、改めて文字に起こして客観的にみてみると、やっぱり良くないなあと思いました。



逆に、言われて嬉しかったことは、シンプルな共感です。ただ悩みを聴いてもらって、それに共感してもらったことが一番嬉しかったように思います。



男女の考え方の違いもありそうですね。女性は「共感されたい」という気持ちが強いからかもしれません。

だから、ピークで辛いときは、ただ「辛かった」という事実を聞いてほしいわけで、叱ってほしいとかアドバイスがほしいとか、そういうのはもう少し気持ちが落ち着いてから出てくることなのかも。



・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

みなさんが悲しいときに言われて嬉しかった言葉、逆に嫌だった言葉はなんですか?

ぜひ教えてくださいね。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥



自分より巨大なばろた(茶色)を、子猫時代から倒しているふかこ(灰色)。
倒し方はシンプルに首をしめるだけ。



↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。