「くらしレシピ」を作りながら、もったいなくて捨てられずにいた雑誌や書籍を手放しています。

*関連記事*
すき&やってみたい が詰まった「くらしレシピノート」を作る
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/46485571.html


3年分の雑誌を処分



たとえば、ずっと捨てられずにいた3年分のハンドメイド雑誌やお弁当作り雑誌。

DSC06354


この厚みですから、収納スペースを幅20cmほども取っていました。残したい情報を選んでまとめたあとはA6サイズのノート見開き3ページと、切り抜き0.5cm分の厚みまで減りました。
これらすべてにかかったお金は、たぶん5万円ほどじゃないかなあと思います。通信講座で毎月3,000円くらいだったので。


収納スペースが減ったのももちろんですが、他にも気づきがあります。
「これからはなるべく図書館を利用しよう」ということです。どちらの雑誌も、中にはたくさんの情報が詰まっています。ですが、「私が」使える情報は? というと意外にほとんどなかったのです。

たとえば、お弁当雑誌にはたくさんのレシピが載っています。これを3つの質問でふるいにかけてみました。


1.夫や私が好きなレシピか?

ふたりとも好き嫌いが多いので、苦手な食材だった場合絶対に作らないと思います。

2.うちにある道具で作れるか?

調理器具は最小限にしています。たとえば鍋は片手鍋一つ、フライパン一つ、小さなミルクパン一つの3つだけ。
ミキサーもフードプロセッサーもありません。それらを使う料理は恐らく作らないと思いました。

3.ふだんの食生活に合っているか?

たとえば、同じものを食べ続けるのが苦手です。常備菜なら味を変えなければ食べられないので、「作りやすい分量」が多すぎるものは間違いなく余ります。
また、和食系の食事が多いため、エスニック料理などは取り入れにくいです。そんなふうに、わが家の食生活に合っているかも検討してみました。


手書きは疲れる

筆圧が強いのもあるかもしれませんが、とにかく手書きは疲れます。雑誌を切り抜くだけならば、カッターですっと切れるのでついつい「これはいつか使うかも」という情報まで残す可能性もありますが、手書きなら「面倒だからこれはいいや」とすっぱり諦めやすかったです。


本当に必要な情報だけ残しておくと生活に取り入れやすい


「くらしレシピ」を作って1番良かったことは、「本当に必要な情報(取り入れやすさを検討した情報)」だけに厳選すると、残しておいたけれど埋もれてしまう、という状態がなくなることです。

昨日は「くらしレシピ」から情報を組み合わせて、さっそく2つを試してみました。

IMG_20151030_215922


左:手打ち生パスタ(平打ち麺)
右:グレープフルーツのハニーマリネとトマト・レタスのサラダ(いちごドレッシング)


生パスタはハンドメイド雑誌に作り方が載っていたもの。小麦粉100%で出来るので不器用な私でも1時間足らずで完成しました。ソースは、先日のとっておき家事で調べたレモンバターソースで(パスタに対してレモン汁が多すぎて酸っぱかった…)

*関連記事*
パスタのレパートリーを増やす
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/46195898.html



サラダは新しく覚えたいちごドレッシングがとても新鮮です。昨日の記事でご紹介した門倉多仁亜さんの「ドレッシングの基本」で、甘味の例としてジャムが紹介されていました。
冷蔵庫に余っているいちごジャムがあったので、バルサミコ酢とサラダ油でドレッシングを作ったところ、甘酸っぱくて好みのドレッシングに。

サラダ油 大さじ3 : バルサミコ酢 大さじ1 : いちごジャム 大さじ1
 
&塩・こしょう 少々



▼バルサミコ酢を使うアイディアはこちらを参考にしました。
Cpicon ジャムで作るドレッシング by LULU

「くらしレシピ」から、今年試してみたいかぼちゃレシピ


さて、今日はハロウィンですね。

IMG_20151029_222628
昨日、簡単な飾りを作ってみました。


毎年、パンプキンパイを焼いていたのですが、夫が食べないので去年からハロウィン風に盛りつけたハンバーグにしています。

昨日手放した雑誌にかぼちゃレシピがたくさん載っていたので、今年はとっておき家事として、付け合わせにかぼちゃを使ったレシピを一つ試してみることにしました。

作ってみたら画像もアップしたいと思います。


かぼちゃのグラッセ


  1. かぼちゃは厚さ7~8mmのひと口大にカット。
  2. フライパンにバター(5g)を中火で溶かし、かぼちゃを両面焼く。
  3. 火が通ったら砂糖(小さじ1)、塩(少々)をふって、照りよく仕上げる。


お弁当雑誌からのレシピなので、かぼちゃの分量がとても少ないです。なんと20分の1個! 一体どれくらいなのだろう…(^_^;)

試行錯誤しながら作ってみたいと思います。


追記:

私はかぼちゃ料理をまったく作らないのですが、その理由の一つが「皮が固くて切るのが大変」ということでした。
この機会に色々調べて、その「面倒」を克服出来たのでご紹介します^^

・電子レンジを使って簡単に下ごしらえをする方法
http://nanisore-club.com/kabotya-kirikata-853

2分の1や4分の1に切れているかぼちゃの場合。
下ごしらえをしたときには知らなかったのでこちらは試していません。
その後の調理も楽になりそうなので次回試してみたいです。


・大きなかぼちゃを丸ごと切る方法
http://cookpad.com/articles/2373

大きなかぼちゃの場合、上の方法が使えません。
そんな時に試せる方法。


・かぼちゃの皮を簡単にむく方法
皮をどうするかで困っていたのですが、なんと「ピーラー」で簡単にむけるそうです。
さっそくやってみました。

DSC06398

すこし力はいるものの、怪我もせず、簡単にむくことが出来ました!


これでかぼちゃへの「苦手意識」が少しなくなったので、これからはどんどん日々の料理に取り入れていきたいと思います。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

みなさんはどんなハロウィンをお過ごしですか?
今日を楽しむアイディア、ぜひ教えてくださいね^^

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。