鏡が曇っていると、なんとなく心もどんよりします。自分の疲れ度合いを知るためのバロメーターにもなりますし、磨くことが気分転換にもなったりしますよね。

11月11日は「ポッキーの日」で有名ですが、「鏡の日」でもあります。そこで、今日のとっておき家事では「家中の鏡をピカピカにする」をテーマにしてみました。

普段から目につきやすい洗面所やお風呂場の鏡、メイクをするときの鏡だけではなく、コスメについている鏡などふだんは忘れがちなものも探してピカピカにするリセット家事です。


ものを増やさずに鏡を磨いてみる実験


せっかくなので、この機会にすこし実験をしてみました。
みなさんはふだんの鏡みがきには何をお使いになっていますか? わが家では、ふだんの小掃除は「水拭き→から拭き」で済ませています。

今までは自己流で適当にやっていたものなので、そもそも磨くものによって鏡のキレイさが変わってくるのかをチェックしてみました。

※ 今回は毎日拭いていて汚れの少ない洗面所の鏡で比較してみました。頑固な汚れの場合はやっぱり洗剤などなにかしら必要だと思います。


実験道具


今回試してみたのは、
  • ガラス・鏡用洗剤
  • 歯磨き粉
の4種類です。

ほかにも色々なおそうじグッズがあるとは思いますが、ひとまず自宅にあるもので試してみました。


実験結果


鏡みがき


写真だと分かりにくいとは思うのですが、4種類の比較では特にちがいは見られませんでした。


個別の分析


では、それぞれの道具について感じたことをまとめてみます。

1. ガラス・鏡用洗剤

ガラスマジックリン 4901301237910



  • コスト:300円前後(数ヵ月利用可能)
  • 磨き残し:なし
  • そうじ中のにおい:私の使ったものはフローラルな香り。(無香料が好きなので個人的にはマイナス)
  • アクション数:2
  1. 洗剤を直接鏡に吹きかける
  2. 乾いた布で拭き取る


2. 歯磨き粉


システマEXハミガキ メディカルクール タテ型 130g



  • コスト:0円(歯みがき用のものを少量使うだけなのでカウントしない)
  • 磨き残し:なし
  • そうじ中のにおい:清涼感の強いにおい。(無香料が好きなので個人的にはマイナス)
  • アクション数:4
  1. 布に歯磨き粉をつける
  2. 鏡を磨く
  3. 水で濡らした布で拭き取る
  4. 乾いた布で拭きあげる


3. 酢

ミツカン 米酢(華撰)ペットボトル 1.8L



  • コスト:0円(調理に使うものを利用するのでカウントしない)
  • 磨き残し:なし
  • そうじ中のにおい:ツーンとしたにおい。
  • アクション数:5
  1. キッチンから酢を持ってくる
  2. 布に酢をしみこませる
  3. 鏡を磨く
  4. 水で濡らした布で拭き取る
  5. 乾いた布で拭きあげる

4. 水


TOTO キッチン用 台付シングルレバー混合栓 ハンドシャワー形 TKGG32EB


  • コスト:0円(少量の水を出すだけなのでカウントしない)
  • 磨き残し:なし
  • そうじ中のにおい:なし
  • アクション数:3
  1. 布を濡らす
  2. 鏡を磨く
  3. 乾いた布で拭きあげる


まとめ



鏡磨比較


コスト
「ガラス・鏡用洗剤」はお店で購入するためコストがかかります。また、収納スペースも必要です。
「歯磨き粉」「酢」は日常生活で利用するものをちょっと借りるだけなのでコストはなし。「水」もほんの少量使うだけなのでコストはなしです。


磨き残し
どの方法でも磨き残しはありませんでした。


そうじ中のにおい
フローラルな香りが好きな方は「ガラス・鏡用洗剤(たぶん無香料タイプもあり)」。無臭が好きな方は水拭きがいいかも。
そうじ後は気にならなくなりますが、歯磨き粉と酢はそうじ中に強いにおいが出ます。


アクション数の多さ
もっともアクション数が少ないのは「ガラス・鏡用洗剤」です。吹きかけて、拭き取るだけ。
次に少ないのは「水拭き」です。濡らして拭いて、磨き上げるの3ステップ。
残りの方法はアクション数が多いため面倒に感じました。


まとめると、
  • コストをかけても早く終わらせたい → 専用洗剤を利用
  • コストや収納スペースを取りたくない → 水拭き
  • 家にあるものを使い切りたい → 酢、歯磨き粉
という感じでしょうか。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

年に数回、徹底的にそうじをしたいときは洗剤や酢などを利用したほうが良さそうですが、ふだんの「小掃除」は水拭き→から拭きで十分だと分かりました。


先日の記事でご紹介した、中山庸子さんの言葉。

テキパキやるのが前提の家事の中にも、キラリと光る、たっぷり手間と心を込めた家事をいくつか用意しておきたい


*関連記事*
テーマを決めて、3冊の本を読む
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/46870049.html




わたしがたっぷりと時間をかけて丁寧にするのは「みがく」家事が多いです。――鏡を磨く。くつを磨く。カランを磨く。コスメを磨く。
心が無になる「みがく」作業自体も好きですが、なにより、終わったあとのピカピカの状態を見るとすっきりと爽やかな気分になるのです。

IMG_20151111_101803
ついた傷が消えないのは残念だけど…。磨くのは完了しました。


洗面所やメイク用の鏡など、毎日目にふれるものはよく磨いているかもしれませんが、毎年この日は、家中の鏡を出してきていっせいに綺麗にする。そういう習慣をつけてみたいと思っています。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。