夫に「行ってらっしゃい」と「おかえり」を言う。
何も考えずに口にしていることなのですが、かつては「そう言える日がきたらどんなにいいだろう」と憧れていた言葉だったはずです。

11月22日は「いい夫婦の日」。この機会に、「当たり前」になっている幸せなことを思い出してみたいと思います。


当たり前じゃなかった3つのこと


夫と出会ってから来年で10年になります。
友だち期間が長く、お付き合い期間も長く、そして結婚式を挙げたのはちょうど3年前の今ごろでした。

お付き合いは遠距離恋愛でスタートしました。
会いたい時に会えないのが当たり前で、それでもバイト代を貯めて会いに行ったり、来てもらったりしていました。

だから、お付き合いを始めた当初のことを考えてみると、「会いたいときに会えること」「さよならを言わないこと」「おかえりを言えること」。そのどれもがこの上なく幸せなことだと思います。


夜行バスに乗る夫を見送るときの引き裂かれるような気持ちだったり、夫が来るのを待ちながら何品も料理を作る時のわくわくした気持ち。
今はふわっとした感情でしか思い出すことができません。

人間はどんな環境にも慣れてしまうものだとよく言います。

私もそう。夫は「居てくれて当たり前」の存在になっていて、だからこそ、以前のように気をつかうことがなくなりました。
すぐに怒るし、文句を言うし、労らない。

IMG_20151106_180159


「もし自分が逆の立場だったら? 」 とたまに考えます。そして、あまりにも夫への心づかいが足りないなとたまに反省します。


お互いにまあるい気持ちで過ごせたら。


自宅のプチリフォームを控えて、今はどんどんものを減らしており、保留中ボックスに突っ込んでいた思い出の品ともしっかり向き合っているところです。

その中には、はじめて夫と一緒に撮った写真も入っていました。まだ緊張していて、すこし猫かぶっているころです(1週間で剥げました)。なんだかこそばゆい気持ちでその写真をしばらく眺めていました。


これまでの記事でも、当たり前になっているからこそ夫にしてあげたいことを色々思い出してきました。
自分ばかり話すのではなく「聴く」こと。一緒に行ってみたい場所。「ごめんなさい」や「ありがとう」を素直に伝えること。

今日のとっておき家事は、そういう具体的な行動ではなく、もっと前段階のことです。
「これは当たり前じゃなくて、特別なことだったんだよなあ」と思い出すだけ。


でも、それだけでも、夫に向ける気持ちが少しだけまあるくなるような気がします。

IMG_20151106_180009


人は相手を映す鏡だと聞いたことがあります。私がまあるい気持ちで接すれば、夫も同じようにまあるい気持ちになって、つまらない喧嘩が減るかもしれません。
そうでなくても、相手を思いやる気持ちが自分に芽生えれば、それだけでも大きな進歩だと思います。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

みなさんの「当たり前」じゃなかったことはなんですか?
また、どんな経緯でご結婚に至ったのか、良かったらtwitterなどでお話ししましょう^^

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。