季節ごとにテーマを決めるようになり、去年までよりずっと季節を愛おしめるようになりました。
簡単にでもいいから言葉にしておくと「過ごし方」を決めるひとつの指針になります。ノープランで動くのが嫌いな私たち夫婦にはぴったりです。

▼前回のテーマ

*関連記事*
秋のテーマを3つ決める
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/42228001.html



秋のテーマ、達成状況


1.夫とお散歩をする



わりと近場でのお散歩もしてみましたし、「散歩しながら雰囲気を味わうため」にディズニーランドへも行きました。体調面が不安なので乗り物には乗らず、ただパーク内を歩いて、ベビーグッズを購入したり、おいしいものを食べました。


2.本を10冊読む

当初のテーマだった「小説」はほとんど読めませんでした。今の興味、もっと知りたいことなどに特化して読書した感じです。
ただ、テーマとして頭の隅に置いておいたことで、この1年離れていた図書館通いも再開することができました。

▼読んだ本10冊

デッドエンドの思い出
よしもと ばなな
文藝春秋
2003-07-26






うたかた/サンクチュアリ
吉本ばなな
幻冬舎
2013-10-26


おちくぼ姫 (角川文庫)
田辺 聖子
角川書店
1990-05-25













3.秋らしいお菓子を食べる

あまり外出しなかったので残念ながら達成できませんでした。いつも頭の隅っこにはあったのですが…。



冬のテーマ① イルミネーションを見に行く


今年を逃すとしばらく難しくなるかな、というもの。夫がお散歩嫌いなので、これまで「あえてイルミネーションを見に行く」というのはしたことがありません。
でも、二人きりで過ごす最後の冬。したことのない “恋人っぽいこと” も挑戦してみたい。


冬のテーマ② 積極的に映画館へ行く


こちらも、来年以降はむずかしくなるかな、というもの。

夫と出かけるときは、基本的に、映画館・カラオケ・(買いたいものが決まっている)ショッピングの3択です。

「目的のないお出かけ」が大嫌いな夫。ノープランで出かけるよりは家でごろごろしているほうがずっと好きなのです。

以前は水族館や動物園、観光などいろいろ出掛けていましたが、ノープランにならないよう、毎回調べるのに疲れてしまったのでこの3つになっています。

基本的にディズニー映画やジブリ映画など、アニメばかり観ているので、子どもが生まれて観るジャンルを変えるということはありませんが、「映画館に行く」というお気に入りのお出かけスタイルがなくなるのはすこしさみしいです。

まずはこの冬に公開される映画のピックアップからはじめてみます。たまには夫の好きな映画に付き合ってみるのもいいかも。


冬のテーマ③ はじめてのホットドリンクに挑戦する


冬といえば温かい飲み物が恋しくなりますね。最近は、ドリンクメニューを用意しようかな、と思うくらい、いつも自宅にあるもので用意出来る飲み物が増えました。

たとえばほうじ茶ラテ。レンジでも手軽にできますし、ほうじ茶の香ばしさが美味しくて大好き。ふだんの作り方は、ティーバッグのほうじ茶を少量の水に入れてレンジでチン。さらに牛乳を注ぎ、レンジで数十秒温めるだけ。
※ティーバッグはホチキスじゃないものを。わたしはセブンイレブンのほうじ茶を使っています。

牛乳を豆乳に変えれば「ほうじ茶ソイラテ」にもなります。

▼そのほか、こちらの過去記事にも「作ってみよう」と調べたドリンクがいろいろ。

*関連記事*
安眠できる環境を整える・前編
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/23220892.html


ホットカルーアミルクも冬にはよく飲んでいましたが、この冬はもう飲めなくなってしまった…。

最近はカフェインをなるべく摂らないようにするため、ノンカフェインのデカフェ紅茶や、ハーブティーなどを飲むことが多いです。夫にはものすごーく不評でしたが(男性は嫌いな味なのかも?)、お気に入りのひとつが「エルダーフラワー」。

CTH4xoYXAAAaEsT

「ハーブティー」というよりは、マスカットフレーバーのドリンクというイメージです。シンプルに水割りがおいしいですが、ホットにしても。

▼近所のスーパーなどでは見かけないのでAmazonで購入しています。1,500円くらいと高めに感じましたが、少量を薄めて使うので意外ともちます。




この冬にやらないこと



ヤマネコさんを見習って、「やらないこと」についても考えてみました。

ネコハウス
「この秋やらない5つのこと」
http://www.nekoie.com/entry/2015/09/08/194608



それは、「手帳と家計簿を買わない」です。

文房具やノートが大好きなので、この時期は新しく出た手帳や家計簿を書店でじっくり見比べるのが楽しいです。「これはデザインがかわいい!」「こっちは使いやすそうだなあ」「こういう項目はいらないなあ…」そんなふうに迷う時間が大好きです。

とはいえ、いざ使ってみると1週間で飽きます。

今日も片づけをしていると、1、2ページしか使っていない手帳や家計簿が何年分も出てきました。名前だったり、日記めいたものだったりが書いてあるので、捨てるのもひと苦労。


好きなものを諦めるのはきらいなので、普段だったら「どうしたら自分に合う使い方ができるのか?」を考えます。
ですが、最近たどりついた結論は、私には「紙ベースの記録は向かない」ということです。

以前ご紹介した「くらしレシピノート」は別です。また、紙媒体でも、くらしレシピノートの前段階になった「読書ノート」は何冊も続けていました。

*関連記事*
すき&やってみたい が詰まった「くらしレシピノート」を作る
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/46485571.html


昔から日記もうまく書けなかったので、おそらく、「残しておきたい情報(知識・学びになること)」以外をうまく書きとめられないのだと思います。
もっと言うと、それ以外の情報は「興味が無い」「頭から追い出してしまいたい」のかも。


最近、家計簿(的なもの)を再開しましたが、これまでで最長の1ヵ月ほど続いています。

帰宅したらすぐに財布からレシートを出し(または外出先で)メールで自分宛てに金額を送るという方法です。
タイトルに必要な情報を全部入れているので、家計簿専用の受信BOXを見るだけで一覧としてイメージできます。検索なども簡単にできるので、集計も簡単です。

また、日記めいたものも、今はtwitterで事足ります。

▼twilogを使うと、過去のつぶやきも検索しやすいので便利です。
http://twilog.org/Rinca_366

「紙に書く」ということ自体が好きなので、自分の中ではものすごく苦渋の決断なのですが、「手帳や家計簿を買う」習慣を、ひとまず今年はやめてみることにしました。

これから性格や習慣が変わって、紙媒体を使いこなせる日がくるかもしれません。
でも、ひとまずはお休みして様子を見てみようと思います。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました! 10/31発売予定です。


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう



b_ornament_112_0L

この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
b_ornament_112_0L



最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
一番人気の「4分割メモ」はこちら
https://esse-online.jp/4665


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆・取材のご依頼もお受けしています。
NG要件等はパソコン右側の「お願い」事項をご覧くださいませ。

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと