このごろ、お菓子作りの習慣からすっかり離れていたのですが、haraさんのツイートで見たプリンがおいしそうだったので久しぶりに作ってみることにしました。

ちなみにプリン作りはものすごく苦手です。
過去にいろいろなレシピを試したのですが、「す」が入ってしまったり、ぼそぼそした食感になったり、材料が足りなくて適当にアレンジして失敗したり…。自然と「プリンは私には無理!」と遠ざけるようになっていました。

が、今回は試行錯誤を重ねて、失敗しない「ほったらかしプリン」ができたのでご紹介します。

IMG_20151127_101628


*目次*
ほったらかしプリンの作り方
カラメルソースの作り方
プリンの作り方



ほったらかしプリンの作り方


プリン自体の作業時間は5分くらい。あとは20分ほったらかすだけで完成します。(カラメルソースを作る時間・冷やす時間をのぞく)

purin


おすすめは、カラメルソースをあらかじめ作り置きしておくこと。
たとえば、カラメルソースを夜に作って冷やしておき、翌朝プリンを作ってかけておく。

熱いままかけるとちょっと微妙な仕上がりになりそうなのと、カラメルソース作りは少し大変(というか危険)だからです。億劫にならないようにまとめて作っておくと良いと思います。



ばろたは「ジュワっ」という音にびっくりして走り回っていました。


カラメルソースの作り方 (所要時間:5~10分くらい)


では、まずはカラメルソースから。3回失敗してようやくたどりついた作り方をご紹介します。
いろいろなレシピを参考にしつつ改良した感じです。

分量はプリン×2倍の量になっています。1回作っておけば、2回分(合計6個)のプリンに使えます。

2015/12/31追記:
この記事をリライトしたと思われるブログがありました... レシピ自体はかぶることもあるかもしれません。でも、分量を大さじ→ccに直しただけで、作る前の注意点部分の構成まで一緒だったので。
注意点部分は実際に何度もやってみて感じたものをまとめたので、そこの言葉の選び方までかぶることはないと思います。リライトしたものを「わが家の伝統レシピ」として紹介なさるのは、ライターさんだったらやってはいけないことなのではないでしょうか。
交流があった方だからこそ読んでいて少し悲しかったです。


2016/2/24追記:
さらに試行錯誤を重ねて、うちの黄金配分を見つけました!
ただ1回に出来上がる量がかなり多いので、余るようでしたらバニラアイスにかけたり、煮物に使うなどもできると思います。



作る前の注意!

  1. 周りにお子さんやペットがいないか確認しておきます。最後の工程で跳ねるので危険です…。
  2. 必ずミトンを用意しておきます。つけずに作って火傷で苦しんでいます…
  3. 小鍋よりも普通のお鍋をおすすめします。小鍋で作ったところ、跳ねたカラメルソースがあたりに散らばってそうじが大変でした。

材料

  • 砂糖 大さじ4 → 大さじ5
  • 水A 大さじ2 → 大さじ2
  • 水B 大さじ5 → 大さじ3
私はグラニュー糖を使いました。


作り方


1. 水B(大3)をマグカップなどに入れてレンジで加熱。すぐに使えるように手元に用意しておく。

2. 砂糖(大5)、水A(大2)を鍋に入れる。このときかき混ぜないように注意

3. 火をつける【中火~強火】

4. 砂糖が煮立って、まわりがきつね色になってきたら、鍋を回すように揺り動かす【火加減同じ】

5. 好みの色になったら【火をとめて】、マグカップに入れたお湯を静かに注ぐ。

※注意※
マグカップを持つ手には必ずミトンを! 火傷します…。また、飛び散りが不安だったらシンク内などでするといいかもしれません。私は片手鍋でやってみたところ周りへの飛び散りはありませんでした。

6.そのまま鍋を揺り動かして混ぜる

7.冷やして出来上がり


固まらないためのポイントは、お湯を入れること。水でやってみたところべっこう飴のように固まってしまったのです。このレシピでは加える水の分量が多いため、とろりとしたカラメルソースにはなりません。

また、きつね色になってきたら焦げやすくなるので注意が必要です。すぐにミトンをはめて、お湯をそそぐ準備をしておいた方が良いと思います。


万が一火傷してしまったら・・・

かなりの激痛で数時間苦しんだのですが、きちんと冷やしたあとに、ラップを巻いて患部が空気に触れないようにすると痛みをほとんど感じなくなります!



プリンの作り方 (作業時間:5分+放置時間:20分)


▼分量と蒸し方はこちらのレシピを参考にしました。

Cpicon 牛乳と卵だけ。手鍋で濃厚プリン by 豆乳ポテト


カラメルソース無しで作れるやり方が書かれているのでとっても簡単!
一度目に作ったときはこの方法で試しました。仕上がりはこんな感じになります。甘さは控えめな感じ。

IMG_20151126_090805


カラメルソースを絶対に(そしてたっぷり)かけたかったのと、よりなめらかにしたかったので、工程をいくつかアレンジしてみました。
すぐに食べたい! という時は、上のレシピの方が手軽で良いと思います^^

▼わたしのレシピは、砂糖がすくなめになっています。そのため、カラメルソースや黒糖ソースなど、なにかしらかけないと物足りなく感じられるかと。

材料(カップ3つ分)


DSC06811

  • 卵 1個
  • 牛乳 200cc 180cc
  • 砂糖 大さじ1/2~ 大さじ1
道具は、泡立て器、こし器(ざるなどでも)、鍋、蓋を用意します。


作り方


1. 卵を混ぜる

2. 砂糖を入れてさらに混ぜる

3. 牛乳を入れて混ぜる

DSC06813
こんな感じになります。卵→砂糖→牛乳の順番にして、砂糖を入れたあとでしっかりかき混ぜないと、砂糖がボウルに残ってしまうかも。


4. こし器でこしながらカップにプリン液を注ぐ

5. 鍋に1cmほどのお湯を沸騰させ、器を並べる。

DSC06814


6. 蓋をして火にかける。【弱火10分】

DSC06815

DSC06816


7. 火をとめて放置する【10分】

DSC06816


カラメルソースをかけるタイミングですが…

1.粗熱を取ってすぐにかける
味が染みて美味しいです。
でも、透明な器だと見栄えが悪いかも。

2.食べる直前にかける
見た目がきれいです。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

お菓子作りには苦手意識がありましたが、1度目がそこそこうまくいったので、もっと美味しくできるまで何度も試してみました。

3つの材料を混ぜたら、あとは20分ほど放置するだけなので、朝食作りや常備菜作りをしながら一緒に作れそうです。わが家のおやつタイムに頻繁に登場しそう^^

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。