家事が辛い。やりたくない。そう感じる理由は人それぞれだと思います。

私の場合は「うまく出来ない」のが家事を億劫に思ってしまう原因のひとつになっていました。
一方、とにかく家事が苦手だったころでもお気に入りの家事も。それが「アイロンがけ」でした。

皺を伸ばしてきれいになるのもピンと背筋が伸びるような感じがして好きです。また、アイロンがけに必要なグッズはいろいろ試してみて、「これならうまく出来る」という定番ができていたのも理由だったかもしれません。

アイロングローブがあれば、細かい部分もきれいに


家事のエッセイ本で読んだような気がします。テーラーでアイロンがけに利用される、“プロのアイテム”。

正式名称は忘れてしまったのですが、手にはめて、ワイシャツなどのアイロンをかけにくい肩部分などもきれいにぴしっと伸ばせるものがあるのだとか。

そのときは「ふうん」と思っただけでしたが、数日後、DAISOに立ち寄ってみると「これは!」というアイテムを発見。
それが「アイロングローブ」です。

DSC07279


本来の用途は、アイロン台がなくても、ハンガーにかけたままアイロンがけができるというお役立ちアイテムのようです。

DSC07280
この画像は2代目として昨日購入したばかりのものです。


ですが、これを活用すれば、仕立屋さんのようなアイロン技を手軽にできるのでは? と思い試してみることにしました。結果、大成功!

アイロンがけで面倒に感じるのは、アイロンをかけること自体ではなくて、その都度、服の向きを変えてしわを伸ばす「下準備」の段階ではないでしょうか。

特にワイシャツの肩口などはやりづらい部分です。そういう「プチストレス」を解消してくれるのがこのグッズ。


やり方は簡単で、服を持ち上げて、アイロンを当てたい部分に、アイロングローブをはめた手を差し込むだけ。

▼こんなふうに肩口に当てたり、

DSC07326

▼こんなふうに袖口の皺を伸ばしたり。

DSC07327

この状態で右手にアイロンを持ち、当てていきます。(画像はアイロン前の様子です)


ちょっとした工夫ではありますが、これだけでも仕上がりが全然変わるので、その「きれいにできた!」という経験がアイロンがけを好きにさせてくれたのかもしれません。

そういえば、以前は大きらいだった「たたむ」作業。ホテル風のタオルのたたみ方を取り入れてから、タオルだけは大好きになりました。

*関連記事*
ホテル風ふんわりタオルをキープするためにしている3つのこと
http://blog.livedoor.jp/rincaji/archives/31833306.html


100円で手に入るちょっとした爽快感。おすすめのグッズです^^

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

↓ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように♥

*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
はじめましてのご挨拶


*ご連絡はこちらから
お問い合わせフォーム

コラム執筆のご依頼もお受けしています。