3月2日にはじめての著書『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社)を発売しました。いただいた質問に、余力のあるときにお答えしていきます。
わからないことがあったときは、お問い合わせいただく前に、まずこちらのページをご覧くださいませ。




*目次*
Q1.主婦にしか使えないの?
Q2.七色の家事の塗りつぶしについて知りたい
Q3.七色の家事リストと塗りつぶしについて
Q4.手書きがきらいです
Q5.Kindleに付録がついていない
Q6.1日にどれくらい書いていますか?



Q1.主婦にしか使えないの?(Iさまより)

いいえ。家事ノートの本ではありますが、主婦以外にも役立つように考えています。

たとえば、

◎ひとり暮らしの学生さんなら...
時間に融通のきく学生時代に家事を無理なくこなせるようになっておけば、社会人になってから困りません。とくにノートをつけるのにはある程度時間がかかります。

学生時代にそれを大方終わらせておけば、後々、ほんとうにラクになると思うのです。

私は新卒1年目、終電が続いたところ、部屋が荒れ果ててしまい、そこから立て直せず数年かかりました。家事に「ツケ」は禁物です。次の日にする量が多くなれば、自然としんどさも増えます。

学生さんにおすすめのリスト:

・スケジュール → 家事のリズムを作っておくとあとあとラクになるはず。
・ヘルプコールコレクション → ひとり暮らしだからこそ緊急時の備えを万全に。
・アカウントリスト → 就活がはじまる前にすっきりさせておくとムダな時間がなくなります。



◎あまり家事をしないひとり暮らしの男性なら...
家事を外注するのでなければ、少なくとも洗濯と掃除、買いものなどはご自分でなさるのではないでしょうか。

男性には「デジタル」での家事ノート作りもおすすめです。Evernote等を駆使して、電車のなかで編集したり、出先で確認できると便利かと思います。

ひとり暮らしの男性におすすめのリスト:
・お掃除レシピ → 本で紹介しているのはナチュラルクリーニングの配分のお話ですが、どんな道具を使って、いつ、どこを、どう掃除するのか。マニュアル化しておくと考えず動けます。
・わが家の家事(9p)→ ここを見ながら、なにをして、なにをしないのか。その線引きをしておくとラクです。
・家族への伝言板 → もしも家事を外注するのなら、これをアレンジして使ってみるのはどうでしょう。入ってほしくない場所、おうちのルールなどをまとめて、家事代行の業者さんにお渡しするとラクになると思います。



◎ひと通り家事をこなしたい一人暮らしの女性なら...

おもに女性向けの作りになっているので、全般的におすすめしたいです。

でも、外で働いていたときに思ったことですが、仕事と家事の両立って、結構大変なんですよね。とくに女性ならではのメンタルの変化もあります。

そういったところをカバーできればすごくラクになるのではないでしょうか。


ひとり暮らしの女性におすすめのリスト:
・ポジティブ50音 → 会社で嫌なことがあったとき。生理前後。そういうときに家事が滞ることはありませんか? 落ち込んだときにすぐ立ち直れるためのリストです。泣きたくなったらまずはこのページを開いて。
・衣類ログ → 洋服の管理って案外大変ですよね。衣類ログを作って見える化しておくと管理がラクになると思います。
・防犯マップ → 大人になってから、攫われそうになったことがあります...。自宅付近の防犯状況を確認しておきましょう。



◎老後について考えているあなたに...

たとえば「すでに退職した」「夫婦ふたりでの余生を考えている」。そんなあなたにおすすめしたいリストがあります。

それは「身内に引き継ぐリスト」です。

老後について考えるあなたにおすすめのリスト:
・家系図 → 家族に身内の情報を引き継ぐために。
・ヘルプコールコレクション → こちらをアレンジして、自分になにかあったとき、連絡してほしい人をまとめるリストにしてみては。
・家族サポートログ → 家族に伝えたい料理や伝統はありませんか? そういったものをまとめてみましょう。(※家族サポートログはご家庭によって多岐に渡るので、アイディアのみ紹介しており、作り方・実物はありません)


奥さん・ママ向けをメインに作った本なので、そちらは載せませんでした。


Q2.七色の家事の塗りつぶし方法は?


S様よりいただいたメールの一部です:
27ページの七色の家事の6つのマス(コピーのページでは5つ)について、できれば色を塗るとありますが、できた数なのか、また連続に塗られていない部分はなぜなのかどうしても気になり先に読み進めません。。マスの塗られていない部分についてもし教えて頂ければと思いお問い合わせさせていただきました。(略)



こちらは文字数の関係で本に盛り込めなかったのです、すみません(´;ω;`)
マスは七色の家事と対応しています。6つ・5つで差があるのは、撮影時から発売までずいぶん空いていて、その間もどんどん改良していき、5つのほうがいいと思ったからです。

※私のなかでのベストな、使い勝手のよい数字ですので、1個でも3個でも7個でもご自由に変えてみてくださいね!

こちらの塗りつぶしに関しても、もちろんご自由に考えて使っていただいていいのですが、私は2つの塗り方を考えていました。
ちょっと図を作ってみたのでご覧ください。

shitsumon1

本のなかで私がしている塗りつぶしは、アイディア②のほうです。

画像をクリックして、大きくしていただくと見やすいかとおもいます!

Q3.七色の家事リストと塗りつぶしについて


▼O様よりいただいたメールの一部です。
七色の家事部分がよくわからないのですが、別ページにリストを作りと書いてありますが、毎回別ページを参照しながら色を塗るのは見にくくないでしょうか?見慣れるものなのでしようか?パッと見で理解しづらかったです。



すみません、こちらも文字数の関係で収まりませんでした...!

2パターンのやり方を考えていました。

(1)『スケジュール』の中にリストを書き込む

nanairo01


このように表の中にリストを書き込んでしまいます。
ただ、スペースの兼ね合いから手書きだとちょっとむずかしいかもしれません。


(2)七色の家事リストを裏表に書いたページを1枚用意する

①七色の家事リストを裏表に書きます。
※画像は取り急ぎ引っ張ってきた、私の「日々家事リスト」。作成イメージなのでご容赦ください。

ToDo_家事8種より日々家事覚書


このようなリストを両面に書きます。

②『スケジュール(前半)』『七色の家事リスト』『スケジュール(後半)』の順でとじる

すると、こんなふうに...

▼前半(1~15日)

nanairo1


▼後半(16~月末)

nanairo2


見やすくなるはずです。

すべて書き込めずにすみません。参考になれば幸いです!

ほかにも色々なやり方ができると思うので、ぜひ工夫して、オーダーメイドな家事ノートを作ってみてください。

Q4.手書きがきらいです


こちらはご感想等でいろいろな方からいただいたもの。

本書ではおすすめの道具をご紹介していますが、手書きにこだわる必要はありません。

私の『家事ノート』前身となったものは、Evernoteからスタートし、Dropbox、手帳...といろいろやってきました。

どうしていいかわからない方のためにおすすめをご紹介しただけですので、自分が使いやすいツールであればなんでも構いません。

こんなアイテムも使えそう! というものをピックアップしてみました。

★Evernote
★Dropbox
★メール自分送信
…自分宛てにメールでログを送っていきます。ログを修正・更新したら再度メールを送り、古いものを消していけば、いつでも最新のログが表示されます。乗っ取られたら困るので、個人情報は暗号化したり、書かないように気をつけたり。
★システム手帳
★手帳のウィークリー欄(『スケジュール』の一部だけならこれでもよさそう)

ほかにもいろいろな可能性がありそうです。

Q5.Kindleに付録がついていない

こちらはI様、S様、H様より、お問い合わせをいただきました。

▼こちらに新たな仕様と配布先をまとめました。よろしくお願いいたします。
http://365kaji.blog.jp/archives/mahokaji2satsu.html



Q6.どれくらい時間をかけて書いていますか?



▼A様よりいただいたメールの一部です。


家事ノートは膨大なように思えますが、書く時間を捻出するのは難しくありませんか? どれくらい時間をかけて書いているのですか?


「新しいログを作る」のには確かに時間がかかるかもしれません。また、わが家に必要な家事をリストアップするのも作業ボリュームとしては大きいと思います。

私が「家事ノート」の原型になるものをはじめたとき、一番大変だった部分がここです。ただ、ほぼ形になっている今は、ほとんど時間がかかりません。


■パターン1:ログを書かない日

ログは毎日書くわけではありません。
ログがなければ、朝、スケジュールをチェックして、朝家事後に進捗を確認。やり残しがあればそこから取りかかります。夜、再度スケジュールを確認して、忘れているものや、翌日の先取りをします。

つまり、ログを書かない日の「記入時間」は3分以下です。

■パターン2:まったく書かない日

まったく書かない日もあります。それは「予備日」としている土曜日です。私がおもに確認する項目は「七色の家事」「月ごと家事」ですが、土曜日はそれらをお休みしています。

部屋が散らかったり、家族が困ったりしないように、「日ごとの家事」だけはきちんとこなしますが、それ以外はあくまでも「+α」の家事。

日ごとの家事は大体頭に入っていますから、スケジュールをチェックしなくても困りません。

つまり、土曜日の「記入時間」は0分です。

■パターン3:ログを書く日

ログを書く日でも、すでにフォーマットが決まっていればあまり時間はかかりません。

たとえば「来客があった。お菓子をいただいた」。そういうときは「いただきものログ(1分)」、▷ここからは書籍発売後に生まれたログです▷「来客ログ(1分)」「お茶菓子ログ(1分)」と3つのログをメモします。

記入時間は3分ほどです。

たとえば「新しい保存容器を買った」。そういうときは「器のトリセツ」を開き、型番をメモしてさっとイラストを記入します。記入時間は3分ほどです。

このように、一度「ログ」のフォーマットが決まってしまえば、追記していくのはかんたんです。

すぐに追記できないときは、ポケットページのようなものを作っており、そこにメモを放り込んでおくだけです。

このように、ログを追記する日の記入時間は、スケジュール記入+ログ記入で約5~10分程度です。

■パターン4:新しくログを作る日

新たなログを思いついたときは、多少時間が必要です。大体15分~30分くらい。5分で記入する内容やイメージを固めて、5分で下書きをし、5~15分程度で作っていきます。

このように、ログを新しく追記する日の記入時間は、スケジュール記入+ログ記入で約10~20分程度です。

ただし、凝ったイラストを書いたものなどは、イラスト書きでかなり時間を取られることがあります。

-------------------------------------------

*おまけ* みんなの『魔法の家事ノート』











▼snowさんの家事ノート:画像をご提供いただきました!

CIMG0153
CIMG0151




いただいた質問へのご回答はこちらにまとめていきます。

----------------------------------------------------------

*ご注意*

・『魔法の家事ノート』に関するご質問の窓口は、ブログの「お問い合わせフォーム」>「凛花の質問箱」のみです。
お問い合わせフォーム

個別にメールやDMでご相談やご質問をお受けすることはありません。回答はブログ上のこのページで行います。更新した際はtwitterにて告知します。

・ご質問くださった方には、質問受領メール&ご回答掲載のお知らせメールをお送りします。いずれも自動返信メールのような形で機械的にお送りするものであることだけご了承いただければ幸いですm(_ _)m

----------------------------------------------------------






b_ornament_112_0L
この記事が気に入っていただけたら、
“応援の1クリック”をお願いします♡
更新の励みになります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ
にほんブログ村

※ブログへの応援ポイントのようなものです。
1日1回(1端末につき)押していただくとポイントが入り、
ブログサイト内での順位が上がります。
そうすると色々な方に読んでいただくきっかけに。


▼こちらも参加しています

人気ブログランキングへ


▼はじめての著書です。ノートを使って家事のストレスをなくそうというものです。
ノートはどんなものでもいいですし、Evernoteなどのクラウドサービスでも。また、「ノートを書くのは苦手」という方にも役立つ情報を盛り込みました。
image

時間が貯まる 魔法の家事ノート [単行本(ソフトカバー)]

↑ Amazonでもご購入いただけます。 3月2日発売予定。予約が始まっています。

▼わたしのノートが書籍に掲載されました!


▼amazon

家事・料理・家計簿・子育てをテーマに、25人のノートの使い方がまとめられた本です。
わたしのはご覧の通りあまりかわいくないのですが... みなさんのノートが素敵で、めくっているだけでもわくわくします。

書くことで頭をすっきりさせて、身軽に家事をする。そのためにぴったりな書籍です!

▼家事がラクになる! 魔法のノート術記事、いろいろ書いています♡

原本を作っておけば使いまわせる《基本の間取り図》
迷わない「おそうじレシピ」を作ろう
残しておきたい資料は「ゲージパンチ」でまとめよう




b_ornament_112_0L

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日も素敵な1日になりますように。


*とっておき家事とは?
毎日その日の記念日や誕生花、あるいはその時期にやっておきたい家しごとなどを1日1つ行なっていくものです。内容は、いわゆる家事だけでなく、季節イベントの準備やお付き合い、家族と楽しく過ごす工夫・・・など幅広く設定しています。


*初めましての方はこちらへどうぞ(^^)
このブログの目次と、自己紹介です。
毎日をカラフルにするとっておき用語集
「自己紹介で使う30の質問」を通して振り返る2015年

*レオパレス21情報サイト「ひとり暮らしLab」連載記事のご紹介
連載《片づけが好きになるヒント》はこちら。
http://hitorigurashi-lab.com/author/rinca

*ESSE online でも連載中!
https://esse-online.jp/esse_author/三條凛花


*ご依頼・メッセージはこちらから
お問い合わせフォーム

▼お仕事・取材のご依頼の前に必ずご確認くださいませ。

お問い合わせ前にご確認いただきたいこと

▼書籍化をご検討いただける場合こちらをご覧くださいませ。

書籍の企画書 ~こんな本を作ってみたい~

▼Instagramやってます…✨
https://www.instagram.com/rinca_fukafuka/

image




▼トラコミュを作ってみました。
「暮らしを少しずつ整えていく」。そのためにしていることがあればぜひ教えてください。
明日のためにできるシンプルなこと